<   2008年 01月 ( 58 )   > この月の画像一覧

2008年 01月 31日
Sea Breeze シーブリーズ / 三宿・池尻大橋

  新規ブログへ移行しました → Sea Breeze シーブリーズ / 三宿・池尻大橋

 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-31 22:47 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2008年 01月 31日
梅とボードに行く。Part4
 
雪は明け方までに止んだみたいだ。

寒さと眠さでテンション下がり気味の私とは対照的に
新雪パフパフが期待できるとあって梅はウキウキとしている。

晴れてないから大丈夫、と言った私に
「私くらいの歳になると急に肌に出てくるんだから!
 ほら、私の貸してあげるからのびちゃんも塗るの!」

と言ったサキさんは私よりも5つ年上だった。


リフトはつい先ほど動き出した。
チケット売場の前で準備体操をしながら外を見やる。

朝一のスキー場はほとんど人がおらず
いるのは梅やサキさんみたいなボード馬鹿だけだ(と思う)


もたもたとしている私を残して
二人はとっとと板を履いて行ってしまう。

ゲートをくぐると、すでにサキさんは一人でリフト乗り込んでいて
梅が脇に避けて私を待っていてくれた。

たかだかそんなことくらいで
顔がにやけてしまうくらい嬉しかった。


梅は単に
相当レベルの違う私を心配してのことなんだろうけど

それでも
好きな人に気をかけてもらうが嬉しくないわけがない。


  「わー。空きれー。あそこら辺なんかちょっと青空出てるし。」

  「こんぐらいがいいな。ちょっと寒いけど、晴れて気温上がると雪重くなるし。」

  「そだねー。こないだ行った時なんてかなり雨降ってたんだよ?」


そうそう。前回省吾とボードに行ったのは
思い出したくないくらい、いろんな意味で最悪だった。

正面ゲレンデで軽く数本滑る。
相変わらず梅は私と一緒にリフトに乗ってくれている。

梅のゲレンデマップを二人で覗き込みながらコースを選ぶ。


  「次こっちのリフト動くから、降りたら左行って下で集合ね。」

  「はーい。」


左に大きくカーブをして
とりあえず

大きくこけた。
というか一回転してふっとんだ。


さらさらとした雪で一瞬にして視界が真っ白に塞がって
溺れたようにどちらが上か分からなくなる。

上級者斜面に積もった新雪では懸命にもがいても脱出できず
右下にも同じように埋まっている人が見えた。

唯一の救いはまだ時間が早いため、上から人が降りてこないことだ。

なんとか抜け出して滑り出すが
今度は緩斜を超えられず、最後の上り坂で止まってしまった。

向こうには二人が待っているのが見える。
すぐさま右足をはずしてスケーティング。

追いついた時にはぐったりとしていた。


「大丈夫?(笑)じゃぁ、下のリフトで。」
そう言って二人は滑り出す。

惚れ惚れする。
二人ともめちゃくちゃ格好いい。


最初の不安はどこへやら。
私はにやけながら二人の後を追った
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-31 09:30 | 恋愛スル
2008年 01月 30日
美女木ダーツスタジオ / 美女木

  新規ブログへ移行しました → 美女木ダーツスタジオ / 美女木

 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-30 20:44 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2008年 01月 30日
梅とボードに行く。Part3
 
パーキングでしばしの休憩
私が助手席に座ってぼんやりとしてると梅が戻ってきた。

外で寒そうに煙草を吸っているサキさんを目で追いながら
私は梅に話しかけた。


  「サキさんて年齢不詳だね。私より下って言われても
   8つくらい上って言われても、どちらも納得しちゃいそう。」

  「いやいや。案外かなり上だったと思うよ。」


煙草の煙がサキさんの周りでくるくるしている。
サキさんも寒さでふらふらと揺れている。


  「そういえば。まだ何となく禁煙してる。」

  「当たり前だろ(笑)」


出発。

気が向いたら梅と話し
それでも紅葉の時よりは、数十倍ある会話量だった。

テンションは少し上げていった。
キャラも、若干作り気味でいった。

梅は騙せなくてもサキさんが楽しく過ごせれば成功だと思った。

事実、メインで話しているのはサキさんと私だが
沈黙はほとんどなく、和やかな雰囲気のまま時間が過ぎた。


彼女はボードが大好きで、それは一人で海外に滑りに行ってしまうくらいで
そしておそらく、そこらの男性には劣らないくらい上手いようだった。

気を使いつつも、ちゃきちゃきと話をする様子に
とても好感が持てた。


そんな気持ちで彼女と話をしながらも

猛スピードで追い越していく車と
ゆっくりと後ろに流れていく景色と

そして私の視界に入っているのは相変わらず梅の手だった。

ダーツのフォロースルーで真っ直ぐに差し出される手や
クライミングでちょっと深爪の指がチョークにまみれている手や

だけど私は運転している時の手が一番好きだった。


一緒に車に乗ったことなど
数えるほどしかないのに

そう思えてしまうのが可笑しかった。


数時間車を飛ばして、高速を降りてしばらく県道を進む。
途中、朝ごはんを買うためにコンビニに立ち寄る。


  「あ。お湯あるから。」

  「へ?おゆ?」

  「そ。沸かすから。使うようなの選んでも大丈夫。」

  「わー。味噌汁とか飲みたくなるかな。
   てか。早く言ってよ!おにぎりとパン選んじゃったじゃんかー(笑)」


あぁ。なんか。
とりあえず私の方向性は伝わったような気がする。

そうそう。
昔はこうやってぎゃーぎゃー言ってたよ。

それこそ。
あなたが望むなら。


私が言ってしまったあの言葉
二人の間でなかったことにだってできるんだ。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-30 11:48 | 恋愛スル
2008年 01月 29日
梅とボードに行く。Part2
 
理由なんてない。
理由なんて何もなかったが

梅の友達は120%男だと思っていた。


0.3秒くらい
顔の筋肉と思考の道筋が固まって

そして私は荷物を運びながら
極上の笑顔を作って言った。


  「初めましてー。よろしくー。」


テキパキと荷物を後ろに積み込み
後部座席に乗り込もうとした。

と、既に彼女が座っている。


  「えーっと。あ、あれ・・・?」

  「助手席どうぞー♪」

  「は、はい。」


・・・・・・。
いろいろ、ちょっと


待ってくれ・・・・・・。


車内には梅と彼女と私の三人。
私が行くって言わなかったら彼女は梅と二人きりだったわけで

彼女が助手席乗らないのおかしくね?

ってか。
私。どう考えても助手席厳しいんですけど。


ふられてから初めて会って
1ヶ月半ぶりに会って
拒否られてる感満載なのに

助手席って厳しいんですけどっ!!


なんて言えるはずもなく
大人しく車に乗り込む。


  「ちゃんと寝てきたか?」

  「はぁ?どのタイミングで寝ろって言ってんの?
   だいたい来るの遅すぎ。12時に迎えって言ってたのに
   12時にあと30分かかるって連絡くるのおかしくね?
   この時間だって分かってたら少しは寝れたよ。」

  「文句はサキに言えよ。出る時に連絡しろって言ったのに。」

  「あははー。ごめんね。
   バイト上がりで、しかも電車混んでて遅くなっちゃって。」


私の心配や不安など、どこにも見当たらないかのように
車内は和やかな空気だった。

梅は基本的に話さない。
私も基本的に話題を振らない。

うちら二人はそれで満足だったが
サキさんは無言が耐えられないらしく

絶えず私か梅に話しかけていた。


が、梅はほとんどの会話に対して
「あぁ」とか「うん」とか単語での回答で話を終わらせるため

必然的にサキさんと私の二人で会話をする回数が増えていった。


私は会話の間中
梅が運転している手を見ていた。

そして
まだ一度も

彼の顔を見ていないことに気付いた
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-29 17:47 | 恋愛スル
2008年 01月 29日
qwalunca cafe クワランカ・カフェ / 渋谷(閉店)

  新規ブログへ移行しました → qwalunca cafe クワランカ・カフェ / 渋谷(閉店)

 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-29 09:53 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2008年 01月 29日
とんかつ とんき / 目黒

  新規ブログへ移行しました → とんかつ とんき / 目黒

 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-29 08:56 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2008年 01月 28日
梅とボードに行く。Part1
 
金曜日の夜。
梅にメールをする。


  題名:ミクシ読んだー
  本文:ボード行きたーい!
     って、もう締め切っちゃった?


梅と梅の友達は決定。
大きな車なので後3人くらいは乗れると書いてあった。

すると20分程で返信がくる。


  よし
  バッチコイ
  12時位に迎え行く
  早めについてゲレンデ駐車場で寝る予定

  目指す ゲレンデは激しく 寒い
  いつもより多めに根性と着る物を持ってくるように


おぉ。これはどうやら。
友達バージョンで行くなら大丈夫っぽい。

12月にふられて以来、顔を合わすのは初めて。


そして私の目標は
どれだけ気合を入れないで行けるか、ということに尽きる。

梅のことを好きだと意識する前の言動や
他の男友達への接し方を、いかに自然にできるかということ。

それが作り物だと梅に分かってもいい。

要は
私は今後、友達としてのスタンスでいきますよ
という姿勢を理解してもらえればいい。


もちろん
告白についての話を出すなんて論外だ。


そう。
これ以上何かをしたり、ましてや

付き合いたいという気持ちは薄れていた。

それよりも
梅の生活から完全に消されるほうが悲しかった。


今までの関係の中で
これだけ多くの時間を過ごしてきて

私と付き合いたい、あるいは
付き合ってもいいという興味を持ってもらえなかったのだから

この期に及んで気合を入れて何かをやったところで
その行為がマイナスに働くのは目に見えている。


あえて自分の気持ちを誤魔化そうとか梅を嫌いになろうとは思わないが
なんかいろいろめんどくせーし、普通に楽しく滑れればいいじゃん?と

準備をしながら待っている数時間、そんなことを考えていた。


予定よりも数十分遅れて
梅から「もうすぐ着く」と着信が入る。

外に荷物を出していると
左折してこちらに向かってきた梅の車が目の前で止まる。


  「おう。」

  「久しぶりー。」


2ヶ月もたっていないのに
ものすごく久しぶりに思えた。

そして、後部座席から
梅の友達が降りてくる。


  「こんにちは。今日はよろしく。」


と、そこには
笑顔で挨拶をしている小柄な女性がいた。
  
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-28 10:17 | 恋愛スル
2008年 01月 25日
FLANAGAN'S フラナガンズ / 早稲田

  新規ブログへ移行しました → FLANAGAN'S フラナガンズ / 早稲田

 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-25 19:53 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2008年 01月 25日
今夜。
 
こんなことを書いた後に何だが
今日の夜、梅にメールをする。

朝、電車の中でmixiを見ていたら
珍しく梅の日記が更新されていた。

彼が書いたのは木曜の夜


  土曜日、日帰りで滑りに行く。金曜の夜出発。
  後3人は乗れるから、行ける奴は連絡くれ


というような内容。


・・・・・・・・・。
行きたい。

行きたい行きたい行きたーい!!

ボードはもちろん行きたいけど
梅にだって会いたいんだよー!!


が。ここで一呼吸。
すぐさま連絡してはいけない。

夜まで待つ。


もし、夜の時点で定員が埋まっていればそれはそれで仕方ない。
もし、まだ空きがあった場合。

私が行くことで車代が安くなってラッキーと思ってくれるのか。
「ごめん。もう人がいっぱいだ。」と嘘をついて断るほど会いたくないのか。

そのどちらでもいい。


私を連れて行くかどうかの選択権はもちろん梅にあり
それを行使するのにあまり考えなくて済む状況のほうがいい。


と、頭の中では分かっているつもりだが
すんげー緊張する。

行けても行けなくても
どちらも同じくらいのダメージなんだが

というか
そんなんだったら連絡するなよって話なんだが

というか
そんなんだったらマイミク外せよって話だ。


ごめん。ここだけはちょっと強気だ・・・。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-25 11:48 | 恋愛スル