2004年 11月 05日
ブルーもしくはブルー / 山本文緒著
「あの時 あの男と付き合っておけば 今の自分の生活とは全く違う幸せがあったかも・・・。」
と思う女性は多いかもしれない。

ブルーもしくはブルーはそんな女性の心をかき乱す話だ。

主人公の女性がドッペルゲンガー(?)である自分に出会う。
その女性は過去に自分が別れを選んだ男と結婚していた。

この中では女性の汚い部分がたくさん描かれている。
自己中心的で わがままで リスクは負わない 他人の幸せが妬ましく
現状に満足できない 楽しいことは大好きだけど
それは今の安定した生活は手放したくない。

よく 女性は恋人に愛情を抱かなくなっても 次の恋人が現れるまでは別れない
   男性は恋人に愛情を抱かなくなった時点で 別れを切り出す
と言われている。
相手への愛情よりも まずは 自分が安全であることを選んでしまうのだろうか。


主人公の女性は互いの生活が妬ましく 入れ替わって生活することになる。


お金、愛情、時間。
ある時に不幸で、ない時に幸せを感じたりする。
自分の中の価値観でしかはかれない。 その価値観だって 変化していくものだ。

今の自分には何かが足りない。
こんなはずじゃない。
私は特別。
ほら、その角を曲がれば違う幸せがあるかもしれない。


そんなことって 絶対無い。



自分が生きてきた結果以上の成果を生むことはできない。
「運」だって 自分の力だ。 力のない奴に「運」なんかない。


以下、内容
---
広告代理店勤務のスマートな男と結婚し、東京で暮らす佐々木蒼子。
六回目の結婚記念日は年下の恋人と旅行中…そんな蒼子が自分のそっくり
「蒼子B」と出くわした。彼女は過去の記憶をすっかり共有し、昔の恋人河見と結婚して、
真面目な主婦生活を送っていた。全く性格の違う蒼子Aと蒼子B。ある日、
二人は入れ替わることを決意した。誰もが夢見る「もうひとつの人生」の
苦悩と歓びを描いた切なくいとおしい恋愛ファンタジー。万華鏡のような美しい小説。
[PR]

by nobiko9 | 2004-11-05 23:14 | 考エル


<< ☆大好きな彼と 合コン・・・☆      ☆初デート?☆結果発表 >>