<   2005年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2005年 11月 30日
ココロもカラダも二日酔い。
 
週末。
死んだ。

いろんな意味で。


地元のダーツバーで飲んでいると

 (カランカラン)

おっ、ダーツ君

と・・・。


ちっちゃな女の子。。


いつもはカウンターに座るダーツ君も
この日は一目散に奥のテーブル席へ。

女の子の顔は見えず
オーダーはダーツ君がするため
二人の雰囲気はまったく分からず。

もちろん
付き合ってんのか
ただの友達なのかは分からない。

しばらくするとダーツ君は一人でダーツをし始める。
もうしばらくするとお客さんの一人に声をかけられた。


  「おい野比。ダブルスやろうってさ。」


・・・・・・。
えぇ。
まぁ。

そりゃぁ、ふられましたよ。
半年も前にきっぱりとふられましたよ。


でも、私に構うな。
てか、おまえらと一緒に
楽しくダーツできるわけねーだろ。

女の子は20歳にも30歳にも見える
小柄でギャルで化粧の濃い感じ。

はい。私とはまったく正反対なタイプです。

そして二人は
そんなイライラのみを残して帰っていく。

はぁ。
こあらの時とは違って
自分じゃなくて相手にむかつく。


そしてこの日は

終わらない。止められない。
[PR]

by nobiko9 | 2005-11-30 10:36 | 恋愛スル
2005年 11月 29日
相州・鎌倉 豊島屋 / 鎌倉
 
 

  新規ブログへ移行しました → 相州・鎌倉 豊島屋


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-11-29 13:14 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 11月 28日
Amapola アマポーラ / 池袋
 
 

  新規ブログへ移行しました → Amapola


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-11-28 22:59 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 11月 26日
人の優しさを素直に受け止めるために。
自分が考えること、していることは
無意識のうちに相手に求めることなんだろうか。

昔、付き合っていた男()に言われたことがある。
 「のびの普通は俺の普通じゃない。」
 「普通、普通って言うけど、自分が思ってることを一般論にすり替えて
  俺に押し付けないでよ。」
 「俺の中で精一杯の愛情表現が、のびの中でレベルが低かったとしても
  これ以上俺はどうすればいいわけ?」

されたら嫌だから、相手にはしない。
こうしてほしいから、相手にする?

幼い頃に両親から躾られた
「自分にされて嫌なことはお友達にもしちゃだめよ。」
の精神は、ほとんどの場合間違っていない。

それが、恋愛関係になった場合はどうだろう。

自分が浮気しててもごちゃごちゃ言われたくないから
相手の浮気に気付いても気付かないフリをする。

もっと優しくしてほしいから
相手の行いを許してしまう。

もちろん、行動のすべてがこの論理によって
成り立っているわけではない。

でも、振り返ってみると
相手のことを非難しながら
自分を正当化している瞬間がある。

「自分がされて嫌なことはしない」 という考えで
行動することは間違っていない。

しかし、そこには限界がある。

なぜならそれは、いつも一定ではないから。
人間の気持ちなんて移ろいやすく、易きに流れる。

だから
信念とか、宗教とか、個人の論理が及ばないところに理想を構えて
それに照らし合わせて自分の言動を省みる必要があるのではないだろうか。

単純に、優しくされたら喜んで感謝すればいい。
相手を疑ったり、自分に非があると思ったり
その優しさを素直に受け取れないとしたら
そこには何かしら自分に問題があるのだと思う。

自分が誰かに優しくしている時に
常に、なんの後ろめたさもないのだとしたら
誰かから受ける優しさも素直に受け取れるものだから。

今日の私はそんなふうにも思う。
明日の私はどう考えるだろう。

あー。こうやって小難しく考えてるから
いつまでたってもここから離れることができない。
[PR]

by nobiko9 | 2005-11-26 00:06 | 恋愛スル
2005年 11月 25日
権利か我儘か。
昨日のポストにいただいたのびさんのコメントから。

 > 相手の優しさにいったん身を委ねてしまうと、どこかで相手を
 > 裏切ることになるかも知れない(もちろん自分にそんなつもりは無くても)、
 > それが怖い、っていうのもあるんじゃないかな。

裏切られるのと同じくらい
人を裏切りたくない。

単純に
裏切ることで相手を傷つけたくないのか。

それとも
裏切った行為で悪意を向けられるのが嫌なのか。

そもそも、絶対的に自分を信じていない
ということは。

自分の思考を正しく相手に伝える能力に自信がない
ということで。

ふとした一言や
なにげない仕草や
無意識の視線が。

自分の意図から
間違って受け取られているのではないかと不安になる。

そんなつもりじゃなかったとか
なんでそんなふうにとるんだとか
言ってみたところで

相手がそうとってしまったことに変わりはなく
その責任の一端は確実に自分にある。

面と向かって、お互いがコミュニケーションをとっている場合は
つまり、お互いがお互いを理解しようという意識を持っている場合は
その誤解を見抜きやすく、また、解消も比較的スムースだ。

個人的には
それが
 「付き合いましょう」
 「はい。付き合いました。」
で始まった、まっとうな恋愛関係であれば
互いにその権利を主張してもいいと思う。

「付き合う」 ってことにはいろんな定義があると思うけど
その一つには 「深いコミュニケーションをとりたいと主張する権利」
もきっと含まれている。

しかし
片思いの場合、テーブルにつくことを相手に求めることさえ
自分の我儘なんじゃないかと思う。

分かり合いたいという自分の気持ちすら
相手の重荷になりたくないと思う。

どこまでできるか自信がないくせに
相手にばかり求めている自分が嫌になる。

そうして
行きつ戻りつ。

でも。
そんなに簡単には諦められなくて。

自分にも相手にも
どこか理想を抱いている自分がいて。

傷つきながらも
やっぱり歩き出している。
[PR]

by nobiko9 | 2005-11-25 13:46 | 恋愛スル
2005年 11月 24日
優しくされるの苦手?というより・・・。
なんで、人の優しさに身を任せられないのかと思う。
なんで、優しくされることになじめないのかと思う。

最近、地元のダーツバーのバーテンがやけに優しい。
元々こういう人なのかは分からないが。

例えば、飲めないのびこが飲んで酔っ払った翌日・・・。
  のびちゃんは呑むといつも陽気だから見てて楽しいけど
  でもさ、なんかあったの?話なら聞くよ?

例えば、最近寝つきが悪いと言った日・・・。
  あっ、そうそう。
  寝つきが悪いなら
  よく眠れそうなドリンク作ってあげるよ。
  帰る20分くらい前に言ってね。

「人に優しくされる」 こと自体に慣れてない。
何の利害関係もない人間からこんな風に心配されると
なんとも居心地が悪い。

思うに。
優しくされた人にほいほいついて行って
いざという時に裏切られるよりも
最初から優しくない、と思ってる人に
裏切られるほうがダメージが少ないからだ。

うーん。
「裏切られる」 「冷たくされる」 ことを
前提に思考がすすんでるな・・・。

自分に対して 「絶対」 なんて言葉は使えない。
ましてや、他人を 「絶対的に信じる」 なんてできない。

いつも、最悪を想定して物事を考えてる。
そうすれば、大抵のことはプラスに思える。

多分、絶対的に心を許してるのは
豆くらいなものだろう。

豆だけはのびこを絶対に裏切らないと思ってる。
論理的に説明できないけど、そう思ってる自分がいる。

と、思えてることが唯一の救いのような気がする。

例え、豆はのびこのことをこれっぽっちも信じていないとしても。

なんだか、病んでるな・・・。
[PR]

by nobiko9 | 2005-11-24 16:17 | 恋愛スル
2005年 11月 24日
銀座アスター 南店 / 銀座
 
 

  新規ブログへ移行しました → 銀座アスター 南店


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-11-24 11:11 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 11月 23日
ちゃんぷるう家 / 銀座
 
 

  新規ブログへ移行しました → ちゃんぷるう家


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-11-23 16:39 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 11月 22日
ジェラート フィレンツェ / 桜木町
 
 

  新規ブログへ移行しました → ジェラート フィレンツェ


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-11-22 13:39 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 11月 21日
恋愛進捗会議⇒即行動
央(男)、宮子(女)、のびこの進捗会議。

進捗とは当然
「恋愛の進捗」

この日も昼間から恵比寿のcafeで
お互いの近況について報告しあう。

宮子には、ほのかに恋心を抱いている男性がいる。

 宮子 「同じ会社の先輩なんだけど、ほんとに憧れだよ。
      最初に見た時にかっこいいな―って思って。
      その後、すぐに社外に出ちゃったけど最近戻ってきたの。
      やっぱりかっこいいと思っちゃうよ。
      でも、全然接点がないから、どういったら
      自然に仲良くなれるのか考えちゃう・・・。」

 のびこ 「接点ないんだったら、逆に
       気まずくなっても問題ないじゃん。
       少しくらいベタに不自然にいってもいいんじゃない?
       他に好きな人いなくて、時間あるなら
       とりあえず先輩がんばっとくのもありだよ。」

と、人に言っておきながら自分にも問い掛けてみる。

自分、暇じゃん?
なんかやってもよくない?(もちろん恋愛関係)

というわけで、その勢いのまま
帰りの電車の中で携帯を握る。

  のびこメール
   今暇?ちょっとダーツしたいとか思わない?

当然、ダーツしたいという気持ちはあり。
英雄と梅さんに同じ文面で送ってみた。
(CCつくので、メールは別々に送信)

  梅さんメール
   4時間ぐらい前は強烈に思ってたんだけどね~
   もう、晩酌タイム入ってるもんで投げる気ゼロですわ。
   スンマソン

  のびこメール
   いえいえ~また今度。

先に梅さんから返事が返ってきたことにびっくり。
そして、そっこー返ってくると思ってた英雄からは音沙汰なし。

「返事を待つのは電車に乗ってる間だけ」 と決めていたので
家に帰ったら即座に着替えてベットでだらだらモード。

そこへ、英雄から電話

 英雄  「ごめんごめん。外で食事してたんだ。
       今から帰るからちょっとダーツは無理かも。」
 のびこ 「そうだね~。こっちも突然だったし。」

 英雄  「時に、月島でもんじゃ食べたいと思わない?」
 のびこ 「なにそれ(笑)食べたいけど♪」

 英雄  「それじゃ、友達も連れてきてよ。おごるからさ」
 のびこ 「それって、合コンていうんだよ?」

そんな感じで会話終了。
英雄は酔っ払ったほうがおもしろくていいな。

30分後、またしても英雄から。

 英雄  「のびちゃん。焼肉食べたくない?」
 のびこ 「食べたくない。なんで?」

 英雄  「今から友達の焼肉屋に行こうと思って。
       ほら、ちょっと食べたいでしょ?」
 のびこ 「英雄がおごってくれるならいいよ。
       まじで、2千円くらいしかないもん。」

 英雄  「こないだ行った時は千円だったよ。」
 のびこ 「じゃぁ、その友達がいるんだったら
       もっかい連絡して。」

なんとなく断りきれず。

30分後。
ぶるる、ぶるる。

英雄からだ。どうしよう・・・。
こんなに疲れてるのに、二人で焼肉ってなぁ・・・。
さっきはちょっとくらい付き合ってあげてもいいかとも思ったが。
ごめんよ、英雄。

君のこと、嫌いじゃないけど
がんばってまで会いに行きたくないんだ・・・。

ということで、電話はスルー。

きっと、これが梅さんだったら行ってる。
ダーツ君だったら迷うけど行ってる。

こういう選択の一つ一つで
自分が相手のことをどう思っているか
再確認させられる。

それにしても
なんで友達からは
こんなに簡単にお誘いがくるんだろーか。

きっと何か
からくりがあるに違いない・・・。
[PR]

by nobiko9 | 2005-11-21 15:16 | 恋愛スル