2005年 07月 20日
タイでのトラブル Part1
バンコクで一番よく聞くトラブルが
「詐欺」

地球の歩き方などには、タイで気をつけるべきトラブルとして
必ず記載されている。

例えば
  有名な寺院に行こうとしたら
  「お~、残念。今日はお休みだ。
   代わりにいい所に連れて行ってあげよう。」
  と言われ、まったく違う場所に連れて行かれて
  くず宝石や服を売りつけられる。

これだけ聞いていると
  「どんな馬鹿がそんなもんに引っかかるんだ?」
と思う。

その日、のびこは「ワット・ポー」という有名な寺院に行った。
マッサージで身体はほぐれ、気分は上々。
お昼はチャイナタウンでおいしいものを食べようと思った。

ワット・ポーからチャイナタウンまで
歩くにはかなりつらい距離。

そこでトゥクトゥクに乗ることにした。
トゥクトゥクは2人乗りの3輪タクシー。
値段は交渉制。ここからチャイナタウンまでは70円前後と見た。

一人目のおっちゃん。
ワット・ポーの出口付近にいた。

  のびこ   「チャイナタウンまで行きたいんだけどいくら?」
  おっちゃん 「270円だよ。」

  のびこ   (はぁ?3倍以上じゃん。こいつはぼったくりだ。)

2人目のお兄ちゃん。同じく「270円」を提示された。
くそっ。
背を向け歩き出すと

  おにいちゃん 「ヘイ!どこに行くんだ?いくらならいいんだ?
            おい、まて・・・」

と叫んでいる。そんなに必死になるなら最初からちゃんとした
値段を言えって。

3人目も同じ。

仕方が無いので、少し離れた所で流しのトゥクトゥクを
拾うことにした。

4人目のおやじ。
  おやじ 「70円でいいよ。」
  のびこ 「ほんと?よろしくー。」

  おやじ 「でも、道がよく分からないから、人に聞いてもいいかい?」
  のびこ 「いいよいいよ。」

通りの反対側に渡り道行く人に声をかけるおやじ。

  通行人 「どっからきたんだい?」
  のびこ 「日本だよ。」

  通行人 「おーそうか。私はここに勤めてるんだ。軍人だよ。」

と言って通行人は後ろの建物を指差す。
確かに、地図を見ると「○○国防なんちゃら」と書いてある。
確かに、トゥクトゥクのおやじよりも綺麗なポロシャツ着てる。

  のびこ 「チャイナタウンに行きたいんだ。」
  通行人 「チャイナタウン?あそこは17時過ぎじゃないと
        お店やってないよ。夕方から夜中までが盛り上がるのさ。」

  のびこ  (へぇ~。そうなのか。)

  通行人 「△△寺院とか××寺院のほうには行かないのかい?
        こっちならやってるのに。」

そういってチャイナタウンよりもかなり北を指差す通行人。
はぁ?何でそんなとこに行かなきゃいけないんだ。

  のびこ 「行かないよ。」
  通行人 「なんでだ?こっちはいいぞ。」

この辺りになって、ようやくおかしなことに気付いたのびこ。
だいたい、なんでチャイナタウンが昼やってないんだ!!!

おまえらグルか。さては詐欺師軍団だな!!!

  のびこ 「とりあえず通行人、おまえは帰れ。
        そんなとこ行かないんだよ。」
  通行人 「・・・。」(すごすごと帰る)

  おやじ 「こっちに行くのか?」
  のびこ 「ばかじゃないの?行くわけないでしょ。
        いくら70円だからっておまえの車なんて乗るか。
        おまえも帰れー!!」

というわけで、結局5人目のおにいちゃんに
「まじ、金持ってないんだ。助けてくれ。」
と言って70円でチャイナタウンまで運んでもらう。

こいつもおつりを渡してくれなかったけど
「釣りよこせ」と3回言ったらちゃんとくれた。

もちろん
チャイナタウンはものすごい熱気で
お目当てのフカヒレスープと蟹チャーハンを堪能したのだ。

油断ならないぞ
タイ人。
[PR]

by nobiko9 | 2005-07-20 19:04 | 外ヲシル


<< ほんとの事件      日本脱出。 >>