2005年 05月 19日
一応、デートを終えて。
異性とはじめて会う場合、意図するしないにかかわらず
恋愛対象になるかどうかは無意識に判断していると思う。
もちろん、いつもいつも考えているわけではなくて
なんとなーく、気付けば 「こいつは私の中では対象外だなぁ」 と思ってる。

一度 「ならない」 になると、そこから 「なる」 にシフトするのは
よほどのことがない限り、ない。

逆に 「なる」 から 「ならない」 には簡単に移行してしまう。

もちろん 「考え中」 というカテゴリーもあって
のびこの場合、そこには比較的たくさんの人が埋まっている。

「考え中」 から、たまに一人を取り出して
「自分的にこいつのことをどう思っているのか」 と考えて仕分けしたりする。

その中からTを取り出してみる。

昨日の3時間はあっという間に過ぎた。
お互い明日が早いこともあって、早めに帰った。

出会って2回目とは思えないくらい、自然に話してて。
会話が途切れる心配なんか、全然する必要なくて。(っていうか途切れない)
今思い出しても、Tの笑顔しか浮かばない。
恋愛感とか生活スタイルとか、趣味とかお金のかけ方とか
「そうだよね~」 って共感することがすごく多かった。
逆に違う部分に関しては、それについて話ができる。

ただ、そういう友達ならいるんだ。
Tじゃなくても。

問題は、Tを友達としてじゃなくのびこがどう思ってるか、どう思っていくか。
今のところ、「考え中」 から飛び出してくる気配はない。

お互いの予定が合わなくて、次は6月に遊ぼう!ということになった。
会った時にのびこはどう思うんだろうか。

うむむ。こればっかりは分からん・・・。
[PR]

by nobiko9 | 2005-05-19 12:01 | 恋愛スル


<< PIZZERIA & DINI...      金太郎の越の笹だんご / 新潟 >>