2006年 10月 13日
アイスの家に行く。
どのくらい汚かったかは知らないが。
今までの話から、相当の時間がかかると思っていた。


  のびこ 「今週は無理だと思ってたよ。」

  アイス 「やはり。愛の力は偉大だったということで。
        毎週来てくれれば常にきれいに保てるかもね(笑)
        というわけで次の休みはこっちのつもりで
        よろしくね♪」

うわー。
なんか。

えっちしに行きます。

みたいで
ちょい恥ずい・・・。

そして
次の休みの日。

外でごはんを食べて。
当然のように手をつないで。

アイスの地元の駅についたら
見たかったDVDを借りて。

部屋に入ると
思っていたくらいに荷物が多く
思っていたよりも片付いていた。

  のびこ 「よしよし。がんばったねー。」

  アイス 「でしょ?もう汚い状態を思い出せないくらい片付けた。
        写真でも撮っとけばよかったなー。」

くっつきながら
でも、キスはなく。

普通にDVD見を見ていた。


ここまでくつろいでいると。
一瞬、何もしないんじゃないか
とも思えてきた。


でも。
微妙に。

お互い緊張してるのが分かって。
相手がそう思ってるんじゃないかと感じると
さらに緊張してきて。


うおー。
なんだー。


普通のがつがつしてる男だったら
部屋に入ってそっこーやるよなー(笑)

でも。
そこが。

アイスなんだよなぁ。


そして。
そろそろ寝ましょうか、な雰囲気になりました。
 
[PR]

by nobiko9 | 2006-10-13 15:15 | 恋愛スル


<< なぜですか・・・?      アイスが部屋を片付ける。 >>