2005年 03月 01日
ダーツがうちに来る、かも・・・。
なんとなくメール入れてみた。
のびこは今週末もスノボに行く。
けど、こないだのではいまいち
ビンディングの角度があわなかった気がする。

ので

   のびこ  「やっぱりビンディングお願いできないでしょうか?
          ダーツ友は今日バイトだって言ってたので。
          ねじが私の力ではまわりません・・・。お願い!!」

   ダーツ  「俺も帰りが遅くなると思うんだけど・・・。」

   のびこ  「もしや朝まで遊んでたりする?
          夜なら何時なっても問題ないんだけど・・・。」

   ダーツ  「仕事が遅くなりそうなんだよねぇ。
          地元着くのが最悪で2時過ぎくらいになるよ。」

   のびこ  「大変だなぁ。時間は平気だけど、これる元気があったら
          連絡ちょーだい。できなかったらあきらめる。」

   ダーツ  「体力的には全然問題ないから、行ってあげるけど
          起きてられるの?!」

   のびこ  「今日は家でちょっとやることあるし。
          まんがいち寝てたら、本気で謝る(笑)」

   ダーツ  「とりあえず帰る時に電話するよ。」


17時48分~18時6分までの短いようで長い戦いでした。
ダーツのメールは、断ってるのかおっけーなのか
最初のメールではよく分からない。

おそらく最初の返信でのびこが
  「分かった。他を当たるよ。」
と言っていたらこなかったんだろうな。

でも
タイミングの問題だけかもしれないけど
仕事中にもかかわらずちゃんとメールが返ってくること自体
感動。。。

そして
気付いた。

会えるけど
のびこの部屋にくるのか・・・。
地元ならではの特権だなぁ。

なんか
こないだダーツ友が来た時もそうだったけど
のびこの部屋に家族以外が入るととても違和感を感じる。

おそらくのびこの中で
人と空間を
  家族
  地元の友達
  高校の友達
  大学の友達
  会社の友達
というようにカテゴライズしているのだと思う。

友達が部屋にいると慣れるまで時間がかかるし
会社の友達と地元で遊んだりするとくすぐったい感じがする。

ダーツがのびこの部屋にいたら・・・。
うぅ、想像できん。。。

てか
ほんとに起きてられるかなぁ。
[PR]

by nobiko9 | 2005-03-01 19:06 | 恋愛スル


<< ダーツにビンディングやってもらう      急降下 >>