<   2005年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2005年 05月 31日
幸せとは緊張と不安と恐怖の材料である。
村上龍 「ピアッシング」 より
---------------------------------------
  いつも誰かに傍にいて欲しい、
  一人になるのは我慢できない、
  だけどその誰かが自分に近づき過ぎると
  恐くなってしまう、もっと近づいてきたら
  自分は何をするかわからない、
  だから一人でいた方がいい、という思い。
  ---------------------------------
  優しさなどというものは
  それがいつ破られるのかという
  緊張と不安と恐怖の材料でしかないから
  いつも無意識のうちに相手がいやがり
  怒りだすような態度を見せ
  嫌われるための努力を続けるのだ。
---------------------------------------

幼少時代の親からの愛情の受け方とか
それまでの恋愛の歴史によるものが大きいかもしれないが
のびこはこの考え方に共感する。

たとえば

  大好きな人がいる。
  相手も自分のことを好きだと言ってくれる。
  とても幸せだ。

  でも
  この幸せは本当なんだろうか。

  こんな自分が
  幸せになっていいんだろうか。

  この幸せはいつまで続くんだろうか。
  自分の不用意な言葉で相手を傷つけていないだろうか。
  いつ、嫌われるんだろうか。

  もしかしたら相手はすでに自分のことを好きじゃなくて
  我慢してるんじゃないだろうか。

  怖い。
  嫌われたくない。

こうなってくると
進む道は次のうちどちらかとなる。

  1.そうだ。この幸せは嘘に違いない。
  2.自分のことを好きなら、○○をしても大丈夫なはず。
    ○○って言ったら、こう言ってくれる(してくれる)はず。

そして
  相手の気持ちが自分にないことを確かめるために
  様々な証拠を探そうとしたり、
  相手の気持ちを確かめるようなことを言ってみたり
  わざと相手が怒るようなことを言ってみたりする。

一方相手は、

  なぜこんな行動をするのか分からない。

  今まで幸せにやってきたじゃないか。
  そうか、実はこんな女だったんだ。
  やきもちは焼くし、束縛しようとするし
  そうかと思うと他の男と遊んだ話なんかする。

  意味わからん。
  俺のこと、信じてないのか?
  というか、俺のこと本当に好きなのか?

そうして、二人の溝は大きくなり
気持ちもすれ違っていく。

多分
常に幸せな恋愛をしている人はこの心境をまったく理解できないと思う。
「好きなら相手を信じて大切にすればいいじゃないか」というのは
もっともな意見だと思う。

でも
自分が幸せな状態に慣れていない人間にとっては
それこそ
「それがいつ破られるのかという緊張と不安と恐怖の材料」 でしかない。

これを打開するには
  ・自分は幸せになるべき人間だという自信を持つ
  ・相手が根気よく幸せを与えつづける
ということしかないんじゃないだろうか。
[PR]

by nobiko9 | 2005-05-31 16:17 | 恋愛スル
2005年 05月 30日
REALIZE リアライズ/ 銀座(1回目)(ライブ設置なし)
 
 

  新規ブログへ移行しました → REALIZE


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-05-30 21:22 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 05月 30日
TOEIC前日
土曜日。
日曜日がTOEICのため、少しだけ投げて帰ろうと思い
いつものダーツバーに向かう。
土曜日のくせに、お客がまったくいない。
一見の、なんちゃってダーツをやっている客が二人のみ。

マスターやバーテンと話しながらまったりする。
そろそろ帰ろうかな、と鞄から財布を取り出すと

  (からん、からん)

ダーツ友、登場!!

  のびこ   「お~、久しぶり。」
  ダーツ友 「お、のびちゃん。元気かぁ?」

2年半付き合ったけど、別れそうな彼女の話なんかを聞きながら、
楽しくおしゃべり。
じゃあ、そろそろ、
と腰をあげようとしたところに

  (からん、からん)

ダーツ登場。
コントか、これは・・・。

  ダーツ   「お~、久しぶり。いいところに、いい奴見つけた。」
  ダーツ友 「なんだよ。こえーな。」

  ダーツ  「明日、ダーツのトーナメントがあって一晩中起きてなきゃいけないんだよ。
         どうやって時間つぶすか考えてたとこ。
         お店終わったらみんなで朝まで飲みいこー!!」
  ダーツ友 「あほか!俺は金ねーし、ぜったい寝るから!!」

  ダーツ   「なんだよ。つれないな。ね、バーテンNも一緒に。はい。決まり!」
  ダーツ友  「だいたい、明日試合なら寝ればいいだろ。
          なんで起きてなきゃいけないんだよ。」
  ダーツ   「俺、寝起きって、めちゃめちゃテンションが下がるんだよ。
          だから徹夜してその勢いのまま行ったほうがいいかな、と思って。」

そんな二人の漫才を微笑みながら聞くのびこ。
その後にみんなでライブのパーティーゲームなんかしたりして。

相変わらず、ダーツは調子悪そうだけど
それでも
  ダーツ  「あー、久々おもしろかった。」
って、終わった後に言ってた。

そう。
やっぱり みんなで飲みながら
わいわい ぎゃ-ぎゃ-言いながら
とりとめの ない話をしながら
だらだらと ダーツをするのって楽しい。

結局、二時過ぎに二度目のお会計をして 
立ち上がろうとすると

  ダーツ友 「まさか、帰る気じゃないよね。」
  ダーツ   「はぁ?!なに帰ろーとしてんの。
          朝まで飲むんだから座れよ。」

  のびこ 「そんなことしたら、試験中に絶対寝るから!
        まじ、無理だから!!」

大阪出張で5kg太ったと言うダーツの丸い顔を見ながら
  「ここで帰れるとは大人になったなぁ」
と自画自賛するのびこでした。
[PR]

by nobiko9 | 2005-05-30 16:20 | 恋愛スル
2005年 05月 29日
夢見。
ダーツと

タコの足の唐揚げ食べてる夢見た。

んで、

昔の男と

ラブホテルで鉢合わせする夢も見た。

しかも

向こうの相手は

なぜか男・・・。
[PR]

by nobiko9 | 2005-05-29 09:02 | 恋愛スル
2005年 05月 27日
愛も変わらず。
昨日、久々にダーツがいた。
銀座のANTZに行った帰りに、
調子がいいなーと思って思わず立ち寄ったら、いた。

ううむ。
なんか、太った?(笑)

常連のお客さんが多く、わいわいと楽しい雰囲気。
ダーツはお客さんとメドレーやってた。

だが

  パス、パス、チュン
   ※パス ・・・外れる音
     チュン・・・1本入る音

そう、めちゃくちゃ調子悪い。
こんな入ってないの、初めて見るかも。
当然、機嫌悪し。

なんだかなー。
のびこのことふって、
ダーツがんばるって言って、
いろんなダーツバー行って。

そんなんじゃBURNの招待選手どころか
普通に出れるわけね-よ!!


てか、7月にMJ出んのにそんなんでいーのか?!


そんなことを
他のお客さんと最上級の笑顔で話しながら
横目でダーツの姿をしっかり確認し
心の中で叫ぶのびこ。

嘘かほんとかは知らないけど
少しでもダーツのことを言い訳に使ったんなら
それなりに結果を見せてほしい。
なんて
思ってしまうこと自体、かなり我儘だったりするんだけど・・・。

相も変わらず
ダーツの姿はいつまで見ていても飽きないし
ダーツの声はのびこの中にすんなりと響いてくる。

それでも
苦しくなったり
泣きたくなったり
逃げ出したくなったり
しなくなった分だけ、ましになったかな。

大丈夫。
けっこう、まともに笑えてたはず。
[PR]

by nobiko9 | 2005-05-27 13:46 | 恋愛スル
2005年 05月 27日
チーズ王国 / 池袋
 
 

  新規ブログへ移行しました → チーズ王国


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-05-27 02:04 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 05月 25日
タイフェスティバル / 代々木公園
 
 

  新規ブログへ移行しました → タイフェスティバル


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-05-25 19:37 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 05月 24日
性格、顔、H
人を好きになる理由として
  「性格が合うから」
とか
  「顔がかっこいいから」
という話はよく聞く。

でも
  「Hの相性が合うから」
と公言する人(特に女性)は少ない。
というか、今まで聞いたことがない。

のびこの中では非常に重要視されているカテゴリーなのだが(笑)

当然、
好きだから、お互い分かり合いたい→性格の相性が合っていく
好きだから、顔がかっこよく見えてくる
好きだから、Hがよくなる
と、変化することはあると思う。

根底にあるのは もちろん 「好き」 という感情だ。

しかし
「性格」 も 「顔」 も 「H」 も、どれひとつ抜きには語れないのだと思う。
どれかひとつ突出していても、それだけでは好きにならないし
逆に
どれがひとつまったく合わないとしたら、好きにはなれない気がする。

優先順位は人それぞれだし
すぐにすべてを100% 「好き」 になれるわけはないが
パートナーとして人を好きになったら
のびこはそのすべてを 「好き」 になる。というか、なりたい。

今まで好きではなかったものを好きになったり
最初は全然だったのに、顔を見てうっとりしたり
その人とはものすごくHがしたくなったり

それはつまり
盲目的になり、はまっていくってことで。
ちょっと、怖くもあるのだけど・・・。
[PR]

by nobiko9 | 2005-05-24 19:12 | 恋愛スル
2005年 05月 23日
結婚式
友人の結婚式に行ってみた。
挙式、披露宴、二次会とフルコースを堪能。

終わって 一言。

脱力・・・。

ものすごかった。
幸せオーラ爆裂だった。
世の中に こんな人間がいるのかと思った。

それは
ひがみでもやっかみでもなく。

結婚する花子ちゃんは25才にして始めての彼氏。
付き合って○年。「結婚したい光線」 がんがんの時に
南の島に旅行に行き、海を見ながらプロポーズされ即オッケー。
彼氏の太郎君は見た目もまあまあのいい男。

前に花子ちゃんとこんな会話をした。

  のびこ 「もし、太郎君が浮気したらどうする?てか、キャバクラはあり?」
  花子  「え~?う~ん。
        「もし」 っていうかぁ、ありえないから 「もし」 はないの。
        だってぇ、たろちゃんはそういうの嫌いだしぃ。
        絶対にありえない。」

すごい。ここまで言い切れる根拠が知りたい。

ともかく、その日一日花子ちゃんはとても幸せだった。
「こういう恋がしたい」 という恋をして
「こういうプロポーズがされたい」 というプロポーズをされ
「こういう結婚式がしたい」 という結婚式をした。
自分の気持ちにも相手を信じる気持ちにも、一点の曇りもない。
これ以上の幸せがあるだろうか。

願わくば
太郎君には
花子ちゃんに何も気づかせずに
この生活を続けてもらいたい。

少なくとも
私にはできない恋愛&結婚式だと思った。
[PR]

by nobiko9 | 2005-05-23 21:34 | 恋愛スル
2005年 05月 22日
くいものや チャカ 柏店 / 柏
 
 

  新規ブログへ移行しました → くいものや チャカ 柏店


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-05-22 20:16 | 食ベル(新ブログへ移行済)