2008年 07月 15日
オカピとデートする。part2
  
一呼吸置いてから私はゆっくりと、だが一気に話し出す



  別に理由なんてないよ。
  暑いのもあるし、体調が良くないってのもある。

  でも、待ち合わせした時にあなたが送ったメール。覚えてる?

  「予定より早く行けるかも。早めに行って買い物でもしてて」

  凄くイラっとしちゃったの。うん、知ってる。
  理由なんて分からないよね。

  ああいう言い方がすごく嫌いだけ。
  なんで常に私はあなたの行動を基準に動かないといけないわけ?

  誤解しないで。
  早く会いたくないってわけじゃないんだよ。

  そこにはさ「私は早く来てあなたを待っていて当然」
  「常に俺の為に時間を使ってほしい」って気持ちが見えて
  それを強要されている気分になるの。

  例えばさ「私に何か用事があるかもしれない」とか
  そういうことって想像できないわけ?

  「予定より早く行けるかもしれない。
  本屋にでも行ってるから、もし早く着くようだったら連絡して?」
  くらいのことは言えないわけ?

  そんなことをね、普通の時はなんでもなさすぎてスルーできるんだけど
  今日みたいな日は思わず言ってしまいたくなるの。



と言い終わってオカピの方に向き直したところで
エレベータの扉が開いた


  なんてことを言ってもしょうがないでしょ。
  単に「あなたはこういうメールを送る人なんだ」
  って、そう思うだけだから。ついたよ。


エレベータを降りてぐるりと店内を見渡す
どの席に座ろうか考えながら

そうか、驚いたことを取り繕おうとすると
この人はこういう顔になるのか、と妙に納得した


そのカフェはビルの屋上にあって
店の半分はテラスになっている

外は晴れていて、大きな空が気持ちいい


あぁこれだけで
私はこんなにも満たされた気持ちになれるのに。
  
[PR]

by nobiko9 | 2008-07-15 23:19 | 恋愛スル


<< シェラトン都ホテル東京 白金      オカピとデートする。part1 >>