2006年 08月 03日
それぞれの将来。
奈々子と食事をした。

奈々子は不倫していたカケイと別れ
長年付き合っていた彼氏と結婚を決めたらしい。

奈々子の方はカケイにまったく未練がないが
45歳のカケイにとっては。

偶然与えられた宝物をいきなり奪われたようなもので
電話はするわ、メールはするわ、会いたいと言うわ。

そんなカケイに奈々子が一言。


  「いい加減にしてほしいんだよね。」


女ってすごい。
あんなにはまっていた男に
そんなセリフを吐けるのだ。


そして、姫。

は。
そうとうの修羅場があったらしく。

実は姫の旦那も浮気をしていたことが発覚。

偶然、旦那のプライベートカードの明細を見て
偶然、ホテルの支払いを見てしまって

それを問い詰めたところ


  「だって、あなたもしてるよね?
   俺、結婚前から知ってたよ。」


旦那としては
結婚が迫って引き返せなくなっていたこともあるけど

そんなことよりも
姫が好きだからそのまま結婚を押し切ったらしい。


でも、その後もずっと悩みに悩み


  「そんな時に彼女にあってそういうことになった。」


そして姫に対しては


  「今は好きかどうかも良く分からないし
   これからも好きになる自信がない。
   もう無理だと思う。」


とまで言わしめた。

どういう経緯があったかは分からないが
今はまだ別れておらず。

でも、一度このようになってしまったものが
もとに戻ることはあるんだろうか。

というか。
元々、正常な状態なんてなかったんじゃないだろうか。


別れたくないからといって


  「あなたと結婚したことによって
   仕事辞めたり、辞めなかれば得るはずだったお金や
   それにまつわる人間関係に対して
   責任を感じたりはしないの?」


と言い放ってしまえる姫を
旦那が愛し直せるんだろうか。


姫は

  「彼は自分よりもものすごくできた人間だから
   浮気なんてするわけないと思ってた。
   ものすごくショック。」

と言った。


なんで。
自分がすることを
他人もするとは考えないんだろう。

携帯見たり、手帳見たり
疑いだしてそんなことをし始めたら
何かを見つけるまで止めることができない。

ないことに安心できない。


彼女達の話を聞いていて
ものすごく悲しくなった。
[PR]

by nobiko9 | 2006-08-03 20:46 | 恋愛スル


<< Cafe comme ca i...      満願堂 / 浅草(1回目) >>