2004年 11月 11日
便利な世の中はのびこの睡眠を奪う。
のびこ(私)はダーツ(彼)に片思い中。
ダーツバーに行けば、たいてい会える。
仕事が忙しくても、次の日早くても
ライブでいるのが分かっちゃうと ついつい足が向いてしまう。

今日ものびこはタクシー帰り。

 運転手  「お客さん。そろそろ着くけど。どっち行くの?」
 のびこ  「2つ目の信号を右曲がってください。」

はぁ、今日もこんな時間なのに 行ってしまうのびこ・・・。

   「カラン、カラン」

いるいる。
遅くなっても 顔見れるだけでちょっと疲れが取れるなぁ。

でも、明日も朝から客先で早いので ご飯食べたらさっさと帰ろう。
2:00くらいに会計を済ます。
すかさず

  M氏   「あれぇ~。のびこ、もう帰んの?!俺とクリやってないじゃん。」
  のびこ 「帰るよっ。明日も早いもん!!」
  ダーツ (のびこをちら見・・・。したような気がする・・・。)

うぅ。忍びない。
ここでふんばらなければ 明日つらい。
ダーツなんて また今度お店にくれば会える。

で、でもっっ。

のびこ 撃沈。。。


帰宅 4:00。。。



ばかのびこ。


何で 見てるだけでも飽きないんだろ。
何で 彼女持ちでもいいだろ。
何で 楽しいだけじゃなくてもいいんだろ。

でも
そのうち

絶対に 今だけじゃ満足できなくなる時が来る。

もっと ダーツの時間がほしくなる。
もっと ダーツの生活に私をいれてほしくなる。
もっと ダーツに好きって言いたくなる。
もっと ダーツに好きになってほしくなる。

人間は「忘れる」という機能が備わってるから
人生に絶望せずに寿命をまっとうできるのだとは思うけど
忘れちゃいけないことも いっぱいあるんだよなぁ。

人を思いやること、謙虚さ、愛されているという幸せ、ただ相手の幸せを祈る喜び

人が忘れて、変わっていくとしても
それは 幸せに向かっての いい意味での変化だと思いたい。

とりあえず
のびこはダーツがものすごく好きで 君が幸せになれることを祈ってるよ。
[PR]

by nobiko9 | 2004-11-11 21:22 | 恋愛スル


<< つばめグリル 品川駅前店 / 品川      FiGARO フィガロ / 築... >>