<   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2008年 09月 30日
恋に落ちる。Part4
 
何時間も二人っきりで一緒にいて

居酒屋とかダーツバーとかファミレスとか車の中とか
ひたすら話ばかりしてそれが普通に楽しくて

その勢いで水族館に行くことになった

「どこか行きたいとこある?」と聞かれて
「天気悪そうだし、ベタな感じがするから水族館(笑)」

と言ったらびっくりするほど簡単におっけーだった


直前まで何を着ていくか迷いに迷った

可愛い格好はしていきたいけど、いつも着ないだけに
「こいつ何気合入ってるんだ」と思われるのは嫌だし

でもせっかくのデートなんだからとウジウジしていたら
いつの間にか待ち合わせの時間になっていて慌てて出かけた

大分涼しくなってきたので、結局ワンピースにブーツ
そして少し前に彼からもらったお土産のスカーフを巻いていった


  「お待たせ~。」

  「おう。おはよ。」


挨拶をして車に乗り込む

レンタルショップでCDを借りて
少し混んでいる都内をノロノロと進む


  「渋滞ほんとキライ。」

  「まぁ、全然動かないわけでもないからいいじゃん。
   てか、こないだお土産にもらったスカーフ、してみた~。
   これシルクだよね?スルスルしてすごい気持ちいいよ。」

  「ちゃんと気付いてるから。いつ言おうか考えてた。
   すげー似合ってる。」


水族館は思いのほか家族連れで賑わっていて
子供に水槽の前を譲ってばかりいたら

「そんなんじゃ見えないでしょ。」と彼に笑われた


ペンギンが滑り落ちれば二人で「かわい~」を連発して
マグロが回遊するのをぼんやり眺めていた

いつもなら海の中で見ている生き物たちも
ガラス越しだとゆっくり顔を合わせられることが新鮮だった


歩きながら手が触れたり手を繋いだり
一人で歩いたり二人で歩いたり

そうやって水族館を出る頃には
どちらからともなく手を繋いでいて

恥ずかしくてまともに顔を見ることなんてできなかった


「なんで手を繋いでるの?」と聞いてしまったら
全てがはっきりして終わってしまいそうで

そんなことは何でもないことのように公園を歩く


出掛けに降っていた雨も上がって少し晴れ間も見えて
それすらも今日のこの日のためだと思えるほど浮かれていた


  「どうしよっか。」

  「観覧車でも乗ってく?」


私たちは空に浮かぶ観覧車に向かって歩き出した。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-09-30 10:02 | 恋愛スル
2008年 09月 29日
恋に落ちる。Part3
 
いくら同じダーツバーの常連だからといって
もう何日連続で会っているのか分からない

早く帰るためにいつもより早くお店を出たのに
一緒になった帰り道でなんとなく話し始めてしまった


  「今日も会っちゃったね。もう、何日連続?」

  「うわー。すごい。しかもこないだは丸々1日一緒だったし。」

  「ほんとのびちゃんおかしい。こんなこと俺、ないもん。」

  「まぁ、きっと人慣れしてきたんだって。」


彼はいつも笑っている
つられて私も笑ってしまう

いや
これはきっとにやけてるって言うんだ


  「こないだのあれは、酔っ払ってたの?」

  「うーん。あんまり飲んでなかったけど
   寝てないし疲れてたし、結構酔っ払ってたかも。」

  「あの時ののびちゃん、なんか、すげー可愛かった。」

  「はぁ?止めてよ。そういうこと言うの。」

  「なんで?いいじゃん。実際可愛かったし。」

  「うわー。まじ恥ずかしい。忘れて。
   てか、あなたの前でもう飲まない。」

  「なんでー。いいじゃん。もっと酔わせてみたいって思ったわ。」

  「馬鹿じゃないの。いや、ごめんなさい。
   ねぇ、もう止めようよ、この話題・・・。」

  「なに?なんで照れてんの?かーわいい。」


お前、そんなこと言うキャラだったっけ?

他の女のお客さんに「この服どう思う?」とか聞かれても
「可愛い」なんて褒めてるところ見たことない

しかも「もっと酔わせてみたい」とか
他の人が聞いたら誤解しそうなこと言うな


こういうこと言われて悪い気はしないけど
面白がられてるとしか思えない私がいる

女友達が少なくてゆっくり話せる相手がいなくて
きっと私は貴重な異性の友達なんだろうと思う


その昔、米が言っていた言葉を思い出した

「勝手に俺のこと好きになるのは構わないけど
 俺の貴重な女友達を奪うのは止めてほしい」


要は、自分は友達だと思っている女がいる

その彼女が自分を好きになって、告白してきた場合
それを断ったら友達関係がギクシャクし

結果として女友達を一人失うのがムカツクと
そういうことらしかった


当時の私にはこの話が衝撃的で、同時に深く納得してしまった

「そうか。好きになっても上手くいかなかった時のことを考えて
 友達関係を維持できないようなアプローチは止めよう」

と心に強く誓ったんだっけ


だからこそ
彼に対してせっかくできた女友達を奪うようなことはしたくないし

でもやっぱりもうしばらく
楽しい時間を過ごさせてほしいと思うんだ。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-09-29 09:52 | 恋愛スル
2008年 09月 27日
恋に落ちる。Part2
 
そうして遊んでから数日後
なぜか二人で居酒屋にいた


そうだ

いつものお店でダーツをしていて

一見さんなんかで混んできてあまり投げられなくて
お腹がすいたからご飯を食べに行こうという話になったんだ


そして気付けば
そのお店に入ってから2時間が経っていた


  「ねぇ、知ってる?ここに入ってから
   もう2時間経ってるんですけど(笑)」

  「はぁ?!まじで?何かおかしくね?
   時間経つの、異様に早いんですけど。」

  「何してたっけ?話してただけだよね?
   てか、あなたが妙な術を使っているとしか思えない。」

  「なんだよ、術って(笑)いや、でも・・・、マジで?」

  「ほら。もう23時過ぎてるもん。」

  「俺、誰かと二人っきりでこういうふうに話すことあんまりないけど
   のびちゃんと一緒にいるとほんとに時間経つの早い。」

  「分かった。実はさ、二人で時間を過ごすスキルがついてきて
   案外他の人と二人で行っても時間経つの早いかもよ?
   今度、誰かと行って確かめてきてよ?」

  「いや、そこはさ。うちら二人でいるのが楽しいからでよくね?(笑)」

  「そっか。んじゃ、そういうことにしておこう(笑)」


一緒にいると、つい緩んでしまう

のびこの時のように余計なことを考えていないし
気を張っていない分、よく突っ込まれている気がする

じゃれ合っている時に手を握られるとドキッとするし
それでいてもっと触れたいと思っている自分がいる


私を真っ直ぐに見つめるあの目が好きだ
可愛くて、でも変にがんばり過ぎてないとこが好きだ


いくら会っても会い足りない
いくら話しても話し足りない

なぜこんなにも時間が早く過ぎるのか恨めしく思う


ちょっと待て

なんかそれってヤバイんじゃないのか?


こういう感情って
恋愛対象として好きになりかけてるって感じがする


いや、そうか


会いたい、話したい、もっと一緒にいたいって
そんなの友達に対してこんなに強く思わない

今までだった何度も会って話して遊んでいたのに
何がきっかけでこう思ったのか

しかもこんな短時間で何が変わったのか
不思議なことはたくさんあるけれど

仕方がない
久しぶりにこういう気持ちになった


そう、少なくとも

オカピと一緒の時間をもっと過ごしたいなんて
そう思ったことは一度もなかった。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-09-27 15:50 | 恋愛スル
2008年 09月 26日
恋に落ちる。Part1
 
なぜこういういきさつになったのかよく分からない

二人っきりで会う用事もなかったし
二人っきりで行きたい場所もなかった

どちらかにそうしたいという強い思いがあったとも思えない


「タイミング」と「勢い」
これ以上にこの状況を説明できる言葉が思いつかない


  「遊び行くかぁ。」

  「いいね~。いこー。」


そう言ったままで

面倒臭がりで団体行動の苦手な二人が
誰も誘わなかったからとしか言いようがない

というより

私が誘おうと思っていた子は彼が苦手だったし
彼が誘おうとしていたのは彼女ができたばかりの新彼だった


  「ま、よくね?」

  「ま、いっか。」


そうして始まった二人っきりのドライブの時間も
「大丈夫かな?」と心配したのはほんの一瞬で

気付けば他の友達には話していないような話ばかり
持ってきたCDをほとんど聞いていないくらい話し込んでいた


彼は決してモテないタイプではないが
女に興味がなさそうでいつも男友達とワイワイしてるイメージだ

とはいえ4年以上彼女がいないというのはかなり意外だった
そんな彼がこう言った


  好きだっていう感情ががよく分かんないんだよね。
  長いこと恋愛してないし、人に興味持てないのかもしれない。


女に対して軽いようには見えないが
普通に彼女を作る人だと思っていた

こういう人には女だって告白する前に脈がないと諦めるんだろう


一瞬考えて、私は当たり障りのないことを答えた


  その人と一緒にいて楽しいとか
  その人ともっと一緒にいたいと思うとか
  その人のために何かプラスになることをしたいと思うとか
  でもその人を独占したくてヤキモチを焼いたりとか

  何でもいいけど他の人に対する感情とは
  違うのが沸いて出てくるんだよ

  でもそれを制御できなくなったりして
  すごい頑張れたり逆にへこんだりしちゃうんだよ


そうやって初めて1対1で話してみると
お互い「そんなキャラだったのか?」と驚くようなことばかりで

あっという間に過ぎたその日は一日楽しくて
二人とも笑ってはしゃいでクタクタになった

そして、二人でただ不思議がった


  「何でこんなに時間が過ぎるのが早いんだろう・・・。」


どちらか一方が話しているわけではなく

私は話したいことがたくさんあって
それ以上に、彼の話をもっと聞いていたいと思っていた。
  
[PR]

by nobiko9 | 2008-09-26 12:58 | 恋愛スル
2008年 09月 19日
オカピと別れる。
 
さすがに少しの躊躇はあったが
それでも驚くほどあっさりと送信ボタンを押せた


「ごめんね」は「好きな人ができた」に係るのではなく

「ごめんね、仕事中に」とか「ごめんね、メールで」とか
「ごめんね、突然」とかそういう気分だけど別にどうでもいいことだ


数十分後、仕事中にも関わらずメールを受信した



  ・・・混乱してます。何と言っていいのか。

  本当なのかとか、のびの主義と違うんじゃないかとか・・・。
  会って話したいとか、会うべきではないかとか・・・。

  我ながら感情の奔流に・・・。

  これだけは伝えたい。
  困らせるつもりはない。

  のびが幸せなら俺は



  私もびっくりしてる

  でも本当です

  私の主義がどういうのかは良く分からないけど



  別れたとしても会う主義って言ってたから。
  そうか・・・本当なんだね。

  今の気持ちを表す言葉はないが。
  好きだから幸せになってほしい。

  いつも振られるって言ってたけど、今回は振ったね(笑)
  メールで終わるのは初です(爆)

  結構、辛いものだね。



このメールにはもう返信しない

別れても会うのは私が好きだけど振られた場合に限るとか
こういう時に「(笑)とか(爆)」を使うのはいかがなものかとか

言えることはあるけど言いたいことは何もないから返信しない


我ながら好きでない男に対しては
どんな対応でも取れるものだと思う

酷いとは思うが自分が振られるならこうしてほしい
そうか、やっぱり自己中で我儘だな


メールも電話もしない
会うことなんて二度とない


さよなら。



 
[PR]

by nobiko9 | 2008-09-19 19:10 | 恋愛スル
2008年 09月 19日
オカピに別れのメールをしてみる。
 
オカピと会う約束をしていたが「体調が悪い」と嘘をついてドタキャンした

私たちは週末に会うことはもちろんメールをすることもしない

理由は簡単だ


彼は家庭を持っている人だから


そのオカピからメールがきた


  連絡ないけど元気か?体調は大丈夫?


仕事中しばらく考えて
トイレに行くついでにメールをした




  突然ですが

  好きな人ができた


  もう会えないや。ごめんね。

  
[PR]

by nobiko9 | 2008-09-19 15:14 | 恋愛スル
2008年 09月 18日
真面目に考えてみた。
 
米は私と別れて別の女と付き合った

こあらは私と別れて別の女と結婚した

アイスは私と別れてすぐに彼女ができた

新彼にも新しい彼女ができて幸せそうだ


私には何か
そういうパワーでもあるんだろうかと思うほどだ


彼らの不幸を願うわけではない
むしろ幸せになってほしいと思う

一度でも、少しでも好きになった人だから

私にはあなた達のことを幸せにする力はなかったけれど
「良かった」と思うことくらいは許してほしい


と同時に思う


もっとイイオンナになりたいなぁ


だから
なんかいろいろ考えてたら

オカピと別れようと思った。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-09-18 00:54 | 恋愛スル
2008年 09月 15日
ほんわりとさせられる。
 
照れたような、少し困ったような
そんな笑顔が記憶に残っている


「恋愛感情の好きとかよく分からないけど
 俺、人間的に好きな人以外と、一緒に遊ばないし。」

「一人の人と、こんなに長い時間一緒にいたこと
 今までないよ。うん、これが初めてかもしんない。」

「買い物なんてあんまりしないけど
 なんだろね。今日、スゲー楽しいや。」


その日だけが思い出したように晴れて嬉しく思った

何を話したのか思い出せないような下らない話が本当に楽しかった

道に迷っても、疲れ切っても、眠くて死にそうになっても、笑っていた

明け方の空は曇っていて、朝日が見れないことを残念がった


キスをすることはもちろん
手を繋ぐことや触れ合うことすらせずに

気付けば1日のほとんどをその人と二人で過ごしていた


その彼が私に対して
恋愛感情抜きでこう言ってくれることにホッとした

こういうの、やっぱりいいなぁ
こいつのこと、やっぱり好きだなぁ
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-09-15 12:07 | 恋愛スル
2008年 09月 12日
ドアを開ける。
 
ドアの話になった


のびこは落ち着いていると言われて
気がつけばなぜかドアの話になっていた


こんなにチャラチャラしてて
男関係も適当で、仕事なんかもっと適当で

それなのに
どうして落ち着いて見られるんだろう、と言ったら


のびこは「のびこ」で確立されてるんだよ
目の前にドアがあったら絶対に開けるでしょ?
そういう感じなんだよ

と言われた


確かに開ける
絶対に開ける

迷うかもしれないけど
開けると決めたら思い切って開ける


ドアは開けられるために存在するんだから
開けるのは当たり前じゃないか、と思うが

きっと一方では

ドアは何かを閉じ込めているんだから
そこに触れるべきではない

と考える人もいるんだろう


でもしょうがないじゃない
気になるんだから

街中で行列を見かけたら聞いちゃうよ
「何に並んでるんですか?」って

地図を広げて悩んでる外国人旅行者には聞いちゃうよ
「どうしたの?どこに行きたいの?」って

それが普通だと思ってた
んで、それが普通の世の中って案外面白いもんだと思った。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-09-12 15:11 | 考エル
2008年 09月 11日
どうでもいいんだが。
 
帰りの電車の中で
目の前に座っていたサラリーマンが

50歳手前くらいのサラリーマンが・・・

座りながら鞄で隠しながら



してました・・・

こっちをガン見しながらしてました・・・



ガンバレニホンノオトウサン


ふぅ
寝よう。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-09-11 00:49 | 考エル