2007年 12月 25日
聖なるクリスマスの正しい過ごし方。Part2
 
2週間前にメールがきた

クリスマス3連休の初日
22日のランチのお誘いだった


  前に渋谷で朝ごはんだけ食べて散歩して帰りたいって話を
  していたと思うけど、お昼ご飯食べるってのはどうでしょうか?
  公園近くのフレンチのお店で、味と雰囲気はとてもいいです。
  次の土曜日に行く予定なんですが一緒にいかがですか。


1ヶ月ぶりにこういうメールを送る男を
私はきっと好きにはなれない

京はそういう男だった


一瞬、迷わなかったといえば嘘だ

でもそれは
京を傷つけるかもしれないとか
誰かに対する罪悪感なんてカケラもなくて

ただ
食事をしている時に目の前に京の顔があったら
味と雰囲気をきちんと楽しめるだろうかという

その1点だけだった


金曜日
無性に一人になりたくなかった私は

最近仲良くなった友達の祥吾が投げている
ダーツバーに遊びに行った

祥吾と祥吾の友達と3人で23時過ぎまで投げ
カラオケに行って2時間半歌い

朝までまた別のダーツバーで騒いだ


家に帰って3時間だけ寝て
風呂に入って化粧をしてブーツを履いた

イヤホンが片方壊れたMP3プレーヤーは
当たり前のように一定のリズムで音を刻んでいた

雨が降りそうだった

誰にも「行け」とも「行くな」とも言われていないのに
私はこの選択をすでに後悔し始めていた


それはきっとすべて
天気のせいだと思いたかった
 
[PR]

by nobiko9 | 2007-12-25 17:54 | 恋愛スル


<< 聖なるクリスマスの正しい過ごし...      聖なるクリスマスの正しい過ごし... >>