2006年 02月 12日
ミラノについた2日目
なんだかんだでヴェネツィアに4泊。
そして9日にミラノ到着。

b0048043_639314.jpg
ミラノのシンボルは
大聖堂(ドゥオーモ、ドゥオモ)
イタリアゴシック建築の
最高傑作といわれている。

残念ながら現在修復中で、正面はシートで覆われている。
尖塔には聖者像が立ち、ミラノの町を見下ろしている。

100年前も今と同じようにミラノ人を見守っていて
100年後もきっと、同じようにしてるんだなろーな。

b0048043_6392515.jpg
中では巨大なステンドグラスが
日の光を浴びて輝いている。
光が反射して柱を虹色に染める。

ドゥオモ広場からスカラ座までを結ぶアーケードが
ガッレリーア・ヴィオットリオ・エマヌエーレ2世。
十字型のアーケードのちょうど中心部あたりの床には
牛が描かれている。

この雄牛の局部に踵を乗せて一回転すると
幸せになれると言われているのだが・・・。

b0048043_639438.jpg
今まで何人の人を
幸せにしたのか知らないが。

かわいそうに。
牛のあそこは踏まれまくり
色が剥げ落ちて
へこんでいた・・・。

あぁ。いたそぉ。

b0048043_64061.jpg
ドゥオモの近くにある
スフォルツェスコ城。
空は青く、風は心地よく

この日は地元のちびっ子達が
遠足に来ていた。


中にある市立美術館に行ってみる。
そしてミケランジェロが死の直前まで彫り続けていた
未完の大作 「ロンダニーニのピエタ」 を見てみる。

これが。
ほんとに。
未完なのだ。

ピエタという意味は
「十字架から降ろされたキリストを抱くマリアの図」
なのだが。

キリストがマリアをおんぶしているようにしか見えない。。

キリストの足は生々しくてそれらしいのだが
マリアは顔の輪郭と左手がなんとなく分かるくらい。

b0048043_6403685.jpg
うーん。
コレの何をもって
大作というのだろうか。

美術に明るくない私には分かりませぬ。

[PR]

by nobiko9 | 2006-02-12 06:48 | 外ヲシル


<< イタリアってこんな感じ。      ヴェネツィアについた1日目 >>