カテゴリ:外ヲシル( 130 )

2008年 04月 15日
サイパンでダイビングする。Part2
 
二日目はボートでディンプルとアイスクリーム
ボートとはいえ透明度が30~40mあってウキウキ

が、ディンプルは流れまくって
何かに掴まっていないと今にも流される勢い

一方アイスクリームではクリーニングポイントで
マダラトビエイに遭遇

石垣のマンタに比べると小ぶりだけど
なんとも優雅に回遊していて見ていて気持ち良かったー
  

写真を見てみる。
[PR]

by nobiko9 | 2008-04-15 18:29 | 外ヲシル
2008年 04月 15日
サイパンでダイビングする。Part1
 
1日目はラウラウビーチとグロット

グロットは絶対に「潜ってきた?」と聞かれる有名なポイントだ

階段を110段ほど下り、洞窟のような場所からエントリー
少しメキシコのコスメルを思い出した

昼を過ぎると外洋からの光がさして、何とも幻想的になる

そしてもちろん帰りは
重い身体と重い機材を抱えて、110段の階段を上ることになるのだが・・・。
   

写真を見てみる。
[PR]

by nobiko9 | 2008-04-15 18:15 | 外ヲシル
2008年 04月 13日
行っちゃう? Part10
 
 特に考えたいことがあったわけじゃない
 綺麗な海が見たくなったから


 なんて言ったらできすぎだろう


 単に休みができたから
 トートバックにダイビングのマスクとパソコンを入れて

 ちょっくらサイパンまで。
  
b0048043_115442.jpg


[PR]

by nobiko9 | 2008-04-13 01:15 | 外ヲシル
2008年 03月 25日
F.E.S.N. in MOTT gallery B-side
  
地下鉄の階段を上りきって携帯を取り出す
久しぶりに緊張している自分に気付く

緊張するってことは落胆させたくないってことで
それはつまり自分を良く見せたいってことだから

でもそんなものはこの期に及んで意味のないことで
期待で胸をドキドキさせながら向かうのが礼儀だと思った


ブログに書いてある道順通りにギャラリーを目指す

商店街から一本道を入ると静かな住宅地が広がっていた
時間が遅くなってしまったので辺りは少し暗い

そんな中、ぼんやりと光っている建物の前には
煙草を吸いながら立ち話をしている人達が見えた

どこの誰かも分からない人間が挨拶をするのも変だと思って
無表情のまま通り過ぎ、2階への階段をゆっくりと上っていく


想像通りの広さのギャラリーには
想像以上にたくさんの人間で溢れていて

部外者の私の登場で会話を止めてしまったことを申し訳なく思いながら
軽く会釈だけしてそのまま写真を見るために移動しようとした

すると輪の中心にいた女性に声をかけられた


「えーっと。お茶とコーヒーとワインとありますけど
 どれ飲みますか?」

「えっ?ありがとうございます。
 それじゃコーヒーお願いします。」

「はい。ちょっと待ってくださいね。」

「あ、あの‥‥。のびさんて、どの方ですか?」

「今、下に行ってるのですぐ戻ってくると思いますよ。
 あのー・・・。もしかして、のびこさんですか?」

「・・・・・はい。」

「キャー!!」


その彼女はやはりエリコさんだった
後ろで風のように微笑んでいる人がshiGeさんだった
なぜだか興奮気味でしゃべっている人がfumiさんだった

まずエリコさんに
横浜でお会いできなかったことを謝った

もちろん初めてお会いしたのに
脳内再生されていた声とピタリと一致していて嬉しかった


ガツ、ガツ、ガツ


階下から人が上ってくる音が聞こえる


「のびさん、のびさん!のびこさんだよ!!」

「のびこさん?!うわー、本物??
 黒い箱じゃなかったんだー!!」


のびさんだった
なんだか数年越しの片思いの相手にやっと巡り会えた気分だった


「すげー。最後の最後でほんと嬉しい!」


私がブログに「行きます」とコメントだけ残したものの
DMの要求もせず、誰にもいついくかの連絡をしなかったため

もう来ないんじゃないかと
そして「のびこ」なんて実在しないんじゃないかと思われていたらしい


DMはメールをするタイミングを逃したからだし
準備で忙しい時期に「いついつ行きます」なんていう
個人的なメールをするのは憚られた

私が行きたいから、勝手に行くだけなのに


こんなに熱烈に歓迎されるとは思っていなくて
こんなに待ち遠しく思ってくれているなんて考えもしなくて

嬉しさよりもずっと驚いてばかりだった


どうしよう
ちょっと、自惚れてしまいそうだ


会場は19時までだったにもかかわらず
20時くらいまでお話をして、ちゃっかり打ち上げに参加して

気付けばのびさんと二人で電車に乗っていた


日曜日のこの時間
都心を走る地下鉄は空いていて

向かいのシートに座っている4人は
それぞれ本を読んだり音楽を聴いていたりした

それらはいつもと全く同じ風景のはずなのに
一つ一つ手にとって確かめないと、現実でないような気がした

本当に夢みたいだ
のびさんと一緒になって電車に揺られているなんて


聞きたいことも話したいこともたくさんあるのに
なんだか私はうまく話すことができない

のびさんからは嬉しい言葉達をたくさんもらった

自慢したいのはやまやまだが
もったいないから誰にも言わないでとっておこう


窓ガラスに自分の姿が映る

あぁ、なんてこったい


今の私はまさしく
ドキムネ以外の何者でもないじゃないか。
   
[PR]

by nobiko9 | 2008-03-25 15:57 | 外ヲシル
2008年 03月 24日
F.E.S.N. in MOTT gallery A-side
    
なんだかんだでこの1週間は家で食事を取れないスケジュールだった
それでも絶対にこれだけはしようと決めていた


  曙橋に写真を見に行く


そう
fumiさんエリコさんshiGeさんのびさんの結成するF.E.S.N.
MOTT galleryで写真展を開催しているから


一軒家を改造したギャラリーの2階には
白い壁に4つの世界が広がっていた

横浜シャシンエキスポよりも
それぞれの世界観が前面に出ているように思った

テーマは同じでも
撮る人によってこれだけ結果が違ってくるのは面白い


自分がいて
相手がいて
他人がいて
全てを取り囲む世界があって

それらに対するスタンスが違うと
見えてくるものも、見たいものも変わってくるんだろう


私も
ああやって歳を取りたいと思った
あんな眼で誰かを見たくなった
あんな気持ちで手を繋ぎたくなった
そして、あんな気分で海を見たくなった


なんか悔しいなぁ
してやったりと思われるの癪だなぁ

でもこうやってザワザワさせてくれるのは
本当に嬉しいなぁ


そんな
ドキムネな初春。
b0048043_19382780.jpg


b0048043_1938378.jpg


b0048043_19384799.jpg


b0048043_19385632.jpg


      
[PR]

by nobiko9 | 2008-03-24 13:50 | 外ヲシル
2008年 03月 05日
ユラユラファンファン
 
タカハシカズヤのライブを聴きに行った

たこ焼きマスターの彼は歌が本業だ
なんとも不思議な繋がりが、未だに続いているのは嬉しい


曲の雰囲気は、彼のブログのタイトルどおり
ユラユラファンファン

精神世界のうねりを見てるよう

スピードの速い遅いはあるけど
速い時だって決して直線にならない

演奏方法自体がそうなんだけど、
波が幾重にも広がっては引いていくよう

それは、水とか空とか群青の夜のようで


そう
絶対に夜


マイスペースで視聴できるので夜中にかけているのだが

いつの間にかぼーっとしていて
いくらでもそうしていることができる


彼と彼の音楽について話をしたことなんて一度もないし
きっとこれからもないだろうけど

私はそう感じている


そして他の出演者の中で強烈だったのがsuzumokuさんという人

ずば抜けていた


直感の他に私がこういうライブに行って判断する基準は
 ・聴いていて気持ちがいいこと
 ・間違えやしないかとドキドキしないこと
 ・歌詞が分かること

三番目が案外重要で

踊りたいなら何語だっていいし、ぶっちゃけ言葉じゃなくてもいい
声は楽器の一つに過ぎないんだから

それを「聴く」ってことは
歌詞も重要だと思っているからだ

どういう仕組みになっているかは知らないが
ギターを弾きながら歌っている人の中には

何を言っているのかまったく分からない人がたまにいる


suzumokuさんの歌は
いつの間にか引き込まれていた

さらにすごいのは
歌詞のせいもあると思うけど

かなり鮮明な映像が頭の中に浮かんできて
まるで映画を観てる気分になったことだ

私が勝手に作った映像を見透かしたように
次の場面を歌ってくれることもあった

初めて聴いたのに、だ


やっぱり
言葉と文字以外で表現ができる人って、すごい。


【リンク】
  タカハシカズヤのユラユラファンファン(ブログ)
  タカハシカズヤ MySpace(無料視聴とPV見れる)
  +suzumoku(ブログ)
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-03-05 14:36 | 外ヲシル
2008年 02月 05日
占われる。part2
 
カードは全部で3枚選ぶ
1枚目が近い過去、2枚目が現在、3枚目が近い未来を示すらしい

今まで真面目に占ってもらったことなど一度もないが
漠然と持っていたイメージよりは格段に良い人だった

近寄ってこないし押し付けもしない

けっこう淡々と、出たカードの意味を教えてくれる
それ以上は話さないし聞きもしない

やってもらってるのに何も言わないのもどうかと思って、こちらから話し出してみる

「これについて占ってくれ」と言ったつもりはないが
結果が恋愛によく当てはまっていたのでそのつもりで話す


  「結構当たってますよ。1枚目のカード"Wait"ですよね?
   1ヶ月程前にふられたんでもう少し時期を待っていたほうが
   良かったという意味に取れますね。」

現在のカードに何が出たかは忘れた
あんまり良くないヤツだったのは覚えてる

  「あ、あと、この近い未来を表すカード。
   まぁ、ぶっちゃけ恋愛に関してはかなり自信なんで
   よく自分のこと責めますね。弱気になるなってことですかね。」

  「そうなんだー。意外だね。
   ものすごいポジティブな考え方してそうなのに。」


よく言われるが、私のどこをどう見たらポジティブに見えるのか教えてほしい
いや、ネガティブを見せたくないがためのポジティブな行動はとっているかもしれない

そしてなぜか別の種類のカードでも占いが始まる

こちらはどれも強気なカード
今、何かやろうとしていることがあるなら頑張れ、みたいな

ブログの移行を始めてるんで、それを頑張れってな意味か


  「こっちも、だいたい当たってますよ。」


それにしてもやっぱり占いってよく分からない
みんな、何を求めてるんだろうか

例えば過去を全て当てられたとしても
その能力はすごいと思うけど今さら変えられないんだから意味がない
というか聞いたところで自分は知ってるんだから楽しくない

例えば未来を全て当てられたとしたら
変わらない未来を当てられてもやっぱり楽しくない


私の考えでは、未来は確定している事象ではない
だからこそ未来を変えていく自分の行動に迷う

その行動は自分が決めるしかなくて
様々な方向性からパターンや可能性を考慮して答えを出す

おそらく私は
占いを聞いてしまってから自分の行動を決めた時に

その行動の結果を占いのせいにしてしまうのが嫌なのかもしれない

とまぁ、生まれて始めての占い経験も
自分にプラスになることを一つ持ち帰れたからよしとしよう


  「それにしてもこのカードの意味、いいですね。」


そこには「You are better than you think.」とあった



  あんたは自分で考えてるよりも、もうちょっとマシなもんなんじゃねーの?


   
[PR]

by nobiko9 | 2008-02-05 10:24 | 外ヲシル
2008年 02月 04日
占われる。part1
 
川の傍にあるその雑貨屋は
3坪ほどの本当に小さな場所で

手作りの雑貨やアクセサリーを販売している

店長もスタッフも本業は他に持っているらしく
夜や週末などの限られた時間で営業をしている店だ


入るなり、客と思われる20歳前後の就職活動中の女性が
男性スタッフに進路相談をしていた

どうやらいろんなことに不安を感じているらしい

なぜだかすっきりとした顔をした彼女が帰ったのと入れ違いに
お茶とお菓子とイナリ寿司を持った年齢不詳の女性が現れた

私の友達はその女性になんちゃらカードで
リーディングをしてもらう約束をしていたらしい

20分ほどで彼女の彼に対するリーディングが終わる


  「そちらの方も、やりますか?」

  「おいくらですか?」

  「いえ。お金はいただきませんよ(笑)
   そういうのではありませんから。」


話しかけられて少々びびるも
こんな機会なんて滅多にないだろうと思ってお願いした

だが
「そういうの」とはどういうのだろう


  「では左手をカードの上において、あなたの夢を思ってください。」

  「へ?夢、ですか?」


どうしよう
「夢」なんてイキナリ言われてきちんと頭の中にイメージできるのなんて
甲子園を目指している高校球児だけだと思っていた

いや。あるよ、ある
でもレベル感というか、どのメッシュで考えていいのか分からない
夢の定義なんて人によってかなり曖昧なものなんじゃないのか?


何か欲しいものある?と尋ねて
聞き手は1000円くらいでプレゼントできるケーキ詰め合わせなんかを想定してたのに

「あるよ。夜景の綺麗な超高層マンション。ちょうだいよ。」
と真顔で言われたら呆れてしまうだろう

いやいや、待てよ
それをどう捉えるか、そこからこの作業は始まっているのかもしれない

そんなことを5秒くらい考え、私は「夢」をイメージしてカードの上に手を置く


そういえば占い全般に興味を持ったことがなかったなぁ

星占いはやってれば見るけど結果はすぐに忘れるし
血液型占いなんて存在するのは日本と韓国くらいだろう

そう考えると女性が好きなものに対して
それは例えば占いとかダイエットとかメイクとかショッピングとかお人形遊びとか

そういうものをきちんとやってこなかったのが
こんな人間になってしまった原因の一つのような気もする


  「はい。それではこの中から3枚選んでテーブルに置いてください。」


カードを切り終わった女性がそう告げる

私は決めていた
最初に選ぶカードは一番上のカードだと

意味はないけど、そこに意味があるような気もした。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-02-04 17:53 | 外ヲシル
2008年 01月 22日
明治神宮外苑 紅葉
明治神宮外苑 紅葉

  住所:東京都港区北青山2丁目あたり
  電話:なし

この日はむかつくほど空が青くて
黄金色に輝くイチョウの葉が、なんて映えるのだろうと思った。

道行く人達は皆、幸せそうで
そんな人ごみの中を一人優雅に闊歩する自分が間抜けだった。

ふられてから1ヶ月が経つというのに
こんなにも強く拒否されていることを感じているのに


まだまだダメみたいだ。

うまく飲み込めない。


ほんと
いい加減にしてほしい、自分。

1ヶ月も前の写真を見て妄想にふけるより
もっとやるべきことが、有意義なことがあるだろう、自分。

b0048043_0334089.jpg


b0048043_033512.jpg




【リンク】
  オフィシャルHP
  Wikipedia
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-22 00:36 | 外ヲシル
2008年 01月 21日
相玄窯の店 木漏れ日 益子
相玄窯の店 木漏れ日 益子

  住所:栃木県芳賀郡益子町益子3435-1 益子陶芸村内
  電話:0285-72-6107

初めての陶芸教室。ろくろに挑戦。
ちなみに「手びねり」は以前どこかでやった記憶あり。

b0048043_2171584.jpg
カフェや雑貨屋など
7店舗が集まった一角

ここにお店を構えてからは
まだ日が浅いそうな

写真は相馬達真先生

b0048043_2172671.jpg
以前は隣のお店の倉庫だったらしい
できたばかりだということもあるが
掃除が行き届いていて気持ち良い

私たちがすぐにできる状態に
土を形成してくれる

ろくろは電動で
一度ペダルを踏めば
同じ速度で回ってくれる優れもの

b0048043_2173722.jpg
最初に説明があって後はひたすら作る

一回聞いても当然分からないので
先生と話しながらまったり進む

話しながらやるとうにゃっとなる
ろくろは自動で回ってくれてるので
手にだけ集中できる

b0048043_2175089.jpg
焼く数で料金が決まるので
2時間で作れるだけ作りまくった

エプロンを貸してくれるが
汚れても良い服を
着ていったほうが無難

b0048043_2182571.jpg
色見本

同じ白でも
風合いが違って悩ましい

b0048043_2184914.jpg
作った中から焼くものだけを選択する

大きさによって値段が違う
作品が2,3個ならトータルで4000円前後

届くまで2ヵ月半ほどかかる
詳しくはHPの費用まとめ

相馬先生は一見寡黙だが、時間が経つにつれて意外な一面を発見した。
最後のほうは3人でぎゃーぎゃー騒いでいた。
それにしても8歳は若く見える。秘訣を教えてほしい。

施設は綺麗だが、最後に手を洗う水場でお湯が出ないのはつらかった。
ろくろを回す時に使う水はぬるま湯だったのに・・・。

変なところで変な力が入るのか
妙に肩が凝って筋肉痛になりそうだった。


益子の陶芸教室はかなりの数があり、迷いに迷う。
今回の決め手は観光協会にリンクがあったことと
お店のHPが見やすかったこと。

いくつか見たが、料金の分かりづらいHPが多すぎ。

こういう体験モノはカフェなんかと違って
いろいろ行き比べてみよう、とできないところがもどかしい。


今回は生徒が私たちだけだったこともあり
最後まで楽しい気分で過ごすことができた。


【リンク】
  オフィシャルHP
  益子町観光協会
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-21 21:14 | 外ヲシル