2007年 10月 01日
帰国後2週間。
 
1ヶ月。
梅に会っていない。

旅行から帰ってきて2週間。
毎日のように遊ぶ。


男友達と伊豆に潜りに行ったり
結婚式で医者と知り合いになったり
ベトナムで知り合った男と食事をしたり

女友達とダーツをしたり
友人の出産祝いを選んだり
ニュージーランド時代の友達とパーティーしたり。

横浜に写真展を見に行ったり
フリマに行って秋冬物を仕入れたり
ダーツの大会で優勝して賞金もらったり。


予定を調整して
一日でいつくかの予定を入れたりして
あたかも忙しそうに飛び回る。


それは裏を返せば
少しでも一人の時間を過ごしたくなくて

少しでも余計なことを考える時間があると
梅に連絡を取ってしまいそうな自分が怖くて。


まるで。
恋人に振られたみたいだ。


私の生活には
これっぽっちも梅のカケラなんてないのに。

少しの隙間を縫って
梅のことを考えようとしている。


そう。
どうしようもできないことなんてない。

人間。
やると決めたことをやって
やらないと決めたことをやらないだけだ。


今まで梅のことを友達だと思っていた私が
突如、こんな気持ちに襲われたように

梅がそうならないとも限らない。

でも。そんな奇跡を信じられるほど
純粋に待っていられるわけはない。


長い間、一緒にいて
楽しい記憶が梅に転移しているだけにすぎないのだと、思いたい。

雅さんとお別れして寂しくて
だから身近な梅に惹かれたのだと、思いたい。


何度目かの「センセイの鞄」を読んで
その空気感にくらりときても

きっと。もう少しは大丈夫だと思える。
梅の記憶が薄れるまで、もう少しの間。


------------------------------------------------------
  一人で今まで楽しく生きてきたはずだったのに、どうしたことか。

  「ぶらり」旅にもすぐに飽きて、
  かといって川沿いの夕刻の散歩をすることもできず、

  部屋の中で寝そべったまま、わたしは思う。

  しかしほんとうに、
  今まで一人で「楽しく」など生きてきたのだろうか。

  楽しい。苦しい。きもちいい。甘い。苦い。しょっぱい。
  くすぐったい。かゆい。寒い。暑い。なまぬるい。

  いったいわたしは、どんなふうに生きてきたんだっけか。
 
[PR]

by nobiko9 | 2007-10-01 14:40 | 恋愛スル


<< Quan An Ngon クア...      カンボジア&ベトナムpart6... >>