<   2005年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧

2005年 02月 28日
えらいぞ、赤マフラー。
スノボから帰ってくる車内で

   ダーツ友  「すげー飲みたい。飲みたい飲みたい飲みたい・・・」
           (↑帰り運転のため、温泉後も飲めず)
   ダーツ   「俺もちょっとダーツしたいし、帰ったら店に行くか。」

と言うわけで道具を各家に置いてからお店集合することに。
まずはのびこが降りる。

   ダーツ  「それじゃ、後でお店でね。」
   のびこ  「はーい。」

ふぅ。楽しかったけど、ちょっと疲れた・・・。
さっさと片付けてしまおう。

ボードをお風呂場で洗って、軽く洗濯して干して、一息つく。

   (ぶるる。)

ん?ダーツから電話??

   のびこ  「もっしー。どした?」
   ダーツ  「赤い奴を忘れてるだろ。」

   のびこ  「?赤い奴??なんか忘れたっけ?」
   ダーツ  「ふーん。ちょーあったけー。
          俺、もらっちゃおうかな(笑)」

   のびこ  「あ!マフラーだ。だめだめ、それお気に入りなんだから!!」
   ダーツ  「それだったら早くお店にとりにきな。24時過ぎたら俺のもんね~」

くぅ~。なんかこういう会話ってすごいいい!
なんか、いい!!

ちなみに赤いマフラーとは前に男トモダチからもらったもの・・・。

ちょっと化粧を直して、いそいそとお店に。
めずらしくダーツとダーツ友がカウンターではなくボックス席に座っている。
のびこもそちらへ。

   ダーツ  「ほんとに24時前にきたな。ほれ。」
   のびこ  「ありがと。あ、そっちおいといて。
          でも、マフラーするの苦手って言ってなかったっけ?」

   ダーツ  「なんかこれは気持ちいいんだよ。やっぱ防寒は大切だね。」
   のびこ  「でしょ~。肌触りがいいんだよね。」

   ダーツ  「なんかヨン様っぽい?」
   のびこ  「それは巻き方が違うよ。これをこうやって」
         (といいつつ、マフラーを巻いてあげる)

   ダーツ  「これ、くれよ。」
   のびこ  「だめだよ。もらい物だもん。」

ダーツ友が投げているのでボックス席に横座りになって二人で話す。
なんかいいなぁ。こういうの。

帰り道。
暗くて寒い道を
赤いマフラーを巻いて
ダーツのにおいがちょっとして
幸せだなって思った。
[PR]

by nobiko9 | 2005-02-28 13:00 | 恋愛スル
2005年 02月 27日
みんなでスノボ
スノボに行った。
ダーツ、ダーツ友、のびこ、A子

ダーツ友とは先週ばかな話をしていた。
A子にはもちろん、のびこがダーツのことを好きなのを言ってある。
「好きな人とボードに行く」 だけではない緊張感がのびこを包む。

スキー場は横殴りの雪が降り続き、吹雪状態。
視界は悪く、あたりは真っ白。

A子があまり滑れないこともあって、初級者コースでまったりと滑る。
男性陣二人はがっつり滑るタイプかと思いきや
A子のことを気にしてあげたり、教えたりしている。

   のびこ  「なんか今日は優しいね。
          こないだのびこと行った時は教えてくれなかったのに(笑)」
   ダーツ  「いつもとかわんねーよ。てか、のびこ普通に滑れんじゃん!」

A子だけにでなく
今日のダーツはなんだか優しい。
というか、機嫌がいい??

のびこに雪投げたり背中押したりと、じゃれてきたり
コースの途中で座って話したり。
ダーツの笑顔を見ているとのびこの顔も自然と緩む。

後から考えると
ちょっとはしゃぎすぎたかと心配してしまうくらい。

   ダーツ  「のびこ。あそこの雪、気持ちよさそうだぞ。
          深さも有りそうだし大丈夫だ!」(←ふり)
   のびこ  「ほんとだぁ~。(とびこみ!)」(←のり)

   ダーツ  「なだれ~、生き埋め~(笑)」(ひたすらのびこに雪をかける・・・)


いかんせん、吹雪が強くなってきたので早めに撤収。
立ち寄り温泉に行って、みんなで夕食。
さりげなくダーツとの写真をA子にとってもらったりする。
A子を途中で降ろしてのびこ達は地元へ。

前に行った時もそうだったけど
帰る時はちょっとブルーになってしまう。

でも
前の彼女と付き合うきっかけとか
古今東西の苦手なお題とか
実は小柄な子よりもちょっと身長がある短めの髪の子がタイプとか
ポテトチップスのコンソメは苦手だとか
かまってあげないとすねたりとか

あげたらきりがないくらい
ダーツの新しいとこ発見した。

そんなところに気づくたびに
どきどきして、嬉しくなって、
もっと知りたいって思う。

連絡くれないと悲しいけど
泣きたくなるくらい会いたい時だって 声すら気軽に聞くことはできないけど
考えてるときゅぅって胸が締め付けられて苦しくなるけど

やっぱりのびこは君のことが好きみたいだ。
[PR]

by nobiko9 | 2005-02-27 13:49 | 恋愛スル
2005年 02月 25日
ラブホテル
今週のテーマ:ブログにしか書けない「恥ずかしい話」

高校生の時に彼氏とラブホに行った。
二人とも生まれて初めてだった。

そして
そういうことに関する知識が全くなかったのがいけなかった。

ラブホの仕組みを知らなかったのである。

通常
 1.パネルから部屋を指定する
 2.受付で会計をする
 3.鍵を持って部屋に行く
 4.帰る時に鍵を返して、延長があれば清算する

しかし
初めてで緊張しまくっていた私達は パネルが目に入らなかったのである。

さらに
受付におばちゃんがいなかった・・・。

受付を見てみると前の人が清算したのであろう。
部屋番号が表示されていた。

これを見た私達は
   「きっとこの部屋に入れってことなんだよ」

そのままエレベータに乗り、部屋に。
当然鍵はかかっていないので入れる。

そう
他人の使用後の部屋に入って行ったのだ。

部屋に入ってさすがにおかしいと思って部屋を出たところで
掃除のおばちゃんに遭遇。

   「あんたたち、何やってんの?
    ちゃんと受付してからはいんな!」

苦い思い出です。
[PR]

by nobiko9 | 2005-02-25 00:45 | 恋愛スル
2005年 02月 24日
16分57秒
明日は社外で研修。
いつもより1時間早く起きなくてはいけないため24:30には就寝。

   (ぴろぴろ、ぴろぴろ)

もう、朝か。
って、目覚ましじゃなくこんな時間に電話かよ(怒)

   (あう・・・!ダーツじゃん!!)

   のびこ  「もっしー・・・。」
   ダーツ  「もしもし?土曜日のボードってどうなってんの?」

   のびこ  「こないだメールしたじゃん!
          車借りたよ。1万7000円くらい。
          ほんと人が入れたメール読まないのね・・・。」
   ダーツ  「そんな暇なかったんだよ。
          そうだ。ビンディングどうすんの?」

   のびこ  (それもメールしたよと思いつつ、でも気にしてくれてるのが嬉しかったりして)
         「ダーツ友につけてもらったよ。
          そうそう、お礼の品を渡しそびれてるんだけど
          (↑もちろんバレンタインデーのチョコ)」

   ダーツ  「ダーツ友に渡せばよかったじゃん?」
   のびこ  「ダーツ友には違うの渡した。」

   ダーツ  「すいませんね。何もやってないのにもらっちゃって(笑)」


そんな彼なら捨てちゃえば的には
ほんとこんな奴捨てちゃえば良いんだろうけど。

メール返さないし、まめじゃないし、全くのびこに気がないし・・・。
ダーツ友よ。教えてくれ。
どうしてこいつを落とすのが簡単なんだ。


でも

仕事の合間に電話をくれたり
(↑といってものびこの声が聞きたいわけじゃないと思うけど)

ダーツ友じゃなくてのびこに電話をくれたり
(↑といっても主に動いてたのがのびこなんだけど)

ビンディングのこと気にしてくれたり
(↑でもメールくらいは読んでほしい)

そんな些細なことで喜んでしまう。
そんな16分57秒の 夢との狭間の電話でした。
[PR]

by nobiko9 | 2005-02-24 23:55 | 恋愛スル
2005年 02月 23日
恋愛≒○○
第28回日本アカデミー賞(2005年)の最優秀主演男優賞の授賞式で
プレゼンテーターの佐藤浩市さんが
 「映画を見た人の心に残るような俳優になりたい」
とスピーチしていた。
死んでもなお人の心の中で生き続ける。
後世の人に影響を残すことが出来る。
そんな俳優になりたいと。

文化や芸術の存在意義の一つだろう。
作家、俳優、画家、音楽家、スポーツ選手
自己表現は他者がいなければする気もおきない。
他者に認めてもらいたい、自分の生きた証を後世に残したい
その思いがあるからこそ自己表現なのだ。

でも皆が世間に対して自己表現できるほどの
特異な能力に恵まれているわけではない。

だから
恋愛するのだ。

自分がこの世に生まれてきた意味があると信じたいから
誰かのために生まれてきたと信じたいから

必要とされたい。
「世の中」じゃなくても
「誰か」にとって特別でありたい。

誰にも必要とされず
誰とも分かり合えず
一人死んでいくのは寂しい。

今日ののびこはそんな気分。

---------------------------
第28回日本アカデミー賞 最優秀賞 (2月19日付けアサヒ・コムより)
  作品賞:半落ち
  監督賞:崔洋一(血と骨)
  主演男優賞:寺尾聡(半落ち)
  主演女優賞:鈴木京香(血と骨)
  助演男優賞:オダギリジョー(血と骨)
  助演女優賞:長沢まさみ(世界の中心で、愛をさけぶ)
[PR]

by nobiko9 | 2005-02-23 12:04 | 恋愛スル
2005年 02月 22日
刺客回避
昼食は気をつけて食べなければならない。
いつ、誰に会って、不意打ちを食らうか分からない。
R以外にも刺客は多いのだ(笑)

こあらが籍を入れたことを聞いた。
一緒にお昼を食べたトモダチから。

うん。大丈夫だ。
こないだみたいな衝撃はない。

「あ~、したんだ」 って感じ。

それよりも、あそこで踏ん切りつけて別れてよかったと思った。
あの時別れてなかったら、こあらは今の彼女に出会えてなかったかもしれない。
自分事だけど、別れるか迷っている時に他の女と付き合ったり
結婚されるよりはまだいい気がする。

こあらに対する気持ちは 「愛情」 ではなくなっていると思う。
昔付き合っていた男が結婚してちょっと寂しくなっただけだ。
それがそこまで昔じゃないのと、今のびこに彼氏がいないのがあいまって、
ぐるぐるしてしまったのだ。

結局は自分のことばかりで人のことなんて何にも考えてない、のびこ。
あれだけ一緒の時間を過ごしてこあらのことを全く知らない、のびこ。
こあらの気持ちが分からないと喚いてばかりで思いやりがなかった、のびこ。

こあらが結婚することにショックなのではなく
こあらをそういう気持ちにすることが出来なかった自分の
能力のなさにショック?
やっぱり自己愛か・・・。

「あなたの将来の為だから」 と小さい子供を受験させるように
「あなたのことが好きだから」 と押し付けていたものがなかったか再考。

「付き合っているんだから〇〇してくれて当たり前」 と思い込んでいなかったか再考。

「恋愛」 をしたかったのか
「こあらと恋愛」 したかったのか。

「こあらのような人」 がよかったのか
「こあら」 がよかったのか。

・・・・・・。
ま、もうそろそろいっか。
考えても分かんないし。
終わったことだし。
次がんばればいいのだ。
あくまでも前向きに。
学習あるのみ。
[PR]

by nobiko9 | 2005-02-22 17:35 | 恋愛スル
2005年 02月 22日
愛しきクマ
かなり惚れてます。
毎月の楽しみの一つ。

人間がやってるとあんなにも醜いのに
なんでこんなにかわいいんだろか。

クマ男とクマ子が登場する東京メトロのマナーポスター
今までのメトロのポスターがどんなんだったか思い出せないくらいかわいい。

ポイントはオヤジギャクばりのスローガンと
憎い演出をみせる小物たち。
[PR]

by nobiko9 | 2005-02-22 12:06 | 考エル
2005年 02月 21日
Seems シームス / 恵比寿


  新規ブログへ移行しました → Seems シームス


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-02-21 19:54 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 02月 21日
くろひつじ / 中目黒


  新規ブログへ移行しました → くろひつじ


 
[PR]

by nobiko9 | 2005-02-21 15:42 | 食ベル(新ブログへ移行済)
2005年 02月 20日
愛と恋の違い

愛と恋の違い。

俺がまんじゅうを一つ持っていたとして
半分渡すのが愛。
全部あげるのが恋。


とは、Vさんのお話。
32歳だけど見た目は25歳くらい。
彼女と別れたのに半年気づかなかったくらいのちょっと天然な人。
自分が忙しい時に「飲み会行ってきていい?」と言う彼女に
「行くなよ」と言えない不器用な人。

愛は二人じゃないと生み出すことはできない。
恋は一人でもできる。

なんか最近、考えさせられることが多いです。
[PR]

by nobiko9 | 2005-02-20 16:38 | 恋愛スル