2007年 11月 13日
梅と紅葉を見に行く。Part5
 
乗り場近くの駐車場に車を停めて外に出てみると
さっきまでの天気が嘘のように、青空が広がっていた。


  「わー。青空満開だね。
   やっぱり日頃の行いがいいからかなぁ。」

  「はぁ?誰のだって?」

  「うちらの!」

  「ちげーよ。きっと
   ものすごく行いのいい人が紅葉見に来てるんだよ。」

  「なるほど。それでうちらの悪行が相殺されてるのか(笑)」


空気は澄んでいるけど寒くは無い。
ウキウキと軽い足取りで乗り場に向かう。

出発までは10分ほどあって
乗り場では年配の夫婦や家族連れが船を待っていた。


乗船時間は1時間ほど

中に座ることもできたが
せっかくなので外に出て見ることにした。

雲ひとつない青空をバックに
男体山がくっきりと浮かび上がる。

全ての色が太陽の光を浴びて
生き生きとしてきたようだ。

湖面がキラキラと光り
鏡のように風景を映し出すのもまた美しい。


左隣には梅がいる。

私は紅葉を撮るフリをして
こっそり梅の横顔をカメラに収めた。


  「ん?」

  「なんでもない。寒いから風よけね。」


そう言って梅の背中に隠れる。
うん。多分うまく撮れているはずだ。


ゆっくり1時間かけて湖を周った船が
乗り場に戻ってきた。

華厳の滝を見て、お昼を食べ、竜頭の滝を見る。

徐々に観光バスが目につくようになったものの
依然として並ぶことも待つこともほとんどなかった。

そのまま戦場ヶ原まで足を延ばす。
歩くのが好きな梅は心なしかウキウキとしているようだ。


遊歩道が整備されているので歩きやすい。
時折すれ違う人とは「こんにちは」と声を掛け合う。

旅先ではみんなが穏やかな気持ちになるようだ。

この気持ちをいつも持てたら
すれ違う人と笑顔で挨拶をしていたら

日本の犯罪率は半分以下になるはずだと、くだらない事を思った。


なんだか行く手がザワザワしている。
目を凝らすと紅葉ではない鮮やかな黄色や紺色の群れが見えた。
 
[PR]

by nobiko9 | 2007-11-13 16:11 | 恋愛スル


<< 梅と紅葉を見に行く。Part6      梅と紅葉を見に行く。Part4 >>