2005年 08月 03日
負け恋愛パターン
土曜日。
映画は16時からだった。

  のびこ 「14時には起きてね?」
  ダーツ 「え?14時でいいの?」

  のびこ 「だって、どうせ起きないでしょ(笑)」
  ダーツ 「まぁ、起きないな(笑)」

  のびこ 「でしょ。のびこは優しいの。」

豆の家から帰ってきてちょうど14時。
ダーツにメールする。

  「起きてる?」

14時30分。
  「もうちょっとで家出るよ」

えぇ~。
お風呂から上がったばっかだよ。
急いで支度をして、一応化粧もして
駅まで自転車を走らせる。


こない・・・。

とっくに家出てるはずなのに
こない・・・。

でも
こうやって
いつくるかとドキドキしながら
本を読む振りして視線は周りを見渡しながら
ダーツを待つのもいいもんだ。

その
のびこの目の端に
ダーツの姿を捉える。

自分からは気付かないフリ。

  ダーツ 「おい。」

視線を上げるのびこ。

  ダーツ 「いくぞ。」
  のびこ 「うん。」

  のびこ 「あと1分で電車くる!走れ~!!」
  ダーツ 「まじかよ。」

二人で息を切らせながら
ホームの電車に飛び乗る。

10日間ほど地方に出張に行ってたせいか
ダーツの顔が前よりも丸くなってる。

  のびこ 「やばいよ。顔、丸いよ~(笑)」
  ダーツ 「うるさい・・・。」

そういえば、のびこはダーツに振られたんだっけ。
ダーツの顔を見てると思い出すなぁ。

その日は
二人で映画見て、
のびこのお気に入りのカフェでご飯食べて
ダーツバー行って朝までダーツして。

「楽しかったか?」 と聞かれると
よく分からない。

多分
ダーツもそう感じているはずだ。

だって、会話が弾むわけでもないし
ダーツバー行ってもお互いに別々の人と
ダーツしてたり。

一見、どちらも
別の人と話しているほうが
楽しそうに見えたかもしれない。

それに
どうしても
ダーツの顔色をうかがってしまうのびこがいる。

豆と一緒にいる時に感じる
安心とかやすらぎからは程遠い。

緊張、卑屈、後ろ向き・・・。

のびこの負け恋愛パターンまっしぐら。
[PR]

by nobiko9 | 2005-08-03 15:27 | 恋愛スル


<< タイのムエタイ      そっちに行っても、ツライダケ。 >>