2004年 11月 01日
マネー・ハッキング / 幸田真音著
地道に働いてきた女性行員が、ある日ハッカーの手伝いをすることになる。
それは20年間尽くしてきた銀行にリストラを言い渡された日。
自分は誰かに必要とされているのか、自分には何ができるのか・・・。

外資系の中で花形ではない事務屋として働く女性の葛藤を描き、同時に
経済に詳しくない人でも、外資金融の一面をすんなり理解することができると思う。


シチュエーションが「銀行」やら「インターネット」などとなっているけど
主人公の女性は、別に主婦でも構わないのかな(笑)

言い換えれば
 「ずっと夫(会社)に尽くしてきたのに、突然離婚(リストラ)を言い渡された。
  私はこれから、何を生きがいに生きていけばよいのかしら。」
という主人公が、自分の本当に生きる場所を探し出しそれに向かってがんばっていこう!
で終わる。

誰か(何か)に依存している人は強いようで弱い。
依存する核心は自分自身の中にないとだめなのかもしれない。

そして、自分以外の誰かに生きる糧を求める場合は、決して見返りを求めてはいけない。
会社、夫、子ども、に対して無償の愛を捧げている間は、なりふり構ってないので
そーとー強い。
でも、それを一度見失ったら、自分の進むべき道も見えなくなってしまう。


「誰かのため」と思っていても、結局は「自分が生きるため」なのだから。



以下、マネー・ハッキング内容
---
ネット金融犯罪!この驚くべき巧妙な作戦とは?
インターネットを使って、外銀ディーラー、女性銀行員、青年ハッカーの3人が、
恐るべきマネーゲームを始めた!
銀行の決算業務、デリバティヴ、債券市場の仕組みを巧妙に操り、
瞬く間に数億円を稼ぎだす。世界を舞台にするオプション取引の凄い手口とは?
迫力ある金融犯罪小説。『インタンジブル・ゲーム』改題。
[PR]

by nobiko9 | 2004-11-01 20:44 | 考エル


<< ☆初デート?☆当日朝なのに・・・      ☆初デート?☆明日に迫る!!その2 >>