2004年 10月 27日
家鳴り / 篠田節子著
家鳴りは7つの短編からなる。
この中の1編「幻の穀物危機」を読んだ後に、新潟中越地震が起き、
ただのホラーだとは思えなくなった。

東京で大地震が起き、ライフラインを絶たれた人間が難民として
地方に流れ込んでいくというもの。

東京は水も食料もない砂漠の土地なのだ。

新潟には井戸水があり、米が取れる。
土地があり、避難できる場所がある。

同じことが東京で起こったら、私は絶対に生き延びてやろう。
「いつかのために」ではなくて、「今」起きるかもしれない最悪に備えるのは
今からでも遅すぎるくらいだ。


-- 以下本の内容
ありふれた日常の裏側で増殖し、出口を求めて蠢く幻想の行き着く果ては…。
巨大地震が引き起こす食糧危機、
老女の心の中で育まれた介護ロボットへの偏愛、
摂食障害のために限りなく肥満していく女、
豚の世話だけに熱中する孤独な少年の心の爆発―。
抑圧された情念が臨界まで膨れ上がり、
過剰な暴力となって襲いかかる瞬間を描いた戦慄の七篇。

[PR]

by nobiko9 | 2004-10-27 19:37 | 考エル


<< 愛と永遠の青い空 / 辻仁成著      ☆初☆デートのお誘い >>