<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2008年 06月 26日
京都3日目 大原に行ってみたり
    
朝二くらいでバスに乗って大原まで

「京都~、大原、三千院」の歌を
「きょうと~、おおはら、さんぜんり」だと思っていた私

京都の大原にある三千院ですか、そうですか


三千院は広くてゆったりしているし
車椅子でも普通に周れるくらいホスピタリティのある場所だった

700円でこれはかなりお得な気分
ぜひ、行くことをお勧めしておきたい

放火で燃やされた寂光院には思わずお賽銭をはずんでしまう気分
資料館みたいなとこが意外に面白かった


いいな、大原
バスで1時間強はちょい遠いけど
    

写真を見てみる。
[PR]

by nobiko9 | 2008-06-26 14:44 | 外ヲシル
2008年 06月 26日
taro cafe inn タロ・カフェ・イン / 京都
 
taro cafe inn タロ・カフェ・イン 京都

  住所:京都府京都市下京区七条通烏丸通東入真苧屋町220-2-3
  電話:075-561-4032

京都駅から徒歩3分の町屋ゲストハウス

b0048043_1452091.jpg
京都駅から東洞院通を北上
七条に出る手前の左手

大きな看板などは出ていないので
草木を目印にたどり着く

時折部屋があるのに「満室」の
札が出ていたりするので
一応聞いてみよう

b0048043_1453617.jpg
「すいませーん」と声をかけるも
何の反応もなし

テレビや明かりはついているのに
人の気配もなし

10分ほど待ってから電話をかけたら
店主は2階で昼寝してた・・・

b0048043_1455715.jpg
「いやーすいません。いつもは
1階にいるんですけどねー」と
そんな感じののほほんお宿

門限はなし、鍵もなし

そしてお風呂が面白い

b0048043_1461144.jpg
元は茶室だったのか
小さな扉を開けるとお風呂

出る時に頭ぶつけた

b0048043_1462346.jpg
1階は2段ベッドが二つ
この日はここに私一人だったので
かなり広々使えた

2階は畳に布団

3000円/1泊は京都の他のゲストハウスと比べると少し高いかな、という印象
その分、京都駅まで徒歩で行けるのがかなり嬉しい

自転車は500円/1日だけど、管理はかなりアバウト


日本人宿泊客が多いからかもしれないが
セーフティボックスもなく、セキュリティとしてはちょい不安かも


逆に言えば、五条ゲストハウスよりもアットホームな感じで

入口にある共有スペースでテレビを見ながら話し込んだり
近くにあるカフェのお客さんなんかと一緒に御飯を食べたりした

その雰囲気がいいのか、京都に住んでるのにたまに泊まるというお客さんもいた


個人的にはこっちのほうが好みの宿
いい人といっぱい会ったし、何より楽しかった。


【リンク】
  お店のHP
    
[PR]

by nobiko9 | 2008-06-26 14:07 | 外ヲシル
2008年 06月 26日
片泊まりの宿 佐々木 / 京都
 
片泊まりの宿 佐々木 京都

  住所:京都府京都市東山区安井南通小松町564-12
  電話:075-561-4032

おかみさんが印象的な町屋造りの宿

b0048043_12475011.jpg
花見小路や祇園
清水寺も徒歩圏内

東山通りからファミマの角を入ってすぐ

完全に一見じゃ入れなそうな雰囲気

b0048043_1248680.jpg
1泊朝食付き 11,000円/1人

全部で4,5部屋くらいの規模
お風呂とトイレは共同

お風呂はちょっと狭いかな
トイレは1階に洋式、2階に和式

3人なので一番大きな2階の部屋で

b0048043_12482812.jpg
1階には竹の間、2階には松の間と
部屋ごとに特色があったりする

「今度は彼氏と二人で、な♪」
と言われた

b0048043_12491175.jpg
このおばちゃんがかなりおもろい
マシンガントークが止まらない

はんなり京都人というより
チャキチャキ大阪人のイメージ

夕飯に勧められたお店
かなりのヒットだった

元は材木屋の店主が愛人の別宅として建てさせた建物
いたるところに頭をぶつけたが、それもまた一興


【リンク】
  朝食はこんな感じ
    
[PR]

by nobiko9 | 2008-06-26 13:07 | 外ヲシル
2008年 06月 24日
京都2日目 大徳寺とか
 
ゲストハウスに泊まった2日目

大徳寺の近くでは迷いに迷って探し当てたカフェが
貸し切りのためCLOSE・・・

次は待ってろよ、田三奈


宿の近くにあった縁切り&縁結び神社には
人々の怨念の塊のような札がびっしり

神様、てきとーにさばいといてください。
  

写真を見てみる。
[PR]

by nobiko9 | 2008-06-24 16:37 | 外ヲシル
2008年 06月 24日
京都1日目 清水寺とか
   
木曜の夜行バスで東京を発ち
金曜の5時に京都駅に到着

そんな時間からあいている場所といえば
ここ清水寺しかないだろう


ヒトケがなくて気持ちいいけど
誰もいなさすぎてちょっとコワイ・・・。
   

写真とか見てみる。
[PR]

by nobiko9 | 2008-06-24 16:26 | 外ヲシル
2008年 06月 24日
飲み会のお金。
  
この間友達と食事に行った

メンバーは男2人、女1人
ダーツバーの女性スタッフ1名と私


お会計は5人で25,000円になった

男性がまとめて払い
女性の1人は財布から5千円を出して渡そうとしていた

と、そこでスタッフの女性が一言


「お金、お給料入ってからでいい??」


彼はもちろんこう言った


「いいよ、いいよ。○○ちゃんはいらないよ。」


そして気付けば私たちも分も含め、全額彼が支払っていた
いや、もしかしたら最初からおごってくれる気だったのかもしれないが


私は素直に感心した

彼女が意図しているかどうかは分からないが
こう言われて「今払え」と言う男はいないし

彼女の給料が入ってから「この間のご飯代返して」と
言える男もそうそういないだろう



そんなことを目の当たりにしたら、こんなことを思い出した

その昔、繁華街を歩いていたら
合コンか飲み会か、店の前で男女が数名精算をしていた

すると女性の一人がこう言った


「あ。細かいのないや。でも、これじゃ少な過ぎるよね・・・?」


おそらく4000円払わなきゃいけないのに2000円しかないわ
的な話だと思うが、男性はまんまとその金額を受け取っていた

「これじゃ少なすぎるよね?」っておかしくね?
そんなの見りゃ分かるじゃんよ、明らかに足らねーよ

お釣り出るまで待つか、くずしてこいよ
なんてことを男性は言わないんだろうな、可愛かったし


そうやって少しずつ搾取された金は
彼女達のバックやアクセサリーや服になっていくのだ

あぁ、経済って素晴らしい。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-06-24 13:30 | 考エル
2008年 06月 21日
五条ゲストハウス Gojo Guest House / 京都
 
五条ゲストハウス Gojo Guest House 京都

  住所:京都府京都市東山区五条橋東3-396-2
  電話:075-525-2299

東山五条と鴨川の間くらいにあるゲストハウス

b0048043_1912111.jpg
大阪にはあまりなかったけど
外国人観光客の多い京都では
かなりの数のゲストハウスがある

そしてそれらは
町屋を改装してあったりするので
お手ごろに京都気分を味わえる

b0048043_19122662.jpg
1階はカフェ
2階が客室になっている

奥に長いウナギの寝床造りが
いかにもっぽい

b0048043_19123823.jpg
部屋は男女別で1部屋に6人まで
2,500円/1泊

この日は何人か分からない人が2人
夜中に帰ってきて朝方出てった人が2人

b0048043_19125762.jpg
テレビのある共用スペース
23時以降は静かにするようにとの
張り紙があり

b0048043_19131372.jpg
部屋の反対側には
誰かが置きっぱなしにしていった
本やら京都の情報誌やら

b0048043_19133340.jpg
洗濯機

よく見てなかったので
使用料が別途かどうかは不明

b0048043_19134587.jpg
キッチン

そんなに広くない

b0048043_19135989.jpg
シャワールームは男女共用
7:00-11:00&15:00-24:00

タオルは別料金で貸出あり

b0048043_1914151.jpg
脱衣所などはないので
この小部屋の中で着替えもする

こういう場所に慣れていない人は
ちょっと汚いと感じるかもしれない

1階のカフェスペースには無料で使用できるパソコンが2台
また、建物内では無線LANも無料で使用できる

自転車は500円/1日(8:00-22:00)
チェックイン時にカフェのドリンク券がもらえる

門限なし


他のゲストハウスと比べても、外国人率が高いように思う
それに合わせてか、スタッフの対応も淡々としている


【リンク】
  オフィシャルHP
    
[PR]

by nobiko9 | 2008-06-21 19:15 | 外ヲシル
2008年 06月 20日
はたらく・・・か?
   
そろそろ貯金も怪しくなってきたので
仕事しようかと考え中。

考えてるだけでまだ履歴書すら書いてないんだが。

SEっぽいことならできるけど
また同じ道にいくのもどうかなーとか。


誰か雇ってくんないっすかね。
こんな食って旅ばっかしてる女を。
  
[PR]

by nobiko9 | 2008-06-20 20:21 | 考エル
2008年 06月 15日
最近ののびこ。
   
例えば友人の結婚式に出席した場合


お祝いしたい
幸せな姿が見られて嬉しい
素敵な式で感動して涙した

というプラスの感情と


ご祝儀で出費がかさむ
早起きした上に休日が一日潰れる
朝から一日ヒールを履いて足がつらい

というマイナスの感情が


完全に同居している

その友人の好き嫌いに関係なく
プラスとマイナスの割合は変わるにせよ

それは事実だ


そしてこのブログは
恋愛におけるマイナス部分をいじくりまわしているにすぎない

例え1%であっても存在することに変わりはない

そんな自分が許せないわけではない
単純にその思考が面白くて不思議で興味があるだけだ

自分の思考を考察するのが楽しい


通常の人間関係においては本人に対してマイナス部分を見せないわけで
知らせる必要のないものを知らないからこそ上手く回っている



駄目だ
まとまらない



要は
新彼について書くこと自体ズルイ気がしてならない

彼はきっと読んでいるし
そう思って書く文章は少しずつ歪んでいくし

言ったことややったことは別として
数%の気持ちを全て吐露することはズルイ気がしてならない


だってそれはつまり
相手に対して完璧を要求しているのと同じことだから


やっぱりな
こういう余計なこと考え出すとめんどくせーな

なんでバレちゃったんだよ、バカ



ちなみにオカピは相変わらずである

会うたびに変わっていく男を見るのは楽しいもので

こんなはずじゃなかったとか
こんな恋愛をしたことがないとか
こんなことは言ったことがないとか
こんなことはしたことがないとか

彼は苦悶しながら私を好きな自分を楽しんでいる

この歳で自分の違う一面を知っていく男
そしてそれを目の前で味わえる私


でもこういうのはきっと
「愛情」とは呼ばない



オカピは新彼の存在に気づくわけもなく
新彼はブログやオカピの話をするわけもなく

今までと何も変わらない日常なわけです。
   
[PR]

by nobiko9 | 2008-06-15 15:49 | 恋愛スル
2008年 06月 10日
行っちゃう? Part12
 
考えても答えの出ないことなんて
考えるたびに答えの変わることなんて

この世の中にはたくさんある


考え続けることがいいことなのか
答えを出すことがいいことなのか

私にはよく分からない


そんなことを考えながら
行って、帰ってきたぜ。
  
[PR]

by nobiko9 | 2008-06-10 03:16 | 外ヲシル