<   2005年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2005年 10月 31日
馬よりも梅さん
梅さんの行動パターンがまったく掴めず。

地元のダーツバーに
毎日のようにいると思ったら
ぱったりと来なくなったり。

とりあえず
家で飲んだくれているっぽい。

こっちからメールしたら返信はくるけど
むこうからのお誘いがないのが寂しいかぎり・・・。

というわけで
待ってても来ないなら
やっぱりこっちから行くべし。

 のびこメール
   11月6日のburnて、チケットまだ余ってる?

6日は英雄から
他のダーツ友達と一緒に
競馬を見に行かないかと誘われていた。

その話をしている時に梅さんが
6日のburnの大会のチケットが
余っていると言っていた。

さすがにそこでburnに行きたいと言うのは
節操がなさ過ぎる気がしていたが・・・。

でも
やっぱり
だって
馬よりも梅さん見たいんだもん!!

一緒に行けたら行けたで
緊張するんだろうけどなぁ・・・。
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-31 17:04 | 恋愛スル
2005年 10月 31日
Mouffetard de Paris ムフタール ドゥ パリ / 新宿(1回目)
 
 

  新規ブログへ移行しました → Mouffetard de Paris


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-31 14:08 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 10月 30日
天童 / 富戸
 
 

  新規ブログへ移行しました → 天童


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-30 17:55 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 10月 28日
BEE IKEBUKURO WEST / 池袋
 
 

  新規ブログへ移行しました → BEE IKEBUKURO WEST


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-28 12:56 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 10月 27日
compound cafe コンパウンド カフェ / 三軒茶屋
 
 

  新規ブログへ移行しました → compound cafe


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-27 18:10 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 10月 27日
言っちゃう?
会社を辞めたいと上司に言った数日後
上司と部長の三人で話し合いの場があった。

二人の意見を要約すると
 ・それは仕事をやりながらでもできるのではないか
 ・金銭的な問題もあるし、あと半年は勤めてみてはどうか

正直に言うと
やりたいことがあるわけではない。
やってみたいことはあるが
それが今の会社を辞めてまで
したいことなのか分からない。

でも、今のままここにいたら絶対にだめになる。
この会社を辞めたら、もっと落ちていくのかもしれない。
でも、それでもいいと思っている。
久しぶりに自分で決断して行動したことだから。


我ながら
すごくいい会社を選んだと
改めて思う。

給料はもらってるほうだと思うし
福利厚生もちゃんとしてる。
服装だってそこまでこだわらない。
人間関係が悪いわけではない。

たぶん。
ここを辞めたら
ここ以上に居心地のいい会社を見つけることは
とても難しいと分かっている。

それを世間では
甘いとか、なってない
という評価を下すのかもしれないが。

少なくとも
最初の上司、今の上司、部長に
私は深く感謝している。

最後まで、私のことを心配してくれて
私の行くべき道、戻る道を用意してくれ
最終的な判断を任せてくれる。

三人で話し合った後に
今月いっぱいもう一度考えて欲しいと言われた。

そして今日。
きっちりと話をつけよう。


時に この居心地のよさは
とても ザラリとした感触に変わる。

この感触に慣れていくのか
新しい居心地のよさを見つけに行くのか。

やっぱり自分は
変化を求めつづけているのだと思う。

もしかしたら一生
探しつづけるのかもしれない。

ま。死ぬ時に
それが自分の人生だと
自分はこうやって生きてきたんだと
胸をはれればいいじゃないか。
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-27 10:48 | 考エル
2005年 10月 26日
梅さんてこんな人。
どたばたの一週間が終わり。
振り返ってみると

英雄に感謝。
この一言に尽きます。

英雄のおかげで
梅さんとの距離がすごく縮まった気がする。

英雄と梅さん。
二人はお互いを似ていると言うけれど
のびこから見たら全然違う。

「興味」
相手のことを知りたいと思う。
英雄がどこで何をやっててもいいけど
梅さんのことは知りたいなぁと思う。

のびこの場合
安心感とか優しさとか
そういう感情ではなく
この興味&好奇心こそが恋愛に発展していく
一つの要素だと思うのだ。

そんな梅さんはこんな人。
 ・一人暮らし
 ・未婚&彼女なし
 ・のびこより4つ年上。でもすごいふけて見える(笑)
 ・身長は180cmくらい
 ・短髪で日に焼けてる
 ・趣味はダーツ、ウエイクボード、スノボ、自転車
 ・お酒大好き。種類問わず
 ・ギャンブルはしない
 ・酒のつまみくらいの料理は作る

職業はSEかPGらしい。
のびこがよく行く会社の近くのダーツバーのHPを
見たことがあると言っていた。

以前、このブログにも掲載していたが
その店の Yahoo や Google からのヒット率がよく、
会社のダーツ友達に発見された経緯があるので
現在は非公開にしている。

あぶない、あぶない。
こんなの本人に読まれたら一発だよ・・・。

ちなみに。

「梅さん」 というのは当然
ブログでの相性なのだが。

最近。
本人と話していたりメールを書いている時に
「梅さん」 と言いそうになってしまい
ちょっとあせっている自分がいる。

逆に
このブログで本名を書いてしまいそうな時もある。
というか、この間書いてしまってあわてて修正した・・・。

気をつけねば・・・。
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-26 10:45 | 恋愛スル
2005年 10月 25日
二人でおでかけ。
次の日。
昼過ぎに英雄にメールする。

 のびこメール
   今日、ちゃんと会社行けた?

 英雄メール
   行こうと思えば行けたけど・・・。
   昨日はすいませんでした。
   途中から何も覚えてません。。

ちょーうける。
あんな酔っ払った英雄を見るのは
初めてだったなぁ。

おもしろいので梅さんにもメールしてみる。

 のびこメール
   昼過ぎに英雄にメールしたら
   今日は会社休んだって!
   しかも途中から何も覚えてないって言ってた(笑)

 梅メール
   ダサイ、ださ過ぎる・・・。
   煽るわけでもなし、無理やり飲ませたわけでもなし。
   それなのに二日酔い・・・。
   今までの人生経験はどこに生かされているのやら(笑)

   で、何処で投げるの?
   ダーツのお誘いじゃないの?


最近ろくな恋愛をしていない のびこにとっては
返信がちゃんと返ってくる時点で嬉しい。
しかもお誘いっぽいのがさらに嬉しい!

こんなことだったら
もうちょっとまともな服着てくるんだったなぁ。。

梅さんの会社は六本木。
ダーツバーなんていっぱいあるのに
ほとんど行ったことがないらしい。

ということで
有名な Triple Twenty に行くことにする。

一応、化粧直したりして・・・。
ちょっとした高揚感。
自然と駅へ向かう足取りは軽くなる。

久しぶりのこの感じ。
何かが始まりそうな
いや、何かを始めたくなる。

六本木の人ごみだってなんてことない。
すごい好戦的な気分。

平日の早い時間なので比較的すいている。
英雄の話なんかしながら
とりあえずダーツ。

 梅さん 「それにしても俺、地元のダーツバーのお客さん
       ほとんど名前覚えてないんだよね。」
 のびこ 「まじで?最近は毎日のように行ってるでしょ?」

 梅さん 「あー。カードネームならまだ覚えてるけど
       本名はさっぱり知らん。」
 のびこ 「ひどいなぁ(笑)私の名前はちゃんと覚えてる?」

 梅さん 「知ってるよ。のび。」
 のびこ 「え・・・?」

考えてみれば名前呼ばれたの初めてかも。
てか、突然呼び捨てにするからびっくりすんじゃん!!

それにしても
この一週間ですごい進歩だなぁ。
連絡先聞いて、一緒にご飯食べて
今日は二人で遊びに来てる。

まぁ、確実に。
単なる友達としてしか見られてないけど。

さぁ。これからだ。
この気持ちが
「好き」 なのか 「憧れ」 なのか
「仲のいいトモダチ」 なのか。

笑いながら話してるのびこが
心の中でこんなこと考えてるなんて
きっと思いもよらないんだろうな。

帰りの電車の中。

 のびこ 「昨日、焼肉屋でたんたかたんのボトル
       1本はほとんど余ってたよね?」
 梅さん 「あぁ、半分くらい残ってたな。
       英雄からのプレゼントだろ?」

 のびこ 「それを梅さんがパーカーのポケットに入れて
       持って帰ってたの、すごいうけたんだけど。
       まぁ、次は梅さんの家で飲み会だね。
       ちゃんと部屋、片付けといてね。」
 梅さん 「なんでだよ。片付けねーよ。
       てか、片付けてくれよ。
       自分の居場所くらい自分で作れ(笑)」

そんな話をしながら
隣に座っている梅さんを
窓のガラス越しに覗き見るのびこ。

次に会った時
のびこは何を思うんだろう。

次に会った時
あなたは何を思いますか。
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-25 14:14 | 恋愛スル
2005年 10月 25日
初梅さん。
のびこの隣に座るやいなや

 梅さん 「うし。今日は飲むぞー。」
 英雄  「梅さんてそんなに飲むっけ?」

 梅さん 「いつもは飲むと酔っ払ってダーツできなくなるから
       控えてるだけ。今日はダーツ持ってきてないし♪」

そういえば梅さんはいつも、最初ビール。
その後は強そうなお酒をロックで飲んでいるイメージ。

まずはビールで乾杯。
のびこはソフトドリンクで。

メニューを見ながら話をしていると
あれ?
すでに梅さんのビールがあいている。
はやっ!!
それは水ですか・・・。

フードのオーダーと一緒にビールを2杯。
(英雄と自分の分)
半分くらいあくと
さらに続けてビールを2杯。

 英雄  「ちょ、ちょっと待って。」
 梅さん 「いや、2杯とも俺の分。
       何回も来てもらうの悪いでしょ。
       すぐ飲むし。」

あっという間に
4杯目のビールに手をつけている。

そんな異様な雰囲気の中
いい具合に酔っ払った英雄は
いい具合に梅さんを質問攻めにしている。

 英雄  「梅さん、絶対もてるでしょ。
       俺から見てもいい男だもん。」
 梅さん 「だめだめ。俺、優しくないし。」

 英雄  「彼女いないの?」
 梅さん 「いないっすよ(笑)」

 英雄  「俺も今、彼女欲しくないんだよねー。
       たぶん、いてもうざくなる。
       いたら毎晩ダーツ投げられなくなりそうだし。」
 梅さん 「そうっすね。自分の時間を邪魔されるのはだめかも。」

 英雄  「梅さんと俺はぜってー似たタイプだよ。
       例えば、休日に梅さんはウエイクボードやりたくて
       でも彼女は絶対に日焼けしたくないタイプだったら
       どうする?」
 梅さん 「家で待ってろって言う。
       てか、俺が帰ってくるまで好きなことやってればって。」

英雄が梅さんと似たタイプだというのは置いておいて。
とりあえず彼女がいないということが判明♪
えらいぞ、英雄。

そして二人のペースは止まらない。

 梅さん 「英雄さん、焼酎飲みません?」
 英雄  「俺に選択権があるならいいよ。
       鍛高譚(たんたかたん)にしない?」

 梅さん 「いいよ。(のびこのほうを向いて)ちょっと飲んでみる?」

そうこうしているうちに
結局みんな酔っ払い。

英雄は説教くさくなり、ちょっと眠そうにしている。
梅さんは英雄におしぼり投げたりして遊んでる。
のびこはケタケタと笑う。

すると

ずってーん!!

目の前に座っていた英雄が何もしてないのに
椅子から転げ落ちている・・・。

 のびこ 「はははは。」
 梅さん 「あほじゃん。」

英雄は目が据わり、ろれつが回らなくなり
一人では歩けず、かなりの酔っ払い度。

会計をすませ、梅さんとのびこで
英雄を家まで送っていくことにした。

ちなみに
3人ともかなりの酔っ払い。

のびこの自転車を梅さんが運転する。
自転車の後ろには英雄が乗る。
のびこが英雄の家までの道案内。

 梅さん 「家はどこだ?」
 のびこ 「こっちだー。いぇーい!!」

といって駆け出すのびこ。
後ろから飲酒運転の梅さんが
蛇行しながらのびこを追い越す。

ちょっと行った先の交差点で
自転車から降りた英雄がくるくる回り
それを見て梅さんが笑ってる。

英雄に首を腕で固められながら引きずられたり
二人で梅さんが乗ってる自転車を後ろから押したり

なんて。
サイアクな酔っ払い達。

そうこうしているうちに英雄のマンションに到着。

 のびこ 「またねー。」
 梅さん 「ちゃんと帰れよ。」
 英雄  「おぅ。」

 梅さん 「さて。おまえのうちはどっちだ。」
 のびこ 「こっちー!!」

自転車の後ろに乗り
梅さんの背中にしがみつく・・・。
・・・・・・そう。しがみつく!!

 のびこ 「きゃーっ。やめてー。」
 梅さん 「うるさいな。ぎゃ-ぎゃ-言うな。」

いつもはアウトドア系の自転車に乗ってるせいか
はたまた酔っ払ってるせいか
かなり危ない運転をする梅さん。

 のびこ 「まじ、無理!ほんと、お願いだから!!」

そんなのびこの叫びを聞いていないように
梅さんは笑いながらスピードを上げる。

 のびこ 「だ、だって。あ、危ない。
       今、タイヤがずりっていったぁ!」
 梅さん 「大丈夫だって。任せろって。」

それでも
ちょっと運転が落ち着いた隙に。

後ろからしっかりと腕をまわし
大きな背中に顔をうずめ
しばしの幸福感を味わうのびこ。

なんか
久々に楽しいお酒でした。


そして、この余韻はまだ続いたりするのだ。
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-25 10:56 | 恋愛スル
2005年 10月 24日
残念会、だよ?
梅さんから連絡先を聞いた数日後。

地元のダーツバーの友達、英雄と
ちょっと大き目のダーツの大会に出場した。

全部で約400人。
エントリーしたメンバーから
主催者側で勝手にペアを作る。

要は、1番と400番、2番と399番というように
うまい人と下手な人から順にペアを組んで
平均的なペアを作っていく。

そのため、会場にはプロになれるくらいうまい人と
始めたばかりの人など入り乱れての戦いとなる。

結果的に、のびこは即負け
英雄もがんばったけど負けてしまった。

帰り道。

 のびこ 「あ~。あっさり負けちゃったけど
       なんかダーツのやる気出てきた。」
 英雄  「なに。ダーツやり足りないの?
       それよりも飯食おうよ?地元の焼肉行こう!」

 のびこ 「それだったら誰か誘おうよ。」
 英雄  「あ、今ちょうどバーテンからメールがきた。
       誘っとくねー。」

えっ。
あぁ。

ちょっと最近。
バーテンは苦手なの。
ごはんは一緒に食べたくない気持ちなの。

のびこのそんな願いが通じたのか。

 英雄  「なんだ。バーテンは用事ありだって。」
 のびこ 「それだったら兄さんか梅さんかな。」

 英雄  「じゃ、俺、兄さんにメールするから
       のびちゃんは梅さんよろしく。」

 のびこメール
  「今、暇?ごはんでもどうですか?」

初めてのメールなのに、味も素っ気もない・・・。
こういうところで可愛げのあるメールを打てる子になりたい。
それにしても、このあいだ連絡先聞いておいてよかった♪

英雄にはさっそく兄さんから行けないという返事が。
これで梅さんもだめだったら、具合悪いと言って帰ろうかな。

その矢先。
ぶるる。

梅さんから着信がはいってる。

 のびこメール
   ごめん。今、電車乗ってるの・・・。
 梅メール
   ナイスタイミング♪ 何処に何時集合だい?

 のびこメール
   18時くらいに駅で。 英雄と残念会しよー♪

 梅メール
   残念会?
   ププッ。
   ま け た の か !

   宅急便待ちがあるから、先に店行ってて。
   美味しいお酒があれば何処でもオッケー

 のびこメール
   む、むかつく!!
   一文字づつあいてるのが、むかつく~!
   そーだよ。負けたさ。
   なぐさめてよ(笑)

きぃ~。くやしい。
てか、梅さん。
こんなメールするキャラでしたっけ?

考えてみれば、地元のダーツバー以外で会うのって
これが初めてになるのかな。

お店にいると結局ダーツばっかりして
たいした話なんかしないし・・・。

英雄と先に入った焼肉屋。

ちなみにこの日英雄は
試合前は緊張すると言い、会場に行く前に缶ビール。
試合前に気合を入れると言い、生ビール2杯。
試合中はガソリンが足りないと言ってはぐびぐび・・・。

つまり、この時点でかなりいい気分。

軽くつまみを食べながら梅さんを待つ。
と、梅さん到着。
ナイスなことにのびこの隣に座る。


そしてこの日は
梅さんの初めてがいっぱいだった。
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-24 18:55 | 恋愛スル