2007年 12月 18日
ちょっと待てよ。
 
彼は優しい


「はいはい」って笑いながら私の頭を撫でる


それがとても心地よい

何も求められてなくて
可愛いと言ってくれて


あぁ、私は

あんなにも嫌悪していた
女の子になりたかったのだと気付かされる

一人じゃ何もできなくて
男に頼ってばかりで甘えたがる

誰かを守りたい、幸せにしたいなんていうのはすべて嘘っぱちで
誰かに守られた安全地帯で幸せになりたいと思っている

自分では努力なんてせず
他人の力で、誰かが運んでくれる幸せを望んでいる


彼は私のことを何も知らない

私が毎日のように
こんなにグダグダと思考していることを知らない

知らないからこそバランスがとれている


弱っている時に
こういう人に出会っては、いけない。
 
[PR]

by nobiko9 | 2007-12-18 14:50 | 恋愛スル


<< 昔の男からの誘い。      飛んでいきたい。 >>