2008年 03月 05日
ユラユラファンファン
 
タカハシカズヤのライブを聴きに行った

たこ焼きマスターの彼は歌が本業だ
なんとも不思議な繋がりが、未だに続いているのは嬉しい


曲の雰囲気は、彼のブログのタイトルどおり
ユラユラファンファン

精神世界のうねりを見てるよう

スピードの速い遅いはあるけど
速い時だって決して直線にならない

演奏方法自体がそうなんだけど、
波が幾重にも広がっては引いていくよう

それは、水とか空とか群青の夜のようで


そう
絶対に夜


マイスペースで視聴できるので夜中にかけているのだが

いつの間にかぼーっとしていて
いくらでもそうしていることができる


彼と彼の音楽について話をしたことなんて一度もないし
きっとこれからもないだろうけど

私はそう感じている


そして他の出演者の中で強烈だったのがsuzumokuさんという人

ずば抜けていた


直感の他に私がこういうライブに行って判断する基準は
 ・聴いていて気持ちがいいこと
 ・間違えやしないかとドキドキしないこと
 ・歌詞が分かること

三番目が案外重要で

踊りたいなら何語だっていいし、ぶっちゃけ言葉じゃなくてもいい
声は楽器の一つに過ぎないんだから

それを「聴く」ってことは
歌詞も重要だと思っているからだ

どういう仕組みになっているかは知らないが
ギターを弾きながら歌っている人の中には

何を言っているのかまったく分からない人がたまにいる


suzumokuさんの歌は
いつの間にか引き込まれていた

さらにすごいのは
歌詞のせいもあると思うけど

かなり鮮明な映像が頭の中に浮かんできて
まるで映画を観てる気分になったことだ

私が勝手に作った映像を見透かしたように
次の場面を歌ってくれることもあった

初めて聴いたのに、だ


やっぱり
言葉と文字以外で表現ができる人って、すごい。


【リンク】
  タカハシカズヤのユラユラファンファン(ブログ)
  タカハシカズヤ MySpace(無料視聴とPV見れる)
  +suzumoku(ブログ)
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-03-05 14:36 | 外ヲシル


<< 意味もなくへこんでみる。      知る行為。知りたい興味。 >>