2007年 11月 05日
「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展 / 森美術館
 
「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展
 会期:2007年10月13日~2008年1月14日
 場所:六本木ヒルズ森タワー53階 森美術館
 入館料:1500円(東京シティビュー込み)

b0048043_15251367.jpg


写真も、絵も、映像も
全く知識がないだけに楽しめた。

だって古典もままならないのに
現代アートなんて全然知らない。

でも。美しいものは美しいし
意味が分からなくても、気になるものは気になる。

なぜここで立ち止まってしまうのか、という
理由を考えるだけでも面白い。


この作品の何が私の感性に訴えてきたのか。
この作品に何を見たいのか。


できるなら

1回目は事前学習なく
2回目は作品の解説を聞きながら見たい。


個人的には
入り口入ってすぐ右手にあるでっかいパネルが好き。

あぁ。作者の名前くらい控えてくればよかった・・・。


それにしても1500円。

展望台込みの値段というのが
安いのか高いのか分からなくさせてる。

だって。
あの夜景を見たら。

それだけで全てを許してしまいそうになる。

六本木という土地柄も含めて
なんてデートに最適なスポット。

b0048043_1525497.jpg


b0048043_1526289.jpg





 
なんで現代美術を見に行ったかといえば
男に誘われたから。

その昔、私に告白した男。

それはもう酷いことをして
私にウンザリして、これ以上ないくらい懲りているはずなのに

人間て、成長しない動物なんだ。

この1年くらいまったく連絡をとっていなかった。
そして突然、メールが入った。


  久しぶりです。お元気ですか?僕はまだ○○に住んでいます。
  ところで土曜日に神楽坂に行くつもりなんですが
  よかったら久しぶりに会いませんか?前に行った
  中目黒みたいな雰囲気の場所なのでぜひ一緒にと思って。

  お久しぶりです。
  残念ながら土曜日は用事があって夜まで横浜のほうにいるんです。
  せっかく誘ってくれたのにごめんね。今月だとアカギカフェという
  赤城神社の中にあるカフェで合同写真展やってるはずです。
  友達も出してるので良かったら行ってみてくださいね。

  お返事ありがとう。
  土曜が無理なのは残念だけどまたの機会に誘いますね。
  アカギには元々行こうと思っていました。
  写真展もチェックしてみます。ではまた。


1回目のお誘いメールは普通に断った。
しばらくして2回目のお誘いメールが入った。


  来週の土曜日に森美術館に一緒に行きませんか。
  六本木クロッシングという現代美術の特集が
  始まったので野比さんと見たいなと思って。
  傍にある展望台から夕焼けも見れるいい場所です。
  行けるならお昼過ぎ二時に現地集合でどうでしょう。
  無理だったらいつがいいか教えてください。


私なんかと現代美術を見て
何が楽しいのだろうかと思うが

きっと彼の価値観の中で私は、そういう位置づけなのだろう。

美術鑑賞して、夜景を見て、美味しいご飯食べた後
「青山まで散歩しよう」というお誘いをさっくり断って帰ってきた。

友達と美術鑑賞はいい。夜景はついでだからしょうがない。ご飯もまぁ、いい。
でも。夜のお散歩はイヤダ。


なんでだろう。

私があれほどヒドイことをしたのを
まさか忘れたとは言わせない。

それを上回るほどの楽しい思い出があったとも思えない。


好きな人にこういうプッシュをされたら嬉しいのだろうか。
いや。こういう誘い方をする人を、私はきっと好きにならないのだと思う。

なんか、上手くは言えないけど。
 
[PR]

by nobiko9 | 2007-11-05 15:29 | 外ヲシル


<< 人人人 RENRENREN 東...      DOUP CAFE ドウプ・カ... >>