<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2008年 08月 25日
彼に会う。Part6
 
身体の芯が熱くなる
ほんとにそろそろまずい

酔いが回る前に早く帰りたい
この短時間にカクテル2杯とテキーラはまずい


お会計をして、他のお客さんとスタッフにさよならをして
やっとのことで店のドアを開ける

横断歩道までの間、フラフラと足元がおぼつかない


  「大丈夫?」

  「んー。だいじょうぶ。・・・あいつのせいだ。
   あいつと駅で会ったからこんなことになったんだ。」

  「いや。あのスタッフのせいじゃね?」

  「違うよ。元彼と会ってなかったらそもそも今日お店に来てなかったから。
   だからやっぱりあいつのせいなの。」


危うく赤信号をそのまま渡りそうになる
タクシーが私の目の前をかなりのスピードで通り過ぎる


  「ほんとに大丈夫?」

  「だいじょうぶ・・・。」

  「大丈夫じゃなさそうだけど(笑)家まで送るよ?」

  「んー、・・・それじゃ、お願いしても、いい?」

  「うん。家、反対側だよね?」

  「はい。ありがとうございます・・・。」

  「なんでいきなり敬語(笑)気にすんなって。」


靴を脱ぎたい

ヒールがグラグラと揺れているような錯覚を覚える
バランスが取れず、足を前に出すだけで精一杯だ


  「ほんとにごめんね。ありがとね。」

  「全然いいよ。それより今度からダメそうだったらちゃんと言って?
   俺、替わりに飲むからさ。テキーラはマジ危険だよ?(笑)」


そう言って彼はふらつく私の手を握った
いや、もしかしたら私から手を差し出したのかもしれない

そんなことは大したことじゃない
どちらにしても

二人とも手を繋いで帰りたいと思っていたんだろう


何の感情もない人と
何の関わり合いもない人と

誰でもいいけど安全で面倒くさくない人と

こうして触れ合うことで心の中が落ち着いてくる


  「ねぇ。」

  「ん?」


そう言って肩越しに見上げた私の目に映ったのは
今まで何度となく見てきたのに

今日初めて会ったかと思うほど
見知らぬ男の顔だった。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-08-25 00:27 | 恋愛スル
2008年 08月 24日
彼に会う。Part5
  
時間は
何時を回っていたんだろう

そろそろ帰らないと明日が辛くなるのは目に見えていた


  「お会計、お願い。」

  「帰るの?」

  「うん。ちょっと酔っ払ってきちゃったし。」

  「俺もそろそろ帰ろうかな。」

  「そうだよー。明日、仕事でしょ?」

  「だね(笑)俺もお会計して?」

  「え~二人とも帰っちゃうんですか?」

  「俺、結構飲んだでしょ?」

  「分かりました。お疲れテキーラしましょう。」

  「意味が分からない(笑)」

  「ほら、普通のお店だとお通しってあるでしょ。その反対。
   お疲れテキーラです。お見送りです。僕の気持ちです。」


そう笑顔で言い放つとキッチンからテキーラの瓶を取り出してくる
売上が心配になるくらい、ここのスタッフはたまにこういうことをする

それでもショットグラスが二つ並んでいるのを見て
私は自分がカウントされていないことに少なからず安心する

さすがにここでテキーラ飲んだらかなりヤバイ

あいつ、ほんとにアホだ
あんなに並々注いでいる


  コツ、コツ


目の前にグラスが二つ置かれた


  「へ?誰と誰の乾杯だって??」

  「だから"お二人の"ですけど。」

  「馬鹿じゃないの?私が飲めるわけないでしょ?!」

  「・・・・・・・・・。」


駄目だ
このパターンは、駄目だ

しばらく考えて私は言った


  「もういいよ、飲もう。」

  「飲もうって、俺は大丈夫だけど。大丈夫?」

  「だって飲まないと帰れないじゃーん。さくっと飲んでさくっと帰ろう。
   で、明日頑張って仕事行こう(笑)」


彼と肩を寄せ合いながらヒソヒソと小声で話す

あのスタッフがこういうことをしたら
本当に飲むまで帰れないのは今までの経験上明らかだ

飲む、飲まないのやり取りをして結局飲むなら
最初から飲んで早く帰ったほうがいい


  「乾杯!!」


そう言って私たちは二人でテキーラを一気にあおった
  
[PR]

by nobiko9 | 2008-08-24 03:00 | 恋愛スル
2008年 08月 23日
彼に会う。Part4
 
黙々とダーツをするか
仲の良い常連と馬鹿な話をするか

しかしそれはどちらも叶わなかった


店は珍しく混んでいてダーツなんてできる状況じゃなかったし
そのせいで唯一空いていたのはカウンター隅の知らない人の隣だった


  「のびちゃん!うおーい、いらっしゃーい。何にする?」

  「うーん。ジンバック、辛口ジンジャーで。」

  「珍しい。お酒だ?」

  「たまにはねー。」


飲めない私にとって
こういう時のためにお酒があるのだと思う

大丈夫
カクテル1杯じゃ酔っ払いにはならない


何となく携帯を覗いたり
ぼんやりと店内を見渡したり
空いている隙を狙って軽くダーツを投げたり

そうこうしている間にお客さんが大分引いていき
スタッフに促されて席を移動した

左隣にはいつも顔を見る常連さんが座っていて

その彼は私がこのお店に通い始めた頃から知っている人で
たまにはダーツでダブルスをやったりするけど

こうやって1対1で話すのは初めてかもしれないと
京都出張の愚痴などを言いながら思っていた

調子に乗った私はついさっきの駅での出来事を口にした


  「実はさ、さっき。駅で昔付き合ってた人にバッタリ会ったんだ。」

  「まじで?!」

  「うん。数年ぶりだった~。びっくりした~(笑)」

  「そんなことあるんだね~。」

  「学生時代に4年半付き合ってて、その後グダグダしてて
   結局8年くらいの付き合いだったのかな。」

  「中学、から?」

  「ううん。中学卒業してからすぐ。なんかちょっと太ってた、かな(笑)」


彼はすでに結構飲んでいたらしく
普通に見えるようでも実は酔っ払っていたのかもしれない

普段なら絶対に話さないような前の彼女の話や
その彼女と別れた後のゴタゴタを話してくれた

さっきまで感じていた正体不明の感情がどんどん薄れていく

今私の隣にいるのが、何の事情も知らず、私にも興味がなく
それでも笑って話をしてくれるこの人で本当に良かったと思う


  「なんか飲もっかなー。何にしよっかなー。」

  「いいよ、おごるよ?1杯くらい。」

  「ほんと?それじゃ・・・
   マリブコークいただいてもよろしいでしょうか?(笑)」

  「はい、どうぞ(笑)」


大丈夫
カクテル2杯じゃそこまで酔っ払いにはならない
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-08-23 05:24 | 恋愛スル
2008年 08月 21日
彼に会う。Part3
 
今までのことはすべてなかったような顔をして
いかにも久しぶりに会った友達ですみたいな顔をして

そうすることが「大人になった」ってことなんだろうか

別にそれが良いとか悪いとかじゃなく
「こうしたほうがいい」と考える間もなくこうして笑っている私がいる


思い出せない

私は昔からこういう人間だったのだろうか
それとも歳や時間や経験がこうさせるのだろうか

それでも彼を無視をしたり嫌な顔をするという選択肢は思い浮かばなかったし
声を掛けたからといってそうされる心配を全くしなかったのは確かだ


帰る方向は一緒だけれどどちらも動こうとはしなかった

久しぶりに頭をフル回転させて
こういう場合どうやって帰りを切り出せばいいのだろうかと考えた


  「これからどっか行くの?」

  「あぁ。ちょっと先輩の店に呼ばれてて。」

  「そうなんだ。私もちょっと寄る所あるし。」

  「そっか。」

  「うん。じゃぁ・・・また、ね。」

  「ん・・・またね。」


次なんてない

連絡先を知らない私からは何もないし
ましてや豆から連絡がくることは絶対にないだろう

ないけど「じゃぁ」だけじゃ少し足りない
「バイバイ」と言い切れる私たちじゃない

二人とも分かってて「またね」って言える



  嬉しい

  悲しい

  寂しい

  楽しい

  切ない

  懐かしい



豆と反対方向に歩く自分のヒールの音を聞きながら
感情を表すような言葉を一つ一つ思い浮かべては打ち消す

どれも違うような気がした


もしかして日本語以外の言語にはあるんだろうか
この気持ちのど真ん中を指し示してくれるような言葉が

心拍数が上がって心臓がドキドキしていることだけは分かる

真っ直ぐ家に帰ろうと思っていたことなんて忘れて
私の足はいつものダーツバーに向かっていた
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-08-21 22:56 | 恋愛スル
2008年 08月 20日
彼に会う。Part2
 
別れた男と友達になるかという議論は永遠にあると思うが
私は今まで彼らと友達になっていたような気になっていた

ただそんな記憶は別れてすぐのものにすぎなくて
改めて思い返してみると豆も米もこあらもアイスも雅さんも

誰一人として友達のように連絡を取っている人間はいなかった
というより連絡先を知っているのは米くらいのものだった


豆とどうやって別れたのか思い出せない

最後に何て言葉を交わしたのかすら記憶にない


あれだけ濃密な時間を過ごした人と
あれだけ好きになった人との思い出がそうなってしまうなんて

だから私は自分のことが信じられないと思うんだ


  「・・・っ、久しぶり」


そんな私の思考なんて知る由もなく
豆は心底驚いたような顔でそう言った


  「ひさしぶり。ほんと・・・、久しぶりだね。びっくりした。」

  「誰かと思った。のびは・・・仕事の帰り?」

  「うん。でも今日は友達とご飯食べてたから。」

  「そっか。」

  「てか、どうしたの?ここで会うとは思わなかった。」

  「5月にさ、引っ越してきたんだよね。あの通りの酒屋のあたり。」

  「ほんと?すごい近いじゃん。」



  それから どこへ行くにも
  着かざってたのに

  どうしてなの 今日にかぎって
  安いサンダルを はいてた



ふいに友達が昔カラオケで歌っていた
松任谷由実のDESTINYという曲が頭の中に流れた

そういう意味で今日の私は完璧だった

短めのワンピースに黒のミュール
ピアスをして化粧をしてグロスまで塗っていた

最近一番のお気に入りのスタイルだ


豆とやり直したい気持ちなど微塵もない

それでも昔別れた男から
「しょぼい女になった」と思われるのは癪だった

それが単なる見栄だというは十分に分かっている


そんな自分の姿に安心して気持ちが落ち着いた私は
改めて豆をゆっくり見る余裕ができた

彼は、やっぱり少し太ったみたいだ


  「豆は仕事?スーツはもう着てないんだ?」

  「あぁ。仕事は前と変わってないけど、もうスーツじゃなくなったんだよね。」

  「そっかぁ。少しお腹出てきたんじゃない?(笑)」

  「そう?・・・やっぱり?(笑)」


笑いながら駅前で立ち話をして
なんだかものすごく不思議な気分になった
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-08-20 20:17 | 恋愛スル
2008年 08月 20日
彼に会う。Part1
 
その日は昔からの女友達と食事をした帰りだった

久しぶりだけどいつも通りで
スタッフの態度は好きになれなかったけどご飯は美味しくて
一日ヒールを履いていたから少し疲れた帰り道だった

電車から降りた人の波に流されて改札に向かう途中
見たことのある後姿が視界に入った

声をかけようかと思った

でも
万が一違っているかもしれないくらい

あれほど毎日のように会っていたのに
そのくらい彼は変わっていたように見えた


小走りで先に進み
少し迷ってから斜め後ろを振り返った


数年ぶりに見た

やっぱり豆だった
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-08-20 09:08 | 恋愛スル
2008年 08月 13日
そういえば夕飯食ってないや。
 
事実は一つしかない
これは確かだ


雨が降ったとか
今日は6時間寝たとか
渋谷のカフェでお茶をしたとか

実際に起きたことは本当のことだと言っていい


でも
それ以外で

「絶対」だと言い切れることなんてあるんだろうか


絶対に良いとか絶対に悪いとか
絶対に正しいとか絶対に間違ってるとか

一般的に正しいと言われていることが正なのではなく

そうしないと日常生活が成り立たないから
便宜的におそらく最大公約数的に定義しているだけなんじゃないのか


善悪の判断や物事の受け取り方の基準が人それぞれ違う

違う前提があった上で歩み寄るための努力をしないといけない


そんな当たり前に当り前のことを
よく忘れてしまう私が忘れないための備忘録。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-08-13 02:02 | 考エル
2008年 08月 12日
鎌倉に紫陽花を見に行く。2008年
 
去年は梅と見に行った
今年は新彼と見に行った

あいにくの天気だったが
長谷寺に着く頃には雨も止んで

やっぱりうちらは日ごろの行いがいいんだね
なんて呑気に話しながら開門の8時には列に並んだ

こんなに幸せでいいんだろうかと思った

b0048043_0365956.jpg


  

写真をもうちょっと見てみる。
[PR]

by nobiko9 | 2008-08-12 00:39 | 外ヲシル
2008年 08月 11日
別れて考えた。
 
自分がこういう立場になってみて初めて
過去の男たちの言動に理解を示すことができる

自分はなんて想像力がなかったのだろうと思う


誰かを懸命に思うこと
たかだかそれくらいで

何の免罪符を手に入れたつもりだったんだろう
何を許してもらおうと思っていたんだろう


報われないことがある
受け入れられないものがある

理由がいつもあるわけじゃない


梅に振られてもうすぐ8か月

こんなことをしながら
未だにこの思いを断ち切れない自分がいて

それでもまだ好きでいさせてくれる梅がいい


あの頃の自分と付き合いたいとは思えない

でも今なら
少しはマシになってきたと思いたい。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-08-11 22:24 | 恋愛スル
2008年 08月 11日
別れた。
 
新彼と別れた

今さっきまで電話してて
終りにしようって言った

「のびにとって俺って何なの?」って言われたから
「友達じゃないけど彼氏だとは言い切れない」って言った


2ヶ月半の付き合いだった


彼は「絶対に終りになんてしないから」って言ってたけど
最初から終りだったようなものだから今終りにした


告白されて付き合った初めての人だった
普通の人はこんな幸せを味わっているのかと思った


オカピにも会いたくない


どっか行きたい
現実逃避したい


でも仕事があるからとりあえず
出張で京都に行ってくる

お勧めのカフェ、募集中。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-08-11 01:08 | 恋愛スル