2007年 11月 08日
梅と紅葉を見に行く。Part1
 
日光まで紅葉ドライブに行った。

夜明け前。
梅が家の前まで迎えにきてくれる約束だ。


  起きてるよな?
  ガソリン投入中
  もうすぐなり

  ゆっくりきて!


ちゃんと起きただけにのんびりしてしまって
あたふたととりあえず返信だけする。

結局、車の中で10分くらい待ってもらう。


  「ごめん!おまたせ!」

  「ほら。行くぞ。」


忙しなく車に乗り込み出発する。

梅の車は雪山仕様の4WD。
8人は乗れるんじゃないかと思うほど広くて
殺風景で、機能性重視の車。

窓から外を見ても空はまだ暗くて
建物の輪郭がぼんやりと浮かび上がっている。

道路の上にはトラックが多くて、いったいこの中に
私達のようにお気楽に紅葉狩りに行く車なんてあるんだろうか。


  「普段はさ、全然起きられないのに
   こういう時だけちゃんと起きられるのは
   どういうわけだろうね。」

  「さぁ。ウキウキしてるからじゃねーの?」


確かに。

朝の慌しさの中で少し薄れたけれど
梅と二人でドライブに行くウキウキ度はかなり高い。

私達はFMラジオを聴きながら
ほとんど会話もなく高速に向かう。


それにしても。

私はチラリと隣の男を見る。

うーん。
車を運転している姿って素敵だ。

特に、手。
梅の手は大きくて、指が綺麗でセクシーだ。


そんな自分の視線が熱をもっていることに気付かれそうで
そんなわけもないのに慌てて目をそらす。

目をそらして空を見る。
空が少しずつ明けていく。

天気予報では雨かもしれないと言っていた。
昨日までは雨でもいいと思っていた。

でも。
空の切れ間から射すオレンジ色の光を見ていたら
やっぱり今日くらいは晴れて欲しいと思った。
 
[PR]

by nobiko9 | 2007-11-08 16:15 | 恋愛スル


<< タッチライバー。      NEW ZEALAND TRA... >>