2008年 10月 06日
恋に落ちる。Part8
 
疲れているけど気持ちよくて
手を繋ぎながらウトウトとしていた

まどろんだ思考の中で
あの最初のドライブから何日が経ったのだろうと考えていた

そして他人とこんなに一緒にいて飽きないのも
久しぶりのことだなぁと考えていた

視線を感じて目を開けると、目の前で彼が携帯をこちらに向けていた


  「うあっ!撮ったの?!」

  「なんか、ちょー気持ち良さそうな顔してたから(笑)」

  「や。まじ無理。撮ったでしょ?」

  「撮ってない、かもしれない(笑)」

  「ちょっと携帯見せて!」

  「大丈夫。撮ってないってばー。」


携帯を間にしてそんなことを言い合う


  「写真てどこに保存されるんだっけ?」

  「ほら。何も入ってないでしょ?」

  「うーん・・・。」

  「知ってる?写メの保存先って変えられるんだよ?(笑)」

  「ちょっ。ほんとに撮ってないよね?!」

  「ほんとだって。ほら。」


携帯を覗き込む二人
なんだか距離が近いような気がする


  「撮ってないでしょ?」


少し引き寄せられたような気がして


  「ん。」


間違いじゃなく抱き寄せられて


  「ね。」


額と額が触れ合って


  「・・・。」

  「・・・・・・。」


頬と頬が重なって
しばらくお互いの体温を感じていた

彼は香水なんてつけてないはずなのに
なぜだか甘い香りにクラクラとして

そして
それ以外に何をしていいのか分からないくらい自然に



キスをした。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-10-06 09:43 | 恋愛スル


<< 恋に落ちる。Part9      恋に落ちる。Part7 >>