<   2005年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2005年 04月 30日
告白、で結局どうすんの・・・vol.2

言い訳はいっぱいあるけど
結局ダーツに電話をした。

なんだかんだ言ってみたところで
声が聞きたかっただけなのかもしれない。

自分一人で綺麗に終わらせられるほど
うまい恋愛をしてきたわけじゃない。


  「ごめんごめん。電話しようと思ってた。
   んで・・・」

  「ちょっと待って!一応、心の準備するから。
   ん。はい。」

  「のびちゃんがどうというわけではなくて、今は彼女必要ない。
   彼女に時間割くのやだし、今はダーツやってるほうが楽しい。」

  「・・・・・・・・・・・・。」

  「付き合ったとしてもかまってあげられないと思う。
   って、聞いてる?」

  「・・・・・・。あ~。うん。受け止めてた。」

  「そういうわけだから。」

  「それはさ、ダーツが今まで付き合ってきた女の子が
   そうだったってだけでしょ。
   私はダーツする時間削ってほしいとか言わないし。
   束縛もする気ないよ。」

  「そうだとは思うけど、そういう問題じゃないんだよね。
   俺の気持ちとしてそう思っちゃうのがやなの」

  「そんなの、どうなるかなんて付き合ってみなきゃわかんないじゃん。
   私と付き合ったらすごい楽しいと思うよ。」

  「今の生活で十分だし、ほんと彼女要らないんだよね。
   彼女できたからダーツ下手になった、とか思うのもやだし。」

  「だーかーらー。とりあえず付き合ってみようよ。
   そんで、だめそうだったらその時に
   「やめる」って言ってくれれば良いから。」

  「なんだよそれ。そんなことできないよ。
   そんなの、俺ただのひどい奴じゃん。」

  「付き合う前に断るほうがひどい奴だよ(笑)」

  「だって、のびちゃんはほんと友達だし。
   ダーツ友とかと一緒になってみんなで遊んでるのが楽しいというか・・・。
   いいじゃん、今までみたいにみんなで遊べば。それじゃだめ?
   付き合うのと何が違うんだよ?」

  「え~~。例えば付き合ったら、「声が聞きたい」と思って電話したり
   「会いたい」と思って会いに行ったりしたい。
   友達でそんなことすんの変でしょ?!」

  「そうか?いいよ。別に電話したり会いに来ても。」

  「はぁ?!できないよ。」

  「もう。俺よりもいい男いっぱいいるでしょ。
   だいだい俺の何が良いわけ?
   俺、そんな良い男じゃないよ。」

  「なんだろね。会いたいとか、話したいとか、
   分かりたいとか分かってほしいとか
   そういう気持ちになるのはダーツだけなんだよ。
   理由なんてないけど、他の人じゃなくてダーツがいいの!!」

  「いい男いるから!見えてないだけだよ。」

  「まぁ、いいよ。今日のところは(笑)
   振られると思ってたし。だめだなぁとずっと思ってたけど
   ダーツの口からちゃんと聞いてみたいなぁと思ったの。
   振られたからといってすぐ 「そうですか」 って言える訳じゃないから
   多分ダーツのことしばらくは好きだと思う。ごめん。」
 
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-30 14:09 | 恋愛スル
2005年 04月 26日
おひとりさま
おひとりさま向上委員会
一人で入ってみたいけど、入りづらいお店は?(Asahi毎週アンケートバックナンバー【第74回】)

--------------------------------
  「おひとりさま」とは、人間として当たり前の個が
   確立できている女性のことです。
   家族や恋人、友人と過ごす時間は大事。
   でも、自分の時間も大切。
   一人の時間も楽しく豊かに過ごせる
   そんな大人の女性のことです。

   「おひとりさま」への道は、究極の女磨き。
   おひとりさま向上委員会では、
   女性一人での食事や旅を応援します。
                             (おひとりさま向上委員会より)
--------------------------------

最近、「おひとりさま」 という言葉をよく耳にする。
調べてみると 「おひとりさま向上委員会」 という
団体まで見つけてしまった。

考えてみると、私は 「おひとりさま」 傾向が強いと思う。
一人でご飯食べるし、買い物するし、海外旅行行くし・・・。


一人で行動する理由は
なんとなく 「一人がいい」 と思うから
という時もあるし
「友達との予定が合わない」 「趣味が合わない」
という時もある。

常に誰かに予定を合わせる、というのはめんどくさい。
そういう意味では一人で行動できることは便利だと思う。


ただ、雑誌やサイトで 「おひとりさま」 という
言葉が使われる時に嫌だなぁと思うのは 
「女が一人で行動すること=すごいこと」
と定義されていてそれを強要されている感じがするのだ。

「やりたいことを一人でやる」 のではなくて
「一人でやるために何かやる」 になってる。


フランス料理とか寿司を普段食べない人が
「おひとりさま」 をやりたくて行くなんておかしい。

だいたい、一人で行動するのが苦手な人を
「個が確立できていない」 と定義すること自体歪んでる。
一人よりも大勢が楽しい時だってある。

もちろん、「おひとりさま」 ブームのおかげで
一人で行きたかったお店に行けるようになった、
という人がいるなら幸せなことだ。


要は、やりたいことがやりたい時にできればいいんじゃないだろか。
そして、そんな環境を造り出せるのは自分たち一人一人の意識だ。

若い女性が一人でバーで飲んでてもおかしくないし
中年男性が一人でケーキの食べ放題にいても問題ない。
その人たちを見る偏見の目こそ「おひとりさま」の一番の敵なんだ。
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-26 13:59 | 考エル
2005年 04月 25日
ブロガーはブロガー
ブロガーに蔓延する「燃え尽き症候群」
人気ウェブログは頻繁に「無断引用」――ウェブログ間の情報の流れを解析

-----------------------------
   新しいコンテンツをサイトに掲載しなければならない
   というプレッシャーはいつも感じている。私の読者の場合、
   電話をかけてきて『一体どうしたんだ?』などと言ってくる
   わけではない。 だがそういったことは感覚としてわかる。
   新しい記事を掲示して、ほんの10分でコメントが
   50件もつけば、いやでもわかる。読者がパソコンの
   前に座って待ち構えている、そんな気にさえなってくる
                              (ITmediaニュース)
-----------------------------

意気揚々と始めてはみたが、こんな状態になってしまう人が
増えているらしい。ブログ自体をやめてしまう人もいるそうだ。

私はブログを始めてちょうど半年経つ。
始めた目的は2つあった。
  「頭の中でもやもやしている思考を吐き出したい」
  「食べたご飯の写真なんかをまとめたい」

私は有名人でも
熱心に布教活動をやっているわけでもないので
見てくれる人はごくわずかだ。

それでも当初の目的を十二分に達成できていることに
満足している。誰かを楽しませるという目的は
付帯的な要素でしかない。

書きたくて書いてる時は楽しいけど
書かされてるように感じたら苦痛以外の
何者でもないんだろう。

ブロガーは作家でも評論家でもコラムニストでも
ないのだから。
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-25 15:16 | 考エル
2005年 04月 25日
告白、で結局どうすんの・・・vol.1
 
 昨日、
 一時間電話で話した。

 なんであんな奴のこと好きなのかなんて
 自分が一番分からない。

 そんなの説明できたら
 苦労しない。

 他にもっといい男いっぱいいるよ。
 ほんとにそう。

 でも
 私は君じゃなきゃ嫌なんだ。

 今に見てろ。
 
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-25 10:27 | 恋愛スル
2005年 04月 22日
風土木 フドキ / 九段下
 
 

  新規ブログへ移行しました → 風土木


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-22 02:04 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 04月 21日
銀座みもざ館 / 銀座
 
 

  新規ブログへ移行しました → 銀座みもざ館


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-21 23:10 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 04月 21日
告白、終了...vol.3
 
現状。
  ・告白して2週間経つがダーツからは音沙汰なし。
  ・私からも一切連絡を入れていない。
  ・告白してから2週間後に初遭遇。
  ・ダーツは私がお店にいると分かっていたにもかかわらず店にきた。
  ・遭遇はしたが一言も話していない。
  ・お店の人の雰囲気からして、ダーツは私が告白したことを
   誰にも言っていない。


ダーツの気持ちになってみる。
・・・うぅ。相当なれない。

が、がんばってみる。


------------------------
  女友達から告られたぁ。
  最近、女っ気なかったからそれはそれで嬉しい。

  でも、付き合うってなるとなぁ。
  今はダーツに集中したいし時間ないし金ないし。
  嫌いじゃないけど、付き合いたいほど好きかって
  言われると、微妙だな。

  返事しなきゃ。でも、断るのってめんどくさい。
  (といってる間に時間は経つ)

  久々に地元の店でも行ってみるか。
  誰がいるかなっと。
  あ、のびちゃんがいる・・・。
  まぁ、他の人もいるし今日はうまい人もいるし
  行っても何言われるわけでもないし大丈夫だろ。

  ふっふふ~ん。
------------------------


あぁ、自分で書いててへこんできた。
今はこれくらいしか考えつかない。

どっちが良いとか悪いとかの問題じゃない。
告白したほうが偉くて、返事しないほうがひどいわけじゃない。

現実そうなっているだけの話だ。


この状況はダーツにとってきっと普通で、なんでもないこと。
今まで育ってきた環境でそういう思考が成り立ってる。


私はああいう形で遭遇するのは「嫌だなぁ」って思うけど

ダーツは
「のびちゃんは嫌だと思わない」と思ってる、あるいは
私のことを考えてすらないってことだけは分かる。


大学時代にある男友達が言っていた。
彼は仲のいい女友達から告白された。
曰く
   「はぁ?何勝手に好きになってんの?!
    俺はそんな態度全然とってないのに!!
    女友達できること少なくて、貴重だったんだよ~。
    なんなんだよ、まったく(怒)」

そう。お怒りだった。
そう。私の考え方だって見方を変えれば変に映るかもしれない。
そう。世の中にはいろんな人がいるのだ。
 
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-21 02:01 | 恋愛スル
2005年 04月 20日
告白、終了...vol.2

 なんで。
 平気な顔して店に来れるんだ。

 まじ、意味分からん。
 ライブを見ればのびこが店にいることは分かるじゃん!!


 午後、バーテンダーからメールが入った。

  「チーズケーキ焼いたんだけど、食べる?
   グルメなのびちゃんのお口に合うか分からないけど。
   こないだのティラミスよりはまともな出来。」


 極力、お店には行かないようにしてたけど
 ダーツは最近ほとんど行ってないみたいだし
 私がいるのを見たら、さすがに来ないだろうと思った。

 油断した。


 ダーツが店に入って来た時、頭が真っ白になった。
 告白した時と同じくらい、心臓がばくばくいい出した。
 ゲーム中だったけど、手が震えてるのが分かった。

 怖くてダーツのほうを向けなかったけど
 他のお客さんと話している声が聞こえる。


 こんなになっている自分に「しょうもないなぁ」と思いながらも
 やっぱりダーツの方は見れなかった。

 当然、誰も気にしている人はいないのに
 すぐに帰るのはなんだか気まずいような気がして
 バーテンダーと取り留めのないことを話しながら帰り時を見計らう。


 いつもよりももっと笑顔で、ダーツに聞こえるくらい
 明るい声出して、笑って


  「もうすぐ1時じゃん。12時くらいかと思ってたぁ」


 なんて言いながら帰り支度をする。

 今、家に帰ってきても
 当然のようにダーツからは何の連絡もない。
 なんだってんだ、まったく。

 まったく。

 まったく、なんなんだ自分。
 もっと、強くなれよ。
 
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-20 01:42 | 恋愛スル
2005年 04月 19日
告白、終了...vol.1
 
 告白して2週間。
 さっぱり音沙汰なし。
 メールもなし。電話もなし。

 「怒る」とか「くやしい」とか「悲しい」とか
 そんな強い感情は出てこなくて


 ただ
 「そんな奴だったんだぁ」って思った。


 そりゃ、
 いくら女に興味なくても、めんどくさがりでも

 考えた結果「付き合えない」の一言くらい
 男らしく言えってんだ、バカヤロー。


 楽しかった思い出も
 きらきらした時間達も
 最後がこんなだからちょっとくすんでしまう。

 相手の気持ちになってみたところで
 「2週間何の連絡もなし」という状態は
 「めんどくさいから」以外に考えつかない。


 プラスに考えれば
 「まだ、のびこへの返事を考えてくれてる」
 になるのかもしれないけど

 そこまで一心不乱にはなれない。


 そんなこと言っても

 「はい、そうですか。さようなら。」って
 簡単には思えないから

 諦める方向でがんばりつつも
 しばらくは忘れられないんだろーな。


 いつまでメールとか着信の履歴が残ってるたびに
 ドキドキしながら確認すればいーんだろ。
 
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-19 16:11 | 恋愛スル
2005年 04月 17日
湘南乃風 カラスリリースパーティー
2005年4月16日。
INFINITY16 meets 湘南乃風 & Friends 2K5
4月6日に発売されたシングル「カラス」のリリースパーティー。
横浜ベイホールにて。

22時OPENだったが会場には24時半に到着。
外には寒空の下、肌を露出した若者達がたむろする。

一歩会場に入ると、人気のなかった外とはうってかわって
なんともいえない熱気に包まれている。
まだ25時前だというのに酔いつぶれて突っ伏している人。
酒を片手にリズムに身を任せている人。

湘南乃風、26時を過ぎて登場!!
SHOCK EYEが、HAN-KUNが、RED RICEが、若旦那がそこにいる。
申し訳ないけどそれまでの人達なんかぶっとばして、ぶっとんだ。
まじ、やばい。きれそう。

レゲエなんて良くわかんけど、好きなもんは好き。
あぁ、気持ちよかった。。

歌ってた曲。
 ・晴伝説
 ・応援歌
 ・カラス
 ・2005年4月6日、大日本警告 J.P.Nへの意義主張
 ・Real Riders
 ・EVERYDAY
 ・Wild Speed

オフィシャルHP
 ・4月22日 ミュージックステーション出演!
 ・4月16日週CDTVでシングル初登場10位!!
いやっほう!!!
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-17 20:36 | 考エル