2006年 06月 27日
産婦人科のススメ
始まった時から
生理痛がすさまじかった。

そういうわけで
中学の時から産婦人科に通うようになった。

その時から特に産婦人科に対して抵抗はなく。
風邪だから内科に行くのと同じくらいに思ってた。

高校・大学では
いろんな産婦人科を行き比べたりした。

漢方薬も挑戦したことがある。

とある有名な大学病院では

  「生理痛っていっても意識を失ったり
   救急車で運ばれるほどじゃないのよね?」

と女医に言われたこともある。

そうこうしているうちに
社会人になり、本当に救急車で運ばれた。

病名は
卵巣嚢腫&軽い子宮内膜症。

卵巣って普通は親指の爪くらいの大きさなんだけど
のびこの場合、握りこぶしくらいになってたらしい。

んで。
手術の後も定期的に通ってるわけで。
この間も久々に行ってきた。

ここは結構大きな病院なので
設備も比較的ちゃんとしている。

b0048043_12392938.jpg
診察はもちろん個室で。
下を全部脱いで椅子に座る。

カーテン越しに
先生が機械を操作して
例の体勢になるのだ。

自分の下半身を見たり
先生と目が合うことも
ありません(笑)

b0048043_12394367.jpg
診察室にはモニターもあって
子宮や卵巣の様子を
見ることができる。

写真を撮ってくれるので
前回の状態と比べるのも簡単。

  先生 「お。いいねー。かなり収まってきてるよ。
       卵巣もかなり状態いいねー。」

  のび 「まじですか?最近ストレスゼロの生活してるからですかね。」

  先生 「へー。そういうの大事だよ。
       次回の診察は半年後くらいでいいよ。」

卵巣嚢腫や子宮内膜症の原因は
今だはっきりしていなくて
ストレスとか食生活だとか言われている。


のびこの周りでは
結婚してる人ですら
産婦人科行ったことない人が多い。

理由を聞くと。
「恥ずかしいから・・・。」

おいおい。
高校生じゃないんだから。

旦那とのセックスができて
何千何万と患者を診察してる
医者の前だと恥ずかしいっていうほが
よく分からん・・・。
[PR]

by nobiko9 | 2006-06-27 12:44 | 考エル


<< 和食居酒屋 青 / 代々木上原      C65 cafe シーロクゴカ... >>