2008年 08月 23日
彼に会う。Part4
 
黙々とダーツをするか
仲の良い常連と馬鹿な話をするか

しかしそれはどちらも叶わなかった


店は珍しく混んでいてダーツなんてできる状況じゃなかったし
そのせいで唯一空いていたのはカウンター隅の知らない人の隣だった


  「のびちゃん!うおーい、いらっしゃーい。何にする?」

  「うーん。ジンバック、辛口ジンジャーで。」

  「珍しい。お酒だ?」

  「たまにはねー。」


飲めない私にとって
こういう時のためにお酒があるのだと思う

大丈夫
カクテル1杯じゃ酔っ払いにはならない


何となく携帯を覗いたり
ぼんやりと店内を見渡したり
空いている隙を狙って軽くダーツを投げたり

そうこうしている間にお客さんが大分引いていき
スタッフに促されて席を移動した

左隣にはいつも顔を見る常連さんが座っていて

その彼は私がこのお店に通い始めた頃から知っている人で
たまにはダーツでダブルスをやったりするけど

こうやって1対1で話すのは初めてかもしれないと
京都出張の愚痴などを言いながら思っていた

調子に乗った私はついさっきの駅での出来事を口にした


  「実はさ、さっき。駅で昔付き合ってた人にバッタリ会ったんだ。」

  「まじで?!」

  「うん。数年ぶりだった~。びっくりした~(笑)」

  「そんなことあるんだね~。」

  「学生時代に4年半付き合ってて、その後グダグダしてて
   結局8年くらいの付き合いだったのかな。」

  「中学、から?」

  「ううん。中学卒業してからすぐ。なんかちょっと太ってた、かな(笑)」


彼はすでに結構飲んでいたらしく
普通に見えるようでも実は酔っ払っていたのかもしれない

普段なら絶対に話さないような前の彼女の話や
その彼女と別れた後のゴタゴタを話してくれた

さっきまで感じていた正体不明の感情がどんどん薄れていく

今私の隣にいるのが、何の事情も知らず、私にも興味がなく
それでも笑って話をしてくれるこの人で本当に良かったと思う


  「なんか飲もっかなー。何にしよっかなー。」

  「いいよ、おごるよ?1杯くらい。」

  「ほんと?それじゃ・・・
   マリブコークいただいてもよろしいでしょうか?(笑)」

  「はい、どうぞ(笑)」


大丈夫
カクテル2杯じゃそこまで酔っ払いにはならない
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-08-23 05:24 | 恋愛スル


<< 彼に会う。Part5      彼に会う。Part3 >>