2007年 04月 04日
桜を見る。
 
この日は朝からフリマに行って
7000円弱で大量の春・夏物を仕入れて
うきうきとランチを食べていた。

あまりにも暑くて
買ったばかりの薄手の服に着替え
これからどうしようかと考える。

前日にお誘いがあったけど
先約があったため断った、梅さんにメールする。


  というわけで。
  遊びいかね?

  桜もとめてブラブラしてるから迎えきて
  今王子、これから川沿いを十条方面へ


買った洋服をコインロッカーに押し込み
リュックに荷物を詰め直して準備完了。

十条について電話をかける。


  「ついた。どこにいる?」

  「埼京線の下にいる。」

  「他に何かないわけ?(笑)
   まぁ、線路沿いを行けばいつか会えるね。
   もうちょっと待ってて。」


そう言ってあてどもなく歩く。
線路を左手に見ながら
時たま思い出したように咲き乱れている桜を見ながら


歩く。


道なんか知らない。
でもすれ違う幸せそうな人達を見ていると
なんだか梅さんと会えなくてもいいような気がしてきた。

20分ほど歩いてそれらしい川を見つける。
びっしりと桜が咲き、散歩している人が見える。


  「ねぇ。着いたっぽい。あ。今。電車通った。」

  「王子を背にして歩いてみ?歩道橋あるから。」

  「広場ある?宴会してる人がいるよ。」

  「発見。走ってる奴がいる(笑)」

  「え?どこ・・・・・・?いたっ!」


梅さんが歩道橋の上で手をあげた。


  「おまたせ」

  「おせーよ。」


二人で川沿いに伸びる遊歩道をひたすら歩く。

家族連れやカップルや酔っ払いを横目に
ただひたすら、歩く。

視界が一面真っ白になるほどの桜に囲まれ
風が吹けば花びらが雪のように舞い散り
川の流れすら白で埋め尽くされていく。

話をしたり、写真を撮ったりしながら
でもほとんどは黙って歩きながら。
目的地のない散歩もいいもんだと思った。

戻ることを考えて適当な所で折り返す。

何かに呼ばれたような気がして振り返ると
そこにはやっぱり桜しかなくて。

少し前に見た風景のはずなのに
さっきよりも格段に綺麗で

きっといろんなものは
こういうものなんだと思った。
 



b0048043_9192155.jpg


b0048043_9193471.jpg


b0048043_9194375.jpg


b0048043_9195349.jpg


[PR]

by nobiko9 | 2007-04-04 09:28 | 外ヲシル


<< 麦工房シベール CYBELE ...      Dragonfly CAFE ... >>