2008年 10月 30日
My Birthday. Part3
 
彼が祝ってくれた誕生日は本当に幸せだった

たまには少し優雅な夕食に行きたいという気持ちもあったが
そういう場所に慣れておらず興味のない彼にそれを期待するのも酷だと思った

それならば私はケーキの美味しいお気に入りのカフェのソファで
ゆるりとした音楽を聴きながらまったりと話をするほうを選んだ


プレゼントをもらって買い物をして
映画を見てご飯を食べて

そして初めて一緒に夜を過ごした



心から思う

好きな人とするセックスは
なんでこんなに気持ちがいいのだろう



正直に言うと
もしかしたら自分はオカピのことが好きなのかもしれないと思ったことがある

でもそれは一時の気の迷いにすぎなかったんだ

だってオカピとしていてこんな気持ちに
そしてこんなふうに感じたことは一度もなかった


彼の指が唇が
私のどの部分に触れても思わず声が漏れる


  「逃げないで。」

  「・・・っ。だって。。」

  「ほら。暴れないの。俺にしがみついてればいいでしょ・・・。」


私の頭や首や腰を支えている彼の手がなければ
とてもここに留まっていられる気がしない

私よりいくつも年下だなんて思えない
5年以上もエッチしてなくて経験があまりないなんて信じられない

1度自転車に乗れた人は
10年乗ってなくても乗れるようなものなのか


いや
なんかもう

そんなことはもうどうでもいいや


一緒にいて楽しくて彼をもっと笑顔にしたくて
笑ったり食べたり話したり普通のことを普通にして

そうやって二人で時間を過ごしていくのは素敵だなぁ



精進します
大切にします

だから
これからも

どうぞよろしくお願いします。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-10-30 10:09 | 恋愛スル


<< 遊びすぎ。      My Birthday. Part2 >>