2005年 12月 31日
友へ。
小学生の頃、中学生は自分達にないものを持ってると思ってた。
高校生の頃、大学生は自分の考えを持って夢に向かってると思ってた。
大学生の頃、社会人は自立して難しいことを考えてると思ってた。

たった、3つ4つ違うだけなのに
自分とはまったく違う人種で
とても大人びて見えた。

社会人になると
その年の差が小さなものに感じる。

さらに、自分より何年も多く生きてる人に
失望することがある。

40歳ってこんなものなのか?
50歳でもこんなことしちゃうのか?
大人になると成長のスピードって落ちちゃうのか?

身体と同じで心も日々鍛えないと衰える。
考えたり、反復練習したり、実践したり。

大人の地位を得ただけで安心したくない。
いつも自分の立っているところを確認したい。

のびこ、おまえ大丈夫なのか。
そんなんでいいと思ってんのか!!

目標だって変わるし、成長の速度だって保てない。

でも、止まることだけはしたくない。
諦める為の都合のいい、言い訳なんていらない。

ラッキーなことにのびこには
厳しい先輩や友たちがいるのだ。

君らのおかげでがんばれたりしちゃうのだ。
君らの何気ない一言で癒されたりしちゃうのだ。

願わくば、自分も君らに対してそんな役割を果たせてたら嬉しいと思う。
一緒に、ちょっとずつでいいから大人になっていけたらと思う。

今年もありがとう。

そして
来年もどうぞよろしく。
[PR]

by nobiko9 | 2005-12-31 05:00 | 考エル


<< 新年デート・・・っぽいだけ。      Dining+Bar yell... >>