2008年 03月 07日
意味もなくへこんでみる。
 
彼は言う


 俺は奉仕するSだから
 求められたらそれに答えたくなるんだよ


会社ではいつも自信に満ち溢れている彼が
こんなにも弱さを見せる人だとは思わなかった

嫌われるのが怖くて、突き放されるのが怖くて
捨てられることになんか耐えられなくて

自分を否定されたくないから
受け入れるものは求めてくるものの中から選んでいく


なぜだかすべてが嘘みたいだ
現実の出来事だとうまく認識できない

腕の中にいる瞬間すら、何かの間違いなんじゃないかと思う

私はどうすればいいか、どう言えばいいかを分かっていて
それをなぞっているに過ぎない

こんな冷静に恋愛をした覚えなど、一度もない


彼について書きたいと思うことがないのも
ましてや書くための名前さえなくていいと思うのは

それだけ思い入れがないからに他ならない

名前があってこそ概念が生まれるのであって
名前がなければこの世界に存在しないのと同じことだ

それほど彼は私の中で、曖昧なままだ


曖昧で、輪郭がなく、ぼやけていて、実体がない

彼の目にはいったい
私はどう映っているんだろうか。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-03-07 09:57 | 恋愛スル


<< 言葉の効用 part1      ユラユラファンファン >>