2005年 10月 04日
客と店員
地元のダーツバーの店員ケンは
のびこよりも6つくらい年上。
見た目よりも年上に見えるので
最初はお店のマスターかと思ったくらい。

確かに、もともと仲は良かった。
それが最近。

モーニングコールを頼んだ後のメール
  「寝起きののびちゃんて可愛いね」

これを読んで
第一印象。

ナニイッテンダ・・・。


  ケン 「で、あと30分くらいで終わるはず。
      一緒に食事でもどお?」

これを見て
第一印象。

メンドクサイ・・・。


ケンがそういう意味でのびこを誘っているわけじゃ
ないのは知っている。

恋愛感情が全くないのも知っている。

なのに
彼氏でもなく、こんなことくらいで
なんだか重荷になっている自分がいる。

この日は結局一緒に夕飯を食べた。
かれこれ2時間。
その理由が分かった。

この人
気持ち悪い。

話している内容
髪をかきあげる仕草
目線
食べ方

すべて受け入れられないんだぁ。
→ナゼ。

人の話を聞かない
自分のことばっかり話す
仕事の愚痴が多い
でも、人の領域にずかずか踏み込んでくる
仕草にナルが見え隠れする
食べ方がきたない

あれぇ?
この人、こんな人だったっけ??

前はみんなで食事に行ってたし
いい人だし、仲良かったし・・・。

でも
すべてが受け入れられないの~!!
ほめられても全然嬉しくないの~!!
早く開放されたいの~!!
時間がもったいないの~!!

同じことをしていても
こんなに感じ方って変わるもの?


のびこの中でケンは友達ではなく
あくまでもお店の店員。

ケンの中でのびこは客ではなく
友達。

そこらへんの温度差が
無意識のうちに表面化してきたのかなぁ。

あなたとは友達にはなれない

申し訳ないが
常に
カウンターを隔てた向こう側にいてください。
お願いします。
[PR]

by nobiko9 | 2005-10-04 00:23 | 恋愛スル


<< 雨の中      プラトニックラブ >>