2005年 09月 22日
当たり本。はずれ本。
最近読んだ本が 2つ続けて当たりだった。

  天使のナイフ
  第三の時効

天使のナイフは第51回江戸川乱歩賞受賞作品。
選考委員の満場一致で選ばれた。

乱歩賞は毎年読んでいるが
高野和明さん13階段以来の好きな作品。

13階段は「死刑制度」天使のナイフは「少年法」という
共に難しいテーマを選んでいる。

それぞれのテーマについて考えさせられながら
現実の問題を提起しながら
その中で起こった犯罪について
伏線を張りながら最後まで一気に読ませてくれる。

犯罪を犯した年齢で裁かれたり裁かれなかったり
平等とか自由とか権利とか
誰が誰のためにそれらを守っているんだろう。

「罪を償う」というのは何をもって誰が決めるんだろう。


第三の時効は半落ちで有名な横山秀夫さんの短編集。
短編集なのでテンポがよく
「あ~、最初のこれはここにつながるのね」といった感じ。

登場人物も魅力的で、このままドラマになりそう。


逆に、なじめないのは川上弘美さん
芥川賞を取った「蛇を踏む」も
友達から薦められた「おめでとう」も
まったく良さが分からない。

アマゾンのレビューではかなりいい評価なのに。

いつも、途中までは
「おもしろくなるかもしれない」と思って
我慢して読み進めていくのだが
最後を見ることなく力尽きる・・・。

でも、世の中には
「乱歩賞なんてどれを読んでもおもしろくない」
と感じる人もいるんだろうなぁ。
[PR]

by nobiko9 | 2005-09-22 01:30 | 考エル


<< 西麻布伝説 2005年9月23日      元彼と合コンしました。 >>