2007年 07月 08日
褒められたけど、嬉しくない。
 
エッチして以来、初めてケンと二人で飲んだ。
私が旅行から帰ってきたら一緒に飲もうね、と言われていたからだ。


駅で待ち合わせをして
当たり前のように居酒屋に行って

彼の最近の仕事の話とか
私の旅行の話なんかをしていた。


何かのタイミングから
前にしたエッチの話になって。

こういう微妙な関係でもなければ
確実に聞かれないようなことを聞かれた。


こんな時に考えることなんか
きっと誰もが同じようなもので

今までやった奴と比べて
エッチはうまいか、とか。
大きさはどうだ、とか。


そこまで経験豊富じゃないけれど
私は言ってやった。

エッチも大きさも普通だと思うけど
キスが思ったよりもうまかった、と。


おそらく
セックスに関することって

恋人に対しては
そういうプレイじゃない限り聞くことなんてないだろう。

まぁ。
聞いたところで本当のことを話してくれるはずもない。

というか。
話す必要性なんてまったくない。


そして私はすごいことを言われた。



  のびの口は。夜の世界で絶対に稼げる。


・・・・・・。
ナニヲイッテンダ、コイツハ。

無邪気な笑顔を振りまきながら
ケンは話し続ける。


  俺、初めてこういうのに技があるんだって思ったよ。
  風俗も行ったことあるけど目じゃない。
  ほんとすごい。いや、まじで。


・・・・・・・・・。
アリガトウゴザイマス。

こんな全力で褒められてるのに
いまいち嬉しくねーな。
 
[PR]

by nobiko9 | 2007-07-08 20:23 | 恋愛スル


<< 「なんで梅と付き合わないのか?...      Star's Cafe... >>