<   2005年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2005年 08月 31日
力関係は 結婚<離婚
なんとタイミングのよいことに
友達BOOが

「9月いっぱいで会社を辞める」 宣言

  のびこ 「最近仕事にモチベーションあがらないんだよね・・・」
  BOO  「って、俺は来月いっぱいで辞めるけどね。」

  のびこ 「?!来月って、来月って9月?!」
  BOO  「うん。」

  のびこ 「え?なに。ちょっと待ってよ。」
  BOO  「のびこ、慌てすぎ(笑)」

  のびこ 「だって、そんなさ。」
  BOO  「ほんと、もう無理だと思ったし
        例のアレをやっていきたいと思ったし。
        あ、でも俺があんまりしゃべりすぎると
        のびこの背中押すみたいになっちゃうな。」

つるっと派ののびことしては
現状を変える力を持つことを
うらやましいと思う。

その日の夜。

  BOOメール 「転職の話はショックを
           与えるような形になってごめんなさい。」

  のびこメール 「ショックって言うよりは
            先を越されて悔しい感じ。
            私もちゃんと考えなきゃ。
            結婚するよりも離婚するほうが
            体力使うっていうじゃん。
            自分で決めて行動に移せるって、
            当たり前だけどやっぱりすごいと思うよ。
            うらやましいもん。」

今の生活が嫌なわけじゃない。
恵まれていると思う。

けど
やっぱり違うんだ。

おんなじくらいのつらさを味わうなら
そのつらさを楽しみたい。闘いたい。

このままだと
幼い時に嫌いだった
大人になってしまいそうで怖い。
[PR]

by nobiko9 | 2005-08-31 02:07 | 考エル
2005年 08月 30日
普通の男友達
月曜日。
いつものお店。

カウンターには常連さん。
その中で日曜日にダーツと一緒にダーツの大会に
参加した人がいた。

  のびこ 「大会どーだった?」
  常連  「俺はそこそこ。ダーツの奴はいまいちだったな。」

  のびこ 「そーいえば、日曜日の夜に
        ダーツから着信があったよ。
        折り返したけどつながんなかった・・・。」

  常連  「あー、地元戻って焼肉食ってたから
        のびちゃんもくるかと思って。
        あの後、俺はダーツ友と飲みなおしたけど
        ダーツは違う店に投げに行ったからなぁ。」

多分
地下のお店でダーツしてたから
電話が通じなかったと思われる。

なんか
それならそれで
メール一通でも欲しいと思ってしまうのは
フラレたほうのわがままなんだろうか。

「普通の友達」 って
どんなんだったけかなぁ。

考えてみれば
のびこだって
普通の男友達には
メール返さなかったり、折TELしなかったり。

いや、もっとひどいことだってやってるかも・・・。

フラレたからって
相手に優しさを求めるなんて
やっぱり良くないような気がしてきた。

早く、
この環境に慣れなければ。。
[PR]

by nobiko9 | 2005-08-30 21:58 | 恋愛スル
2005年 08月 30日
LA BETTOLA bis ラ ベットラ ビス / 新富町(1回目)
 
 

  新規ブログへ移行しました → LA BETTOLA bis


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-08-30 16:04 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 08月 29日
優しさとはなんぞや。
のびこの女友達と地元のダーツバーのお客さん。
ひょんなことから彼(お客さん)が彼女(女友達)を気に入り。
連絡先を聞いていた。

一度、二人で飲みに行ったらしい。
しかし、彼女には全くその気がなく。
「みんなで遊ぶなら別にいいかなー」 くらい。

男にはけっこうその気があり。
「ちょっとがんばってみようかな。」 くらい。

と言う割に、彼女から聞く話では
絵文字満載の長文メールを送っているらしいが。

んで、彼は月曜日に彼女にメールを送った。
「今週の水曜日か木曜日あたり暇ならごはんでもどう?」
(↑見てはいないので正確な内容は分からないが・・・。)

しかし、彼女は返事すらせず。

  彼 「こういうのどうなんだろなー。
     返事くらいしろってんだよ。
     そんな子だとは思わなかった(怒)」

  のびこ 「それって彼女なりの優しさなんじゃないの?
        ここで変に 「用事があるから」 とか
        理由つけて断って
        次があるかもって期待持たせるよりもさ。」

  彼  「それでも、しかとってやっぱりさ・・・。」

  のびこ 「まったく脈がないのに優しくしてもさ。
        意味ないじゃん。時間の無駄だよ。
        やんわり断るのと、早く答えを知ってもらうのと
        どっちが優しいかなんて、
        結局は。
        自分がどっちをやってほしいかによるんだよね。
        んで、やってほしいほうをやるんだよ。」

  彼  「そうかも。俺も興味ない女に誘われたら
      理由つけて断るかな・・・。ってことはそうしてほしい
      ってことなんだよな・・。」

ダーツバーでそんな話をしていた。
カウンターには左からのびこ、彼、ダーツの
順に座っている。

ふと、ダーツは今の話を聞いてどう思うだろう
と思った。

話には参加していないが、内容は聞こえているはずだ。

のびこがダーツに告白して、ダーツはのびこをふって。
ダーツにその気はないのに
映画見たり遊んだりした。
多分、何も考えていないんだろうけど。
のびこがそうしたいなら、すればって感じ。  

そんなことを思った木曜日。


金曜日。
のびこは朝までとあるお店で遊んでいた。
朝、始発で帰る。
ライブでチェックすると
ダーツが地元のお店で遊んでいる。

のびこメール
 「おはよ~。ダーツの調子はいかが??
  私は昨日一日で0.5レーティング下げたよ・・。
  そんな調子だから土曜の試合はずる休み(笑)」

返事は・・・。
なし。。

こないだの話が
のびこの頭に残ってたのかもしれない。

のびこがずるいのかもしれないけど
こういうことが重なっていけば
完全にダーツのことも忘れられる気がした。

そう。
のびこはもちろん
「興味がないならきっぱりしてほしい派」

ちょっとずつ、少しずつ。
 「ダーツはのびこに全く気がない。」
っていうのをちゃんと理解できるために。

と思っていた矢先に。
本日ダーツからの着信発見!!

コールバックするも
留守電。

多分、たいした用事じゃない。
きっと、折り返しても別にって言われる。
以前はダーツバーまでの道のりを聞く電話だったし。

それでも
もしかしたら
いつもと違う何かが、と期待してしまう自分がいる。

ばかのびこ。
ほんと、ばか。
[PR]

by nobiko9 | 2005-08-29 00:24 | 恋愛スル
2005年 08月 27日
鮨 ながた / 茅場町(2回目)
 
 

  新規ブログへ移行しました → 鮨 ながた


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-08-27 13:49 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 08月 27日
やっぱり、つるっと派。
どうやったら
もっと多くの人と出会えるのか考える。

1日1人
新しい友達ができたとしても
1年間で365人
10年間で3650人
100年間で36500人

どうがんばっても
一生の中で10万にも満たない。

異業種交流会とか○○オフ会とか
いっぱい参加すればすぐに友達ができる?

そんなのきっと
次の日には名前と顔が一致しない。

のびこの凝り固まった頭をぐちょぐちょにするような
むかついて本気で討論してしまうような
一緒に笑いながらバカなことやれるような

そんな友達に
あと何人出会えるだろう。

好きになりたい。
嫌いになりたい。

自分ひとりで変われるほど
強くない。

プラスでもマイナスでも
人から影響を受けて化学変化を起こしたい。

他人を知ることで
自分を見つめ直して個を形成していきたい。

変わらないことがとてもコワイ。
安心しきってしまうことがコワイ。
現状に満足したくない。

効率のいい方法を探しているんじゃない。
ただ
「こんにちは。はじめまして。これからもよろしく。」
いつでもそう言えるように
常に心を開いておきたいだけ。
[PR]

by nobiko9 | 2005-08-27 12:46 | 考エル
2005年 08月 26日
A rolling stone gathers no moss.
のびこ
 「最近仕事を辞めたい病です。」

元上司
 「何かあったのか?」

のびこ
 「いえ。特にこれといって。
 ほんと何にもないんですけどね。。

 ○年間働いて、やっぱり
 この仕事をあまり好きになれなかったなぁ、と思って。

 かなりこの業界ではちゃんとした仕事を
 まわしてくれたと思うんで
 これで好きになれなかったら
 今後も好きにならないんだろうなと思ったら
 ちょっとへこんだだけです・・・。」

元上司
 「凹んだり凸ったり。
 色々だな。
 ネガティブな気持ちで次に移るのは良くないので
 私で聞けることであればいつでも言って下さい。」

のびこ
 「うぅぅ。ありがとうございます。
 凹んでいるというか
 現状再認識なんですけどね。。
 次に移る時は
 うきうきな感じでいきますので。
 その時がきたら相談のってください・・・。」

元上司
 「なんか辞めるって決めたみたいな口ぶりじゃんか。
 次に移るときにうきうきでも、きっかけが逃げじゃんか。
 脅すわけでないが、そういう転職って
 うまくいかない確立が大きいぜ。
 でも、違う業界いくなら歳と経験のことも
 かんがえなくてはならないし難しいな。」


何でこの職業を選んだのか。
答えは 「好きじゃなかったから」

仕事でもなければこんなことは絶対にやらないと思った。
好きなことは仕事にしたくなかった。

仕事にしたら
イヤでも見たくない部分を目の前に突きつけられて
嫌いになるのが怖かった。

でも今は、
この生活が後何十年も続くのかと思ったら
ぞっとした。

好きなことだけをして生きていけるほど
甘くないのは分かっている。
今の仕事環境がどれだけ恵まれてるかも分かってる。

好きだから 続ける。
好きだから 辞める。

嫌いだから 続ける。
嫌いだから 辞める。

そんな単純なことじゃないとは思うけど
こんなことだからこそ
単純に決めたい気もする。

それを 「逃げ」 だと言われたら
この業界に入ったことが
いや、仕事をしていることさえ 「逃げ」 だと思う。

A rolling stone gathers no moss.
日本語・・・転石苔を生ぜず

【保守的な英国的解釈】
  人間は一つの会社に長くいてこそ貫禄(=苔)も付き、
  存在感が増すものだ。ころころ職場を変わっているようでは
  いつまでも大成しない
【革新的な米国的解釈】
  苔が付くということは、一つの会社で買い殺されて
  自分本来のバリューを無くしてしまうこと。
  ゆえに人間はじっとしていて苔が付いてしまわないよう、
  常に光り輝いているために動き続けなければならない
               (NIKKEI NET BizPlus 西岡 郁夫氏 より転載

苔生すか
つるつるするか。
[PR]

by nobiko9 | 2005-08-26 16:32 | 考エル
2005年 08月 24日
もんじゃ まぐろ家 / 月島
 
 

  新規ブログへ移行しました → もんじゃ まぐろ家


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-08-24 18:49 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 08月 24日
沌の彼女
地元ではないけど、よく行くダーツバー。
その日は友達の女性とその彼氏と三人で行った。

  のびこ 「ここのお客さんでいいと思った人がいたんだけど
        仲良くなろうとした矢先に”彼女ができた報告”されたんだよね~」

  友達  「そうなんだ。今日はその人いないの?」

  のびこ 「うん。いないみたいだね。」

三人で飲んでいると

カランカラン。

  沌   「こんばんわ~。」

うぅ。きたよ。
しかも彼女づれで・・・。

沌は彼女と二人
のびこ達の後ろに座る。

友達との話も半分に
のびこの視線は沌と彼女に注がれる。

すげーいい雰囲気だ。
じゃれあってるけど嫌味じゃない感じ。

そうこうしているうちに
もう一人のお客さんとのびこ
そして沌と彼女でダブルスすることになった。

  沌 「あ。紹介してないよね。彼女です。
     こちらはこないだ一緒にイベント行ったのびさん」

(分かってます・・・)と思いつつも
  のびこ 「お噂はかねがね(笑)」

  彼女  「え~。どんな噂してるのよ~。」

  のびこ 「この間、嬉しそうに「僕、彼女ができました」
        とのろけられたんですよ♪」

はぁ。
なんか
思っていた以上にダメージが・・・。

多分
不倫をする時の気持ちって
こういうのが始まりなんだろうな。

もうちょっと自分が早く出会っていれば
もしかしたら何かが変わっていたかもしれない・・・。


その気持ちに偶然と故意が重なれば
人は簡単にできないこと、したくない方向に
流れていくんだろう。

そして人はそれを
運命とか必然だと呼ぶのだ。
運命だから仕方ないのだと。

のびこは
運命なんて信じていないので
偶然も故意も回避するのだけど。
[PR]

by nobiko9 | 2005-08-24 01:44 | 恋愛スル
2005年 08月 23日
終了。
地元ではないけど、よく行くダーツバーがある。
そこで何回か出会った沌は
のびこが気に入る人にしてはめずらしく
普通の人。

というか
すげーいい人。
優しいし。

周りに気が使えて
ダーツ初めての人には教えてあげたり
すんごい雰囲気がいいと思ってた。

ちょっと仲良くなりたいかも
と思っていた矢先に
お店のイベントで一緒に遊ぶことになった。

チャーンス♪

当日。

ちょっと遅れて到着したのびこ。

マスターと沌が携帯を見ながら
話をしている。

マスターはにやにや。
携帯を他のお客さんに見せたりしている。

そして
沌の一言。

「俺、最近彼女ができたんです。」



・・・・・・・・・。
始まる前に終わりました。

マスターの携帯に
沌の彼女から 「付き合います」
宣言が送られてきたらしい。

世の中
こんなものです。。
[PR]

by nobiko9 | 2005-08-23 01:04 | 恋愛スル