2008年 01月 09日
聖なるクリスマスの正しい過ごし方。Part13
 
時間になりいざ陶芸教室のドアを開ける
ここは虎が見つけてくれた"ろくろ"の体験教室だ


  「こんにちはー。よろしくお願いします!」


綺麗な室内は天井が高く
もしかしたら倉庫を改装して使っているのかもしれない

若い男の先生が一人
この時間の生徒は私たちだけだ

ぎゃーぎゃーと騒ぎながら準備を進める
初めての体験に心なしか緊張している自分がいる

でもそれ以上に
期待と興奮が勝っているのがはっきりと分かる


足でゆっくりとペダルを踏み込むと
それに合わせて静かにろくろが回りだす

たっぷりと水分を含んだ両手を
冷たい土にそっと沿わせていく

気持ちいい
ちょっとした動きで大きく形が変わる

神経を集中させる
話しながらやると100%失敗する

隣を見ると虎の作業は順調に進んでいるようだ


  「どっちが上手いか勝負だー。」


なんて言いながら始めたけど
自分の気持ちの不安定さを証明するかのような出来に
私は思わず苦笑いを浮かべた


  「はーい。それじゃ今作ってるので終わりにしてください。」


先生が言う
予定していた2時間が終了した

私はお椀のようなカップのようなものを2つ焼くことにした


  「作品の裏側にイニシャル、色の番号、それと今日の日付入れますから。」

  「ぷぷっ。」


虎の笑い声が聞こえた

考えてみれば
男と二人でクリスマスイブにゴーストよろしくロクロを回して
カップを見るたびにそこには「2007年12月24日」って書かれている

もんすんごいハズカシイワ・・・・・・


  「先生。どうにか日付変えてもらうことってできませんかね。
   23日でも25日でも。24日だけは・・・。嫌です・・・。」

  「ぷぷっ。いや、無理です。はい、絶対日付は変えられませんね(笑)」


そんな阿保な会話をしながらも無事に作業を終え
外に出ると辺りはすでに真っ暗だった


  「ご飯どうする?」

  「食べると帰りたくなくなる時間になるから
   今日はさっくり帰るわ。」

  「そっか。分かった。」


二人で車に乗り込む

勢いよく後ろに流れていく光の群れを眺めながら
私は彼との不思議な関係を思い返していた。
 
[PR]

by nobiko9 | 2008-01-09 09:23 | 恋愛スル


<< 聖なるクリスマスの正しい過ごし...      groovetime グルーブ... >>