2005年 04月 11日
告白、そして・・・vol.3

告白して、はや一週間。

ダーツからの連絡はまーーーーったくない。
気を紛らわすかのように、友達との予定を入れる。

先日も、大学時代からの友人Hとお食事をした。
付き合って4年の彼女がいて、昔は遊んでいた人。

お互いの近況を報告し合う。
話は当然のようにダーツのことになる。


  「こんな長い一週間は初めてだよ。」

  「俺はダーツの気持ち分かるなぁ。
   今まで女として見てなかった奴にいきなり告られたら
   誰でも考えるよ。電話かメールならまず間違いなく時間もらう。」

  「そんなもんかなぁ。」

  「だって「友達」だと思ってた奴が、
   いきなり「女」になるんだよ?
   告られただけでも恥ずかしいのに
   パニクッてとりあえず早く電話を切ろうとするな。」

  「時間が経つにつれて、ほんとに言ったか自信なくなってきた。
   ダーツばっかやって、ちょっとは考えてくれてるのかなぁ。。」

  「そりゃ、いつも考えるわけじゃないよ。
   遊んでるときなんかは頭から抜けるし。
   夜、家に帰って一人になった時に考えたりするもんさ。
   俺は答えがどちらにしろ、そういうのは会って伝えるけど
   これで何も返事がなかったら相当男気のない奴だ!!
   男としては「一週間は待っててくれる」と思ってるよ。」

  「ちなみにHの場合、YESとNOの境界線は何?」

  「そんなの決まってんじゃん。したいと思うか思わないかだよ。
   俺の場合、付き合う前にやったらその女とはまず付き合わないね。
   それだけが目的じゃないけど、先にやっちゃうと
   「簡単にできる女」って位置付けになって、
   「付き合いたい」って気持ちがなくなるから。」


ふむ。
恋愛観て人それぞれ。価値観も人それぞれ。

人によって「普通」は違う。
自分の価値観だけで考えてると身動きが取れなくなる。


例えば、ダーツが私に返事をくれなかったとしても
きっとダーツにとってはそれが答えで、それが「普通」なんだと思う。

私はそれを「普通」だとは思わないけど
それはそれで、私に男を見る眼がなかっただけの話だ。

今のところは、返事がくること期待してます。
 
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-11 18:44 | 恋愛スル


<< GURUGAON グルガオン ...      Kee Wah(奇華餅家) キ... >>