2006年 09月 02日
アイスとの付き合い。
彼の名はアイスという。

前の会社の同期で
ダーツ仲間だ。

私が会社を辞める数ヶ月前に同じく辞めていて
現在はバイトをしながら一人暮らしをしている。


会社在籍時代はほとんど話したことがなかった。
ダーツを始めて一緒に遊ぶようになった。


私が海外留学から戻ってきて
仕事もせず、ふらふらしていた時。

このままだと引きこもりになるかも
と思っていたら。


アイスも同じことを考えていた。
彼はバイト先と家の往復しかしてなかったから。


アイスは休みが平日ということもあって
他の友達と予定が会わないこともあって
引きこもりを回避したいという思いもあって

二人で約束をして
週1回。

アイスの休みに遊ぶようになった。


あまりにも長く友達関係を続けていたこと
ダーツという共通の趣味があったこと
それまでのお互いの恋愛遍歴を知っていること
アイスはバイトで私は無職ということ


そんないろんな要素が絡まりあって
恋愛関係に発展しそうなカケラすら
見つけることができなかった。


デートに誘っているわけではない。
一人でも行けるところに
たまたま二人で行っているだけ。
だってダーツだし。

そんな意識が強かった。


私は合コンに行った話もしてた。
ダーツが趣味の人とは絶対に付き合いたくないとも言った。
「二人で遊んで3回目以内に何かなかったら恋愛関係になることはない」
とmixiの日記に書いていた。

アイスは前の会社の同期の女の子のことが好きで振られてた。
いつも私に「可愛げがない、たくましい」なんて事を言ってた。
二人でイベントに行った後に「来年は大勢で来るものいいね」と言っていた。


お互い。
彼氏・彼女ができたらいいねと話していた。


けん制するとか
相手の出方を伺うとか

そんな思考すらなく。

いつも普通に
そんなことばかり話していた。


話す中で
「相手にとって自分は恋愛対象ではない」
「自分にとって相手は恋愛対象ではない」
と無意識に確認してたのかもしれない。
 
[PR]

by nobiko9 | 2006-09-02 03:29 | 恋愛スル


<< きっかけ。      行っちゃう? Part4 >>