2007年 04月 23日
褒められたけど、嬉しくない。
 
そんなに頻繁には会わない
彼の予定に合わせて週末に1回だけ。

メールは毎日するけど
電話はほとんどしない。

だからというわけじゃないけど
一緒にいるとひたらすら話す。

お茶をしてても
気付けば2時間なんてあっという間だ。

「付き合おう」という言葉は結局なかったけど
すべての話が「付き合ってる」前提で進んでいく。


顔も性格も
100%好きなわけじゃない。

嫌なところも、止めて欲しいこともある。

でも。
そういうのも全部ひっくるめて
一緒にいたいと思う。

ほんとに。
惚れてるなぁと思う。

この人と一緒にいると
飽きないなぁと思う。


ただ。
週末に泊まった時

泊まったら
そりゃあ、やっぱりするわけで。

私が口でしていた時に
彼が不用意な一言を口にした。

私は男ではないのでよく分からないが。
以前も何人かの人に「うまい」と言われたことがあった。

彼もそのようなことを言った。
それ自体は別にいい。

一応、褒められてるし。

でも次に言った一言は
さすがにどうしたものかと思った。


  「今までの人もする前に
   口でいったりしてたんじゃないの?」


この回答として正しいのは、あるいは期待されているのは
「そうだよ」という肯定の言葉なのだろうか。

一瞬考えて私は
「そんなことないよ」と言ってみた。


その日までも
二人で話している時に

なんとなく昔の恋人の話が出ることはあった。

彼の元カノの話を聞いたこともあったし
私も元カレを引き合いに出したことがある。

自分も言ってるくらいだから
過去の終わっている話を特に嫌だと思うこともない。

でも。
何も。

今ここで言わなくてもいいじゃないか。

セックスしてる最中に
昔の男を思い出させるようなことを

なんで言うかなぁ。


だって私が。
行為の真っ最中に。


  「ほんとうまいよね。
   今までの彼女も絶対にいってたでしょ?」


と言うようなものだ。

その瞬間にはきっと
彼の脳裏に昔の女の顔が浮かぶはずで。

その脳で私とするなんて
絶対に耐えられない。


彼の幼い寝顔を見ながら
しばらく泊まりは止めようかと考えた

そんな月曜日の朝でした。
 
[PR]

by nobiko9 | 2007-04-23 20:01 | 恋愛スル


<< ある意味、会話の一環。      結局、誤魔化せないんだけど。 >>