2007年 01月 06日
女夫淵温泉&ホテル 栃木県
女夫淵温泉&ホテル 栃木県

  住所:栃木県日光市川俣880-2
  電話:0288-96-0001

2006年。年の瀬。

気が付いたら。
山奥の温泉に行っていた。

b0048043_2342032.jpg
女夫淵温泉は
鬼怒川温泉駅からバスで1500円2時間弱。
直行のバスに乗れれば1000円1時間くらいか。

川俣温泉を通り過ぎ
ひたすら雪道を突き進む。

b0048043_23421421.jpg
バスを降りた時点で
吹雪と言っていいほどの雪。

少し先の見通しすら危うい。

b0048043_23422543.jpg
客室はシンプルな和風。

綺麗なトイレ付きだけど
お風呂はなし。

そしてテレビの映りが
非常に悪かった・・・。

b0048043_23423933.jpg
窓の下に広がる景色も雪。
切り立った崖がそびえ。川が流れ。

露天風呂と脱衣所が軽く見える。
晴れていたらきっと丸見え。

b0048043_23425313.jpg
露天風呂は12あり。
「天女の湯」「布袋の湯」を除いて混浴。

バスタオルを巻いての入浴おっけー。
ただし客室に備え付けのバスタオルは1枚のみ。

100円で貸してくれるけど
混浴なら最初っからもう一枚くれよと言いたくなる。

大きさはかなりまちまちなので
小さい所で見知らぬ人と入るのは
ちょっときまづい。

この日は大雪だったので
混浴にはそこまで抵抗がなかった。

写真は女性専用の天女の湯
布袋のほうが浅くてぬるめ。

ほとんどの女性がここであったまってから
バスタオルを身体に巻きつけ他の露天に行く。

うーん。
やっぱり。
晴れていたら恥ずかしいなぁ。

b0048043_23431381.jpg
山と川に囲まれているので
こんな感じの景色が広がる。

当然。
温泉に入っていても
頭に雪が積もる。

雪を見ながらの温泉。
ちょっと好きだけど。
ちょっと嫌い・・・。



【リンク】
  温泉の旅 お正月・関東・甲信越・伊豆などの日帰り温泉・旅行情報
  快楽秘湯表編【女と男の混浴遊技支援サイト】混浴貸切温泉情報
  関東周辺立ち寄り温泉みしゅらん

  ホテルの食事についてはこちら
[PR]

by nobiko9 | 2007-01-06 23:45 | 外ヲシル


<< 女夫淵温泉ホテル 夕食&朝食&...      ちょっと惹かれる。 >>