2005年 10月 24日
はい。今ははまってるということで。
地元のダーツバーの友達、英雄と
のびこの行きつけのダーツバーに行くことになった。

 のびこ 「せっかくだから、誰か誘おうよ。」
 英雄  「そうだな。兄さんか梅さんは?」

 のびこ 「いいねー。連絡よろしく。
       私も高校の友達連れて行くかも。」

よしよし。
もしかしたら梅さんがくるかも。
という淡い期待を抱きつつ、会社を出る。

友達のizmと先に店で遊んでいる。
遅れて英雄の到着。

 英雄  「どっちも捕まんなかった。
       兄さんは連絡無しで
       梅さんは一足遅かった。」

 のびこ 「遅かったって?」

 英雄  「用事入っちゃったんだって。
       別のお店で投げるみたい。」

えぇ~。
残念。

結局この日は3人で遊ぶことになった。

いや。
それがしかし。



結果としてよかったのかもしれない。

翌日。
いつもの地元のダーツバー。
そこには梅さんが。

  のびこ 「昨日は残念でした。」
  梅さん 「あと20分早く連絡くれたら行けたのに。
        別の友達から連絡きちゃったよ。」

  のびこ 「そうなんだ。ちぇ。。」

この日はカウンターに
常連・一見・のびこと梅さん
の順に座っていたので
ずっと梅さんと話していた。

なんだろう。
とりとめもないことをつらつらと。

とりあえず、二人とも笑っていた。
何話したかなんて、覚えてないや。

のびこは考えていた。
昨日は一緒に遊べなかったけど
また誘うから連絡先教えてよ、と。

そうこうしているうちに
梅さんは会計をして帰る準備を始めた。

 のびこ 「もう帰っちゃうんだ?」
 梅さん 「そうだよ。俺はえらいからね(笑)
       ま、今度、別のとこ遊びに行こう。
       連絡先教えてよ?」

 のびこ 「うん!赤外線ついてる?送ってー。」

わーい。連絡先げっと!

 梅さん 「なんだよ。そっちのも教えてよ(笑)」

あ。そうだよね。
梅さんの聞いただけでかなり満足してました。


そして。
この日連絡先を聞いておいてよかったと
そう思えることがすぐに起きるのでした♪
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-24 14:18 | 恋愛スル


<< 残念会、だよ?      のびこが伝えたこと。 >>