<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 31日
温泉。part2
 
久しぶりー。


助手席に乗り込んで
つい数日前に会った友達のように声をかけた


「車ありがとー。すごいピンポイントで到着(笑)」

「いえいえー。それにしても暑いね。」

「だねー。でも多分この後、天気悪くなると思うし、あっちのほうは
ちょっと涼しいと思うんだよね。何着るか、めっちゃ迷った・・・。」

「俺もよく分からないからたくさん持ってきた(笑)」



ハンドルに軽く手を掛けて話す彼の横顔を
抱きつきたい衝動を抑えながらゆっくりと見つめた

「ん?」と聞かれて「何でもない」と慌てて言い返す



「午前中は、仕事してきたの?」

「うーん・・・。ちょっと、ね。半日休むために頑張った(笑)」

「私も今日、有給取るのに、今週一週間バタバタだった。
お休み取ってくれてありがとね。」

「こちらこそ。お誘いいただきありがとうございます(笑)」



車内には彼の iPhone から音楽が流れて
空は青くて日差しが強くて風が気持ち良くて

これからの二日間を一緒に過ごせることが決まっているなんて


なんて

なんて幸せなことなんだろう。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-05-31 22:41 | 恋愛スル
2010年 05月 31日
温泉。psrt1
 
いい天気だねー!!近くまで迎えに行きましょうか?


彼の誕生日祝いを口実に
温泉に行くことになっていた

宿は私が手配して
車は彼が持ってきてくれる


普通の旅行だったら
午前中からの予定を立てたりと忙しいのに

宿の予約以外には何もなく
昼過ぎに出発するという手の抜きようだ


朝から髪の毛と爪と肌の手入れを念入りにして
お気に入りのワンピースを着て荷物を準備する

彼に会うのは3週間ぶりで
車を運転してもらうのも初めてで

緊張していいのか嬉しそうにすればいいのか
何も分からなくなって考えたくなくて思わず部屋の掃除をしてしまう


14時を過ぎて携帯が震える


「どもどもー。たぶん、すぐ近くまで来てると思うんだけど。」

「分かったー。すぐ行く!」


寒いのは分かっていたけれど
素足にサンダルを履いて鞄を手にとって家に鍵をかけた

1秒でも早く会いたくて走りながら車を探す

シルバーの車から彼が顔を出して私を呼んで
自然と笑顔がこぼれた。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-05-31 18:26 | 恋愛スル
2010年 05月 28日
あと9時間。
 
自分のことすら分からない

きちんとした言葉で伝えられない


そんな自分が

他人を理解しようなんておこがましいと思う



「大好き」と言って抱きしめながら

なぜこの人を好きになれないのだろうと思う



「大好き」だと泣くのを堪えながら

何も言えない自分は何者なのかと訝しむ



忘れてしまいそうになるくらい

気の遠くなるくらいの時間を他者と過ごして


あなたに会った時の自分が怖くて

それでも会いたくて



考えに考えて考えて

それが何の意味も持たないことを知っている


一目会ってしまったら

それまでのことなんてどうでもよくなるくらい

全てをかなぐり捨ててあなたしか目に入らない



私には

あなた以外に


いったい何が必要なんだろう。

 
[PR]

by nobiko9 | 2010-05-28 04:51 | 恋愛スル
2010年 05月 24日
終了。
 
自分のブログすらまともに書かない今となっては

他人の表現なんてこまめにチェックしなくなった


mixi であればまだ読む機会もあるけれど

それはどちらかというと能動的な摂取だ



リアルに会いたい人が多すぎて

ネットからは技術的な情報収集に終始して



そんな中で本当に唯一といっていいサイトが

5月24日をもって終了した




あぁ あぁ・・・ あぁぁ。。。




ご本人が「ポジティヴな終了」だとおっしゃっているので
他人がとやかく言うことではないし理由なんてどうだっていい


ただ

新しい写真と新しい言葉にしばらくの間会えなくなることが
寂しくて仕方ない


そう

「私」が単に悲しくて切ないだけだ
その事実だけは本当だ




過去を思い返して
思い返しながら過去の写真を見ていたら

なんだか涙が出そうになってきたので止めた



そして私がそれらと出会うきっかけになった言葉を思い出した。



 「自分は何がしたいのか?」
 (あるいは「何がしたかったのか」)と自問してみる。
 一番大事なことは何か?一番大事な物は何か?

 
[PR]

by nobiko9 | 2010-05-24 23:51 | 考エル
2010年 05月 20日
酔っ払い。
 
酔っ払って連絡することだけは

しないと決めている



会いたくて

寂しくて

声をききたくて

笑顔が見たくて

抱きしめたくて



でも

絶対に連絡しないと決めている




だから

不必要に優しさをくれる男と会って

満たされなくて安心する



雨の音を聞きながら

何もできない自分を戒めながら


今日もいつかあなたに会う時のことを考える。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-05-20 04:16 | 恋愛スル
2010年 05月 18日
バランス。
 
好きでない男にばかり


好きなフリができる

可愛げのあるフリができる

駆け引きのようなものができる




そうすることでやっと




好きな男に

正しい自分であることができる



自分ひとりですべてを賄えるほど



そこまで強くない

そこまで頑張れない



そしてそれは

好きでない男も私に対して同様である



という


言い訳。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-05-18 03:43 | 恋愛スル
2010年 05月 14日
好きにならないタイプ。

自分語り好き

カラオケ好き

本読まない

寂しがり屋すぎ

メールがスクロールするほど長文

メールの返信してないのに次のメールが来る

mixi のプロフィールに小学校からの詳細を書く




すべてに当てはまっている人を

好きにはならない




ちなみに


こないだエッチしちゃった人は

こんな感じの人



あー

おもしろ。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-05-14 03:56 | 恋愛スル
2010年 05月 12日
彼の名前はジュリオです。
 
こちらから電話もメールもしない

連絡がなくなったら終わりだと思う

なんかのついでにこちらから誘って断られたらそれでもいいと思う

彼のパートナーにまつわる話をされてもそういうものだと思う



それでも



平日なのに会いに行っちゃって

キスしていたら嬉しくて涙が止まらなくてびっくりして

すべてがどうてもよくなって強く抱きしめた




別れたくないと思っているのに

別れても仕方がないと思っている




二面性が共存していて


続ける理由も終わらせる理由も分からない



そう

もう分からない。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-05-12 15:15 | 恋愛スル
2010年 05月 06日
たまにはマイナス思考で。
 
会いたい

声が聞きたい

必要とされたい

抱きしめて抱きしめられたい


そんな単純なことができない


朝起きて考えて

夜寝る前に考えて


なまじ仕事をしていないと
そんな余計なことばかり考えて


私が存在する意義は

彼が少しでも楽しいと
気持ちがいいと思ってくることにあるのに

現状に満足できない自分に腹が立つ


この気持ちに少しでも変化があるかもしれないと

年上のいい男とエッチしてみたものの


セックスってこんなにも感情が揺れ動かない
まったく気持ちの良くないものだと再認識しただけで


もはや

自己嫌悪も罪悪感も後ろめたさもなく

世の中はやっぱりそういうものだと納得した



誰かに求められることが
例えばそれが1だとしたら

彼が私の中で100であることを思い出すだけだ



0よりは1のほうがいいかもしれない

1しか知らなかったらそれは100かもしれない



でも既に私は100を知っていて

もうそれを知らない状態には戻ることができない。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-05-06 01:11 | 恋愛スル