2005年 04月 05日
やっと告白なのだ。vol.1
 
最近、仕事が暇すぎる。
そして、ダーツが忙しすぎるダーツ。

イコール。

全く会ってない&連絡もない。


昨日も19時帰宅という荒業を成し遂げ
優雅に自宅で夕飯をとった。

地元のダーツバーに行こうかと思い
ふとライブをチェックする。

ダーツだっっ!!

で、でも。
こないだ

「暇になったら連絡して」
とメールしてから何の音沙汰もない。

なんか
会いたくないなぁ。


うそ。


やっぱり、
すごく会いたい。

うじうじ悩んでたってしょうがない。
会ってから決めるって自分で決めたじゃん!

23時30分。
ダーツバーの扉を開ける。

  (カランカラン)

  「おー、のびちゃん久しぶり。
   ほら、ダーツ。やっぱり帰れないじゃん(笑)」


バーテンにそう言われてカウンターを見ると
会計を終えて帰り支度してるダーツが。


  「CU1000点出したら帰るよ!」


と言いつつ、ダーツし始める。
私は久しぶりにバーテンN氏と盛り上がる。

ダーツも一息ついてまたカウンターに。

なんか
ここで「帰る」って言われたら
ものすごく寂しいかも・・・。


  「ダーツ!クリケット1ゲームだけやって。」


そう叫ぶように言って引き止める。

あぁ。
うん。

どう考えても
しばらく会ってなくても

ダーツがのびこに気がないことがこんなにはっきりしても

のびこがダーツを好きなことに
変わりはなかったよ。

そんな自分のことも
ちょっと好きになったかも。
 
[PR]

by nobiko9 | 2005-04-05 16:02 | 恋愛スル


<< やっと告白なのだ。vol.2      あ~ >>