2005年 04月 26日
おひとりさま
おひとりさま向上委員会
一人で入ってみたいけど、入りづらいお店は?(Asahi毎週アンケートバックナンバー【第74回】)

--------------------------------
  「おひとりさま」とは、人間として当たり前の個が
   確立できている女性のことです。
   家族や恋人、友人と過ごす時間は大事。
   でも、自分の時間も大切。
   一人の時間も楽しく豊かに過ごせる
   そんな大人の女性のことです。

   「おひとりさま」への道は、究極の女磨き。
   おひとりさま向上委員会では、
   女性一人での食事や旅を応援します。
                             (おひとりさま向上委員会より)
--------------------------------

最近、「おひとりさま」 という言葉をよく耳にする。
調べてみると 「おひとりさま向上委員会」 という
団体まで見つけてしまった。

考えてみると、私は 「おひとりさま」 傾向が強いと思う。
一人でご飯食べるし、買い物するし、海外旅行行くし・・・。


一人で行動する理由は
なんとなく 「一人がいい」 と思うから
という時もあるし
「友達との予定が合わない」 「趣味が合わない」
という時もある。

常に誰かに予定を合わせる、というのはめんどくさい。
そういう意味では一人で行動できることは便利だと思う。


ただ、雑誌やサイトで 「おひとりさま」 という
言葉が使われる時に嫌だなぁと思うのは 
「女が一人で行動すること=すごいこと」
と定義されていてそれを強要されている感じがするのだ。

「やりたいことを一人でやる」 のではなくて
「一人でやるために何かやる」 になってる。


フランス料理とか寿司を普段食べない人が
「おひとりさま」 をやりたくて行くなんておかしい。

だいたい、一人で行動するのが苦手な人を
「個が確立できていない」 と定義すること自体歪んでる。
一人よりも大勢が楽しい時だってある。

もちろん、「おひとりさま」 ブームのおかげで
一人で行きたかったお店に行けるようになった、
という人がいるなら幸せなことだ。


要は、やりたいことがやりたい時にできればいいんじゃないだろか。
そして、そんな環境を造り出せるのは自分たち一人一人の意識だ。

若い女性が一人でバーで飲んでてもおかしくないし
中年男性が一人でケーキの食べ放題にいても問題ない。
その人たちを見る偏見の目こそ「おひとりさま」の一番の敵なんだ。
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-26 13:59 | 考エル


<< 告白、で結局どうすんの・・・v...      ブロガーはブロガー >>