2007年 10月 27日
梅と買い物デートする。Part6
 
「見ておくよ」と言ってから一週間
梅に連絡をとっていない。

つらつらと紅葉の見ごろを伝えるWEBを見ながら
「いつにしようか?」とメールを打てないでいる。


日常を作り上げているのが単に
強い意志と忍耐でしかないのだとしたら

いったい私は

何をそんなに見たくないのだろう
何からそんなに必死になって逃げなきゃいけないんだろう


私が恋愛感情を持っていることを
梅に知られるのが嫌なんだろうか。

梅に「女として好きじゃない」と
面と向かって断言されるのが怖いのだろうか。


私に足りないものと
抱えている余計なもの


梅の気持ちなんていくら考えたって分からない。

だって。
自分がどうしたいのかだってよく分からない。


分かっているのは。
梅が私と二人で紅葉を見に出かけてもいいと思ってるってことだけだ。

そして私も。
梅と二人だったらきっと楽しいだろうなと思ってるってことだ。


それ以上、考えることに意味があるとは思えない。


大切な休日に
私と一緒にいて、酒を飲んで、笑っていて。

それが恋愛感情だろうがそうじゃなかろーが
どうでもいい気もする。


赤や黄色に色づいていく景色は
そんな私たちを待っていてくれるだろうか。
 
[PR]

by nobiko9 | 2007-10-27 15:45 | 恋愛スル


<< 梅と紅葉を見に行く、のか?Part1      梅と買い物デートする。Part5 >>